*

「イエティは現実だ」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

長らく待っていたブータン行きがやっと決定した。
来週の14日(水)に出発となった。
期間は約一ヵ月半。
帰国は5月末だろう。
ブータン農業省の国立生物多様性センター作成の予定表を見たら、滞在期間の半分が「移動:徒歩」と書かれていて、
実に楽しみだ。
お目当ては、前にも書いたかもしれないが、
1)イエティ(雪男)
2)二日酔い止めの伝統薬
3)二日酔いにならない地酒
という感じだ。
これを見て笑ってはいけない。
国立生物多様性センターのプロジェクトリーダーの人から今日来たメールには
「イエティは現実だ」と書かれていた。
思わず感動してしまった。
彼はイギリスの大学の大学院を出ているが(専攻は民族学)
お父さんがイエティを捕まえたことがあるという。
お父さんにも会わせてくれ、ほかの目撃者も集めてくれているらしい。
あくまでブータン政府公式プロジェクトなのだ。

関連記事

no image

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。 高野本の読者

記事を読む

no image

立松和平とドンガラ

立松和平氏が亡くなったというニュースを見て驚いている。 というのは、一昨日、たいへん久しぶりにその

記事を読む

no image

水泳大会&妻帰る

先週は虚ろな日々を過ごしていたが、 日曜日は前々から予定されていた巣鴨での水泳大会。 リレーのメンバ

記事を読む

no image

手がもぞもぞ

ジュンク堂新宿店で上映会+サイン会。 ここで本を見たり買ったりする以外に自分が何かするというのは な

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

日本の路地を旅する

いやあ、昨日は日本がカメルーンに勝って驚いた。 誰がどう見てもダメだというチームが勝ってしまった

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

世界でいちばん暑い町と初恋女性との興奮譚

 ブログに書きたいことは多々あれど、相変わらず雑務に追われて時間がない。  自分のウェブについても、

記事を読む

no image

ノビシロマン

水泳に行くと、仲間というか先輩の方々から「高野さんはいいね、ノビシロがいっぱいあるね」と言われる。

記事を読む

no image

ムボガ

昨日、宮田珠己さんから『なみのひとなみのいとなみ』のサイン本が 送られてきた。 これで『なみのひと〜

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    やっと辺境作家のホームグラウンドに戻りそうですね。イエティだけじゃない、いろんな話が現地では聞こえてくると思うので今から、帰国後の執筆が楽しみです!! 雨季に入るブータンでも予想できないトラブルが待ち構えているでしょうから久々にぼろぼろになって来てください(笑)

  2. takanist より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    日本軍の特務としてモンゴル人僧侶に身をやつしチベットに潜入していた西川一三さんの『秘境チベットの八年』という本で、ブータンのなんとかいう山に住む「尻尾のある民族」について書かれていました。
    西川さんは少年倶楽部か何かでその記事を読み、ずっとあこがれていたのでチベットへ行ったときは調査しようとしたのですが、その民族は7年に一度祭りがあるときだけ山から下りて、生活用品を毛皮などと交換しにくるのが唯一下界との交流で、ちょうどその祭が終わった年に訪れてしまったので、断念されたそうです。
    西川さんは元々満鉄にいたのですが秘境への憧れから特務になり、モンゴル人として東トルキスタンに潜入しようとして果たせず徒歩でチベット入りし、日本の敗戦とともにインドへ潜入、「故郷蒙古へ帰ろうと」アフガン入りしようとするも果たせず、インド各地を放浪して最後はカルカッタで拘留(どこかで聞いたことが)され強制送還、外務省へ報告書を提出しようとしたら拒絶され、自身の体験を著書にまとめて出版してからは盛岡の理髪店でひっそりと余生を送られた方です。
    共にチベット入りした木村肥佐男氏があくまでも学者肌で冷徹に状況を分析しようとしているのに対して、西川さんは誰とでも友人になり、豪放磊落な性格で人から好かれたようです。二人の手記を平行して読むと、同じ事象を全く違う書き方としているので面白いです。

  3. takanist より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    タイトルは『秘境西域・八年の潜行』でした。チベットは西域かなぁ。

  4. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249.1045 Safari/532.5
    イエティ見つかるといいですね。
    今度は襲われても撃たないように、撃っても食べないように、お気をつけて行ってらっしゃいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑