*

帰国しました&怪談本

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 高野秀行の【非】日常模様

2013.12.22kaidanミャンマー納豆取材旅行を終え、金曜日に帰国した。いつもは誰も知らないものを探す私だが、今回は「誰もが知ってるもの」を探すという、いささか勝手がちがう旅だった。

タイのチェンマイからメーサイまで行き、陸路で国境を越え、ミャンマー・シャン州に入った。
シャン州で3週間、それからカチン州のミッチーナで1週間を過ごしてから、いったんヤンゴンに出て、
バンコク→チェンマイ→インチョン(仁川)→成田というややこしいルートで帰ってきた。

今回はベテランのドキュメンタリー・ディレクターで、探検部の二つ上の先輩である竹村拡氏が同行してくれた。
「あくまで趣味」というスタンスながら、取材中はずっとハンディカムを回してくれたので、
知られざるミャンマーの納豆作りや、もっと知られざるチェントゥンの奇習「少女スナック」もビデオに収められた。
今後その映像はどうなるか、先輩のやる気次第だが、一般の人にも見られるようになればいいと思う。

さて、帰国したら、『実話系怪談 愛』(MF文庫・ダヴィンチ)が届いていた。
「実話」という設定ながら、本当に実話でもいいし、まるっきりのフィクションでもいいという「怪談」を
十人の作家が書き下ろすという趣向。
私も「悪霊に魅入られて」という題でタイとシャン州の「ピー」(霊、お化け、妖怪変化の総称)について書いた。
笑いの入ってない私の文章は珍しい。いつもとはかなりちがった印象を与えると思うので、
もしよかったら手に取ってみてください。

関連記事

no image

インド入国(たぶん)OK!

ほぼ三週間ぶりの更新だ。 ずいぶんといろいろなことがあった。 なかでも特筆することが二つある。両方と

記事を読む

no image

犬と辺境旅をしてみたい

最近頭がぼやあっとして、ここに書いたかどうかも憶えていないのだが、 7月1日に行う旅の本屋のまどでの

記事を読む

『謎の独立国家ソマリランド』電子書籍版、ついに発売!

『謎の独立国家ソマリランド』が発売されてから早1年9ヶ月あまり。 ついに満を持して電子書籍

記事を読む

no image

U-50枠に入る

早大探検部OB会に久しぶりに出席。 うちのOB会は隔月で開催されており、 この日も出席者は30人以上

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

no image

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、 即読んだ。  あまりにも意外性のない

記事を読む

no image

ダウン症ドラマーのドキュメンタリー映画「タケオ」

飯田基晴『犬と猫と人間と』『あしがらさん』、土屋トカチ『フツーの仕事がしたい』と、 観た映画がすべて

記事を読む

no image

言葉を失う映画「魔女と呼ばれた少女」

今3:20AM。こんな時間に覚醒しているのは酒が切れたためだが、今日にかぎってはそれだけではない。

記事を読む

no image

イトコの息子と探検部の後輩

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで 外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学した

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    ミャンマーの納豆よりも、

    チェントゥンの奇習「少女スナック」

    の方が気になります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑