*

『間違う力』発売開始

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


『間違う力 オンリーワンの10カ条』(メディアファクトリー)
が発売になった。
丸善川崎ラゾーナ店では、なんと150冊が仕入れられ、
16面出しで新刊コーナーに並べられているようだ。
なんともはや、「間違ってる!」としか言いようがない。
他の書店も見習って間違えてほしい。

そうそう、この表紙が発売後、書店員さんの間で「この装丁はまちがってるよなー」と
評判のやつです。

関連記事

no image

宣教師ニコライのファンになる

今、「移民の宴」で在日ロシア人取材をやっているので、その資料として中村健之介『宣教師ニコライと明治

記事を読む

no image

プロレスの罠

80年代から90年代にかけて、年齢としては16歳から30歳くらいまで、 私はプロレスにものすごく夢

記事を読む

no image

新刊『アジア未知動物紀行』が発売

新刊『アジア未知動物紀行』(講談社)があさって、つまり2日に発売となる。 ある意味で私の未知動物探索

記事を読む

no image

ブルガリアの秀吉

部屋を整理していたら、変なものを発見した。 先日ブルガリアの首都ソフィアの路上で買った古本。 吉川英

記事を読む

no image

元アヘン王国・ワ州の今

中国ネットウォッチャーで、ライターでもある安田峰敏君がワ州へ行ってきた。 中国領内でしかるべきコ

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

Shuto ni modoru

3shukan buri ni shuto no Thimphu ni modotte kita.

記事を読む

no image

私の名は紅

前から気になっていたケン・フォレットの世界的ベストセラー『大聖堂』を読み始めたのだが、 物語はとく

記事を読む

no image

知られざる名作がまた一つ

桜栄寿三『蝸牛の鳴く山』(藤森書店)を読む。 先日お会いした作家の古処誠二さんが「すごくいい本です

記事を読む

no image

草思社倒産

草思社が事実上、倒産した。 あれだけコンスタントにベストセラーを出し、 一時は幻冬舎と並んで新聞で紹

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    あの〜これ本当に高野さんの本なんですよね??
    これが大流行でもしたらどうしよ〜!
    流行語大賞を受賞する高野さんを想像するとおもしろいですね♪

  2. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2) Gecko/20100115 Firefox/3.6 (.NET CLR 3.5.30729)
    amazonにレビュー書きました。
    私のレビューも全体的にレビューとして間違えてる気がします。
    誰かフォローをお願いします。
    それにしても丸善ラゾーナ川崎店さん、16面出しとは「人気作家にみえるかも?」作戦ですかね。
    amazonでもやりましょ。ずらっとレビュー並べて。
              by Lehman Packer

  3. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    表紙のイラストを見て思ったことは
    今人気の「もし高校野球の女子マネージャー…」
    の表紙の女子と対になりそう。
    本屋で隣に並べて置けば「間違う力」の増刷間違いなしでしょう。

  4. mame-saba より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.2.2) Gecko/20100316 Firefox/3.6.2
    はじめまして。
    この表紙のイラストって漫画家の岩岡ヒサエさんですよね。
    ほのぼの絵柄でシットリと染みいりつつ、
    たまにズキッときて、自分はこの人の漫画も結構好きです。
    たしかに高野さんとはイメージ的に「まったく」結びつかないので、
    装丁からして盛大に間違ってる……納得。
    まだ未読なので読むのが楽しみデッス。
    さっそく入手せねば!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑