*

鬼のミイラと地震予知動物

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「未確認思考物隊」の仕事は続く。
先週は大分県宇佐市にある「鬼のミイラ」(写真・右)と
「地震予知動物」の開発に情熱を燃やす麻布大学獣医学部の太田光明教授を訪ねる。
鬼のミイラは見てのとおり、「なんだかよくわからん」というのが正直な感想だが、
地震予知動物の研究はものすごく面白かった。
これは今後可能性があるし、
「動物が異常行動を起こしたら地震がくる」というバカバカしいほどの単純さがいい。
太田先生は今のところ、犬とネコでやっているが、
将来的にはイルカ、クジャク、イグアナにも期待しているという。
この3つの動物が地震予知にふさわしい理由はみんな、ちがう。
それぞれどういう理由か、みなさん自分で考えてください。
ただし、この研究は絵で見せづらいのでテレビ的には難しいだろうな。
今回、テレビの限界を折に触れて感じるが
(テレビならではのメリットはあまり感じない)、
これもその一つ。
       ☆         ☆         ☆
明日(11日)から一週間ほどミャンマーに行きます。

関連記事

no image

震災のリアルを超える傑作

本屋大賞を受賞した『謎解きはディナーのあとで』という本を私はまったく見たことも聞いたこともなかった

記事を読む

no image

ネットでキム・ジョンイルになる方法

中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』(光文社新書)は傑作だった。 著者

記事を読む

no image

猫又とペシャクパラング

TBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」という番組に出演。 アフガニスタンのペシャクパラングについて話

記事を読む

no image

エンタメノンフ文芸部創部集会

まだ月曜日の話が終わらない。 夜は本の雑誌社に集合し、 「エンタメノンフ文芸部」創部集会。 部長・宮

記事を読む

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

no image

「幻獣ムベンベ 早稲田大学探検部コンゴ行」

7月12日発売のヤングチャンピオン誌で、いよいよマンガ版「ムベンベ」が始まる。 正式なタイトルは「

記事を読む

no image

東武東上線では東武動物公園には行けない!?

「アスクル」はAmazon.comで発売直後から長らく、「3〜6週間待て」と書かれていたが、 ようや

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

新しい探検部の部室とゴリラ

第5回目の上映会が早稲田大学の学生会館で行われた。 数年前に建てられたわりと新しい建物だ。 この新

記事を読む

no image

怪獣ノノゴン、上智に現る!

「探検業界の寅さん」「永遠の日雇い青年」こと野々山富雄氏が 上智大学の対談ゲストに登場。 かつて一

記事を読む

Comment

  1. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    『未確認思考物体』毎週楽しく拝見しています。
    高野さんはじめ、本多さん、滝沢さんと純粋UMAオタク(?)の方々は、
    潔く清々く、話が本当に楽しいです。
    出来るだけ長く番組が続いてほしいな・・・と思いつつ、
    高野さんが多忙になりすぎるのもどうかな・・・とウダウダ考えている次第でです。
    ミャンマーの現状が気になりますが、楽しいお話をまた聞かせてください。
    お気をつけて!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑