*

Somaliland ni iru hutari no watashi

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Twitter dewa mou kaiteirukedo,yatto Somaliland ni tsuita.
Nairobi to chigatte,hito no kaotsuki ga odayaka de chotto hotto suru.
Kenya ni ita toki kara sounanodaga,watashi wa masumasu nijuu-jinkaku de aru.
Sunawachi fudan wa Somali jin mo Somali-go mo mou mitakumo naishi ,kikitakumo nai kanji nano daga,happa wo kuu to,sugoku kono hitotachi ga omoshiroi shi,nazeka
muyamini somali-go wo oboetaku naru.
ima wa happa ga kiiteiru kara,somali no sekai ga omoshirokute shikatanai.
karera no dentoutekina monndai kaiketsuhou ya igainnahodo nihon no mono ni nita
onngaku ni kannshin shiteshimau.ongaku wa nihon ya tai no enka ni niteiru ga,
nakaniwa nihon no,shikamo okinawa no minyou sokkuri na mono mo aru.
gitaa no hikikatari daga,sanshin ni kikoeru kurai.
kono makafushigi na kimochi to somari no shakai wo hayaku hon ni kaitemitai.
asu no asa ni nareba,mata koko ni iru no ga iya ni naru no darou kedo…

関連記事

no image

超残虐な村上春樹?!

なぜ、こういろいろやらなきゃいけないときに限って、こんな凄い本に連続してひっかかってしまうのか。

記事を読む

no image

原宏一氏と対談

新宿のナイジェリア料理店で異能の小説家・原宏一氏と対談。 原さんは昨年、『床下仙人』で「啓文堂おすす

記事を読む

no image

トルコで最も知られたジャナワール写真(画像)日本初公開

私たちがワン湖で撮影した謎の物体の解析をしようとあちこちに依頼しているが、なかなか専門家の方々が

記事を読む

no image

鳥籠

インド人作家、ヴィカス・スワラップ原作の映画「スラムドッグ・ミリオネア」がいいらしい。 私は原作の

記事を読む

no image

ソマリランドで今、話題になってること

今、やっと日本でもソマリアの飢饉がニュースになってきたようだ。 では、こっちではどうかというと、ほ

記事を読む

no image

アブディン作家化大作戦

mixiのトークイベントの翌日、私もただ二日酔いでうなっていたわけでもなくて スーダンの魔術師(?)

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

no image

酒飲みにやさしいイスラム国

 半年間のトルコ遊学から帰国して間もない慶応大学の学生S君にトルコの話を聞いた。  場所は阿佐ヶ谷の

記事を読む

no image

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。 高野本の読者

記事を読む

no image

鴎外、ダメじゃん!

ひきつづき、吉村昭。 今度は慈恵会病院の創始者で海軍医総監にもなった医師・高木兼寛の一生を描いた

記事を読む

Comment

  1. PRA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; Sleipnir/2.8.5)
    Twitterではもう書いているけど、やっとソマリランドに着いた。
    ナイロビと違って人の顔つきが穏やかでちょっとホッとする。
    ケニヤにいたときからそうなのだが私はますます二重人格である。
    すなわち普段はソマリ人もソマリ語ももう見たくもないし聞きたくもない感じなのだが、葉っぱを食うとすごくこの人たちが面白いし、なぜかむやみにソマリ語を覚えたくなる。
    今は葉っぱが効いているからソマリの世界が面白くて仕方ない。
    彼らの伝統的な問題解決法や意外なほど日本のものに似た音楽に感心してしまう。
    音楽は日本やタイの演歌に似ているが、中には日本のしかも沖縄の民謡そっくりなものもある。
    ギターの弾き語りだが三線に聞こえるくらい。
    この摩訶不思議な気持ちとソマリの社会を早く本に書いてみたい。
    明日も朝になればまたここにいるのがいやになるのだろうけど・・・

  2. s より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ソマリは知らなかったけど、エチオピアの民謡や歌謡曲ってやたらペンタトニックでもっさりしてて、こぶしのきいた演歌っていうか朝鮮半島の歌謡曲っぽい旋律なんですよね。あれは不思議。
    坂本龍一理論だと、音楽は海伝いに広がるらしいんだけど、アラブやインドの音楽とは全く違う。ケニアにはこういう歌もあるかも知れない。
    「さくら剛」さんの旅行記に、エチオピア演歌とチャットの記事があります。
    http://www.sakusha.net/dhira2.html

  3. ふーじ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:5.0) Gecko/20100101 Firefox/5.0
    ソマリアが大干ばつで餓死者や難民が出てるってニュースを読んだんですが、ソマリランドはどうなんでしょう?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑