*

幻の国ソマリランド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

エチオピアを経て、ソマリアに入った。
ここが今回のほんとうの目的地なのだが、さすがに出発前は言いづらかった。
といっても、私がいるのはソマリア北部の「ソマリランド共和国」。
すでに18年間、独立を保ち、治安はアフリカ諸国の平均以上、
しかも複数政党制で、今の大統領もちゃんと公平な選挙で選ばれている。
海賊も山賊もいない(ことになっている)。
なのに、国際社会からはまったく認知されていないという気の毒な国であり、
「幻の国」ともいえる。
これからソマリランドのあちこちを旅しようと思うのだけど、
情報が何もないからどうなることかさっぱりわからない。
なにしろ、町でタクシーを捕まえるのも苦労している。
今回、スチールのカメラマン役であるイシカワは、
用意したデジカメのスイッチが入らないという悲劇にしょっぱなから見舞われているし、
先行きはいつものようにまったく不透明だ。
ソマリアの武装勢力がソマリランドを攻撃するなんて噂もあるが、
噂だけであってほしいものである。
今週末は港町へ行き、漁民にインタビューしてみるつもり。
インド洋だし、ウモッカがいるかもしれない。

関連記事

no image

シリア・イラク国境地帯の驚異

ユーフラテス河沿いに進み、イラク国境近くの町にいる。 シリアの他の場所は砂漠ばかりだが、この河沿いだ

記事を読む

no image

『犬部!』

明日7日、妻・片野ゆかの新刊『犬部!』(ポプラ社)が発売される。 犬部とは、北里大学獣医学部に実在

記事を読む

no image

歴史は水で割るべからず

ゲストハウスのそばのソイ(路地)で、カバーにムエタイのポスターをびっしり貼った屋台を見かけた。

記事を読む

no image

重版ラッシュ

二日前、「幻獣ムベンベを追え」と「巨流アマゾンを遡れ」がそれぞれ三千部ずつ重版になった。 両方とも単

記事を読む

no image

「なんだかわからない…」魚類研究の大家

先週、魚類研究の大家の先生にお願いし、「謎の物体」映像を見てもらった。 結果は、「なんだろうねえ、不

記事を読む

no image

原宏一氏と対談

新宿のナイジェリア料理店で異能の小説家・原宏一氏と対談。 原さんは昨年、『床下仙人』で「啓文堂おすす

記事を読む

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(

記事を読む

no image

nairobi wa abunai?

kataaru no Doha wo keiyu shite Nairobi ni tsuita.

記事を読む

no image

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまって

記事を読む

no image

白骨になっても大丈夫

先日山形に行ったとき、山形大法医学教室の梅津和夫先生にDNAの検査をしてもらった。 口の中に綿棒を突

記事を読む

Comment

  1. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; YTB720; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    「ソマリランド共和国」という国をはじめて知りました。
    高野さん目線のソマリランドのお話を楽しみにしております。
    イシカワさん共々交通事故に気をつけてください。
    どうぞご無事で。。。

  2. dareka より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    ソマリランド?ソマリアと違う国なの?
    (今年、アメリカに行った時、ソマリア難民バンツ族と知り合ったので、
    個人的にタイムリー。)
    海賊に遭わずに、ご無事で。
    ウモッカ情報、なんなら実物採取してきてください。

  3. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     すごいです。
    本当に「政治上や治安上や地勢上の」辺境がお好きなんですね。
    あちこち行かれているので大丈夫だとは思いますが、
    やはり気を付けて下さい。

  4. naoking より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    ホントにウモッカ見つけちゃったりしちゃったりして。
    goodluckでございます。

  5. まー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.10) Gecko/2009042316 Firefox/3.0.10 (.NET CLR 3.5.30729)
    「ソマリランド共和国」…はじめて知りました。
    きっと高野さんの見る世界地図って、私が目にするのと違って面白そうです。
    御身体に気を付けてくださいね。
    あと全然関係ないのですが、
    義理のお父さんが入院したのです。
    大部屋の空きがなく個室で一人ぼっち。なので本を差し入れしようと思い、
    「ワセダ三畳青春記」
    「異国トーキョー漂流記」
    「神に頼って走れ!」
    「アジア新聞屋台村」の4冊を購入。
    早速手紙とともに贈ろうと思います。

  6. KJM より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    ウモッカが見つかるが、カメラがないパターンですね。
    冷凍の実物を日本で見れるのを楽しみにしています。
    しかし、気をつけてください。

  7. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    「〜ランド」って何だか楽しげな国名のように思えてしまいますが
    楽しいだけの国じゃなさそうですね。
    でも高野さんにとっては日本にある〜なんちゃらランド〜より
    ずっと楽しいんでしょうね♪

  8. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022)
    酒が飲めない国に行かれたのですね。
    闇酒が入手できるのか、ぜひリポートお願いします。
    暑さとマラリアには気をつけてください。
    それにしても、ソマリランドでも
    ネットが繋がるんですね。(バカにしすぎかな?)

  9. しろー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん・・・三沢選手が亡くなりました試合中の事故で

  10. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
     今日9.30.の朝日朝刊にソマリランドについての記事が
    でていましたね。平和な国なんだけど、最近政権が独裁的に
    なったのだか、経済が順調に回っていないのだか、結構
    大変なようです。
     一方で、女性が夜中に街中で両替商を営んでいても
    大丈夫なくらい治安のいい国、とも紹介されていましたね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「クレイジージャーニー」が終了しました、お世話になりました、と担当ディレクターお二人からそれぞれ丁寧な挨拶の連絡が入った。私が一緒に仕事をした人たちは最初から最後まできちんとしたプロの仕事人だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 私もそう思いますよ。 https://t.co/SWyMPbTBJP ReplyRetweetFavorite
    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhAJZT 楽:https://t.co/4mUnuTJZ7v 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • ネトフリでときどき村西とおる監督の実話をもとにしたドラマ「全裸監督」を見てるのだが、妻がなぜかしょっちゅう間違えて「全裸警察」と言う。そんな番組はないっていうのに。あったら見たいが。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んでる海外ノンフィクション、すごく面白いんだけど、訳が下手すぎ。原文の英語が理解できてないのか、日本語のセンスがないのか、時間がなくてやっつけのまま出版してしまったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑