*

マイブームじゃなかった…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、
3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリアン』(新潮社)。
泉さんの三部作の中ではこれがベストかもしれない。
少なくとも、エンタメノンフの傑作であるのは間違いない。
ぜひどこか書評でこの素晴らしい本を紹介しようと思ったが、
奥付を見て仰天。
2005年発行で9刷。
えらいベストセラーじゃないですか!
私の『怪獣記』なんか、しつこいようだけど、初版どまりでっせ。
逆に泉さんに私の本をどこか書評で紹介していただきたい。
多少は売れるかも。
さらに驚いたのは、自閉症の本は最近ものすごくたくさん出ていて、
みんなよく売れていること。
ニキ・リンコ『俺ルール』(花風社)も2005年発行で4刷。
ニキさんも何冊も本を出しており、この『俺ルール』も面白い。
どうして高機能自閉症の人は文章がこんなにうまいのか。
内容がぶっ飛んでいて文章がうまければ売れるよなー。
さらにさらに調べたら、スペクトラム出版という
自閉症関連本専門の出版社まである。
マイ・ブームと思い込んでいたら、全国的なブームだった。
でも、たいていの小説より面白いし、「物語とは何か」を考える上でも貴重なので
読書好きな人にもそうでない人にもお勧めしたい。

関連記事

no image

タイの懐メロを熱唱してしまう

こちらに来て初めて飲み会に行った。 「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポー

記事を読む

no image

イタリア人曰く「日本人がアジア人だと思うとき」

大ヒットしている漫画『テルマエ・ロマエ』の作者であるヤマザキマリのエッセイ『望遠ニッポン見聞録』(

記事を読む

no image

トルクメニスタン特集

毎回ディープな特集で楽しませてくれるバンコク発の特殊月刊誌「G-Diary」。 ちょっと遅くなって

記事を読む

no image

井原美紀さんと対談

井原美紀という作家さんと対談を行った。 小説すばる9月号の「旅」特集の目玉(?)である。 彼女は「

記事を読む

no image

京極堂に会う

平山夢明さんと京極夏彦さんがホストを務めるFM東京のラジオで、『困ってるひと』の大野更紗さんがときど

記事を読む

no image

チェンマイに行きます

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。 ビルマ(ミャンマー)の反

記事を読む

no image

大藪春彦賞受賞パーティ

平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、 私と妻も受賞パーティにお招きいただい

記事を読む

no image

羨ましい病

ニューギニア、アマゾン、ナイル、モンゴル、タイ、カンボジア…と世界中の辺境に単身で飛び回って、巨大

記事を読む

no image

印度放浪

私の本を韓国の出版社に売り込んでいるエージェントのカンさんに会う。 「最近はどうですか?」と訊いたら

記事を読む

no image

撮影会はないのか

もうここ半年くらい、ずーーーっと思いつづけていることがある。 自分の泳ぐ様子をビデオに撮影してみる方

記事を読む

Comment

  1. ドトウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
     <エンタメノンフ>ファンとしては外せない「自閉症ジャンル」現る!というか、在ったんだ!!って感じですね。
    しかし、専門の出版社まであるとは驚きです。
    もう一つの驚きは「怪獣記」が初版止まりということ。・・・う〜ん不思議。
    きっと文庫化した途端大爆発ですよ。
    その時は私に印刷させてください。(笑)
                by <「本の雑誌」印刷担当>ドトウ

ドトウ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑