*

タイ人による驚くべき被災地支援

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


在日タイ人の被災情報がないかと成田のタイ人ワット・パックナムに行ってみた。
同行者は後輩のKとU。
3・11直後に東北から40人ほど避難してきたが、
その人たちはすぐに帰ってしまったという。
ここの常連の人たちにはあまり被害者はいないようで、
義援金を集めるといった動きもない。
むしろ、みなさんの話題は、タイ国境に近いミャンマーシャン州での地震で
チェンマイやバンコクまで揺れたことのようだった。
…と思っていたら、突如、バンコクから坊さん2名、尼さん5,6名、そのほか
十数人の一般信者がどやどやと到着。
今頃日本に何しに来たかと思ったら、「タイから仏像を送り、それがまもなく到着するので
これからみんなで東北の被災地に行って安置する」
えっ、それは、…被災地への支援?
きっとけっこうでかい仏像なんだろう。
今のこの時期に、ありえねー!と私たちは仰天した。
しかもタイ大使館にも日本政府にも現地の自治体にも何も連絡していないらしい。
とにもかくにも、困っている人たちに仏像を!という一心で来てしまったようだ。
日本に長いタイの人たちも困惑をかくせないが、いかんせん、お坊さんと仏像である。
何も言えるわけがない。
なんともタイらしいというか……。

パックナムで東北タイ料理をいただくと、その足で今度は津波の被害のあった旭市へ。
内澤副部長が豚を飼っていたとき、遊びに行って以来だ。
同市飯沼町の海沿いの道路に面した地域が2,3キロにわたって、家屋が倒壊したらしいが、
早くもほとんどが更地になっていた。
見ると、道路から一軒目の家は確実につぶれ、二軒目はところどころやられ、三軒目は
おおむね残っていた。
でも、路地から水が押し寄せたようで、その路地沿いではかなり奥の家まで崩壊していた。
(写真)
明日は宮城県に日帰りで行ってきます。
実況はツイッターにて。

関連記事

no image

乱世をテキトーに生き抜く奥義!!

土曜日、ドンガラさん原作の映画「ジョニー・マッド・ドッグ」の試写会に内澤旬子さんと一緒に行こうとした

記事を読む

no image

「未確認思考物隊」終了

関西テレビ「未確認思考物隊」の収録が終了した。 深夜枠で裏番組に強力なライバル番組があるわりには ま

記事を読む

no image

ある阿呆の血

10日ほど前だが、このブログを通して、読者からのメールが来たのはいいが、 「あなたは私を知っている。

記事を読む

no image

鬼のミイラと地震予知動物

「未確認思考物隊」の仕事は続く。 先週は大分県宇佐市にある「鬼のミイラ」(写真・右)と 「地震予知動

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

no image

今こそ難民認定と合コンを!

いまこの瞬間も地震で揺れている。 いつまで続くんだろう、というか地震の巣の上に住んでいるようなものだ

記事を読む

no image

クリント・イーストウッドとモン族

一年ぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、観た。 ウチザワ副部長がかつてブログで絶賛していたクリン

記事を読む

no image

ソマリアの海賊裁判は面白い!

ほとんどの人が知らないと思うが、ソマリアの海賊が日本に来ている。 日本も国際協力の名の下に法整備を行

記事を読む

no image

頼るのは自治体でなく郵便と宅配便

今さっき、カメラマンの鈴木邦弘さんと久しぶりに電話で話した。 鈴木さんとはかつて一緒にコンゴに行き(

記事を読む

no image

バトルロイヤルに負ける

7月に紀伊国屋新宿本店で行われていた書店員オススメ本バトルロイヤルだが、 「ゴッドファーザー」の続編

記事を読む

Comment

  1. タイ好き親父 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:2.0) Gecko/20100101 Firefox/4.0
    困っている人たちに仏像を!その心意気やよしでありますが、それが、寝釈迦仏だったらどうしよう・・・とありえない心配をしてしまう。まさかね・・・

  2. 浦安人 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    いつもたのしく拝見しております。
    普段はいち高野ファンとしてromしておりましたが、
    浦安市民の一人としてボランティアへのご参加のお礼をしたく、
    コメント欄に投稿させていただきます。
    ありがとうございました。
    ついでではありますが、ご参考までに
    震災における在日ネパール人の動きのお知らせ。
    友人が関わっていますが
    4月1日にネパール人有志による
    いわき市での炊き出し計画があります。
    海外在住ネパール人協会が主導し
    日本ネパール人協会もサポートするようです。
    http://www.nrnjapan.org/
    http://nichine.or.jp/

  3. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.16) Gecko/20110319 Firefox/3.6.16 (.NET CLR 3.5.30729)
    ツイッター含め、地震関連ですが、
    その中で、フムフムと思ったものを一つ。
    YukaOgura
    「栄村大震災」 誰が書いたのか、どう読んでも面白すぎ! http://bit.ly/gCBilN でもこれは事実なので、東北大震災に加えて、ぜひこちらへも義援金を!自治体がやっていることなので 「栄村への寄附は、税法により優遇税制を受けることができます」
    リンク先は
    http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%A0%84%E6%9D%91%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD
    全国の目が、東北に行くなか、
    ひっそりと被害をうけている栄村。
    ぜひ、高野さんには「誰もいかない場所」ということで
    行っていただきたい!と発作的に思いました。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.151 Safari/534.16
    おおっ、これは面白い!
    と言っていいかわからないですが、行きたくなりますね。

  5. アハマド より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.204 Safari/534.16
    被災者に仏像を!というタイ人仏教徒の心意気にムスリムの私は負けた(何に?)と思いました。
    高野さんが絶賛されていた「ビルマ商人の日本訪問記」を思い出しました。あのオチも日本人には思いもよらないものでしたが、現代のタイ人にも同じような思考方式を持っている人がいるみたいですね。

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.204 Safari/534.16
    浦安人さん、
    情報ありがとうございます。
    昨日、在日ネパール人協会の役員を訪問してそれを訊いたら、まだ知りませんでした。
    で、今日になって「あなたの言ったとおりでした」とメールが来ました。
    このブログのほうが在日ネパール人協会より情報が早い!(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑