*

三沢の試合を見よ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

アフリカに行っている最中、三沢光晴の急死について、
知人や読者の人たちから多数のお知らせメールをいただいた。
気持ちは嬉しいけれど、実際のところ、もしメールが見られる環境ならば
ヤフーニュースも必ず見られるので(ニュースは見られるけどメールチェックはできないというところはある)、
必要はなかった。
さらに、三沢の急死について、話すことは何もない。
何を言っても、言っているそばから「ちがう!」と思ってしまう。
知人のひとりには返信メールで感想を書いてしまったが、
送信直後にひどく後悔した。
言葉にはできないのである。
ただ今日はyou tubeで三沢の過去の映像を見ていた。
三沢、力皇組VS小川、村上組の試合はほんとうに凄かった。
プロレスかセメント(ガチ)かという議論を超えた試合。
まだ見ていない人はぜひ見てほしい。
冥福なんか祈らなくていいから。

関連記事

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

no image

フリーランスの志士

家に攘夷モノがないか探してみたら、藤沢周平『回天の門』(文春文庫)に気づいた。 千葉道場きっての剣

記事を読む

no image

間違う力の巨人、インドにデビュー!!

人は私に「間違う力」があるという。 いや、そんなことはない。 というか、私のやってることなど間違い

記事を読む

no image

チャリ仲間が芸術祭大賞をプロデュース

私の友人で、昨年九州を一緒に自転車で走ったワンマン社長(社員が自分ひとりしかいないという意味だが)

記事を読む

no image

エイリアンの日々

このところすっかりオカルトづいているので 最近は地球上で生活している異星人に興味をもち、 そういう人

記事を読む

no image

漂流するトルコ

小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。 もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう

記事を読む

no image

エンタメノンフ三銃士!!

びっくりした。 杉江さんの「炎の営業日誌」を見たら、 2月20日、ジュンク堂で「内澤旬子、高野秀行、

記事を読む

no image

『辺境の旅はゾウにかぎる』

ここで書いたかどうかもう忘れてしまったが、 6月に『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)という本

記事を読む

no image

無性に

http://www.webdoku.jp/suttoko/ 宮田珠己の「スットコランド日記」は、後

記事を読む

no image

震災のリアルを超える傑作

本屋大賞を受賞した『謎解きはディナーのあとで』という本を私はまったく見たことも聞いたこともなかった

記事を読む

Comment

  1. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
     三沢選手はスキャンダラスなことを起こさなかったので
    あまりニュースにはならなかったですね。試合場で生で
    観た事もないのですが、週刊ゴングだかプロレスだかで、
    「このエルボーで夢と時代をもぎとった!」 というコピーが
    印象に残っています。
     「若手」だった三沢選手が何回目かの挑戦の末に、当時
    無敵を誇ったハンセンから三冠ヘビー級選手権を奪った
    試合です。
     三沢はエルボーですよ、それも前腕部、人間の一番硬い部位。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 週刊読書人5月3日/4月26日合併号の1・2面特集は、東畑開人×高野秀行『居るのはつらいよ』(医学書院)の対談です。4月4日、読書人隣りで行ったイベント(とても好評でした!)の内容をお届けします。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【働くあなたへフェア・挑戦】高野秀行著『西南シルクロードは密林に消える』幻の西南シルクロードに挑む著者の前には、圧倒的なジャングルと反政府少数民族ゲリラの支配する世界屈指の秘境がたちふさがる。悲惨なのに笑える究極のエンタメ・ノンフィクション… ReplyRetweetFavorite
    • で、ようやく起き上がってネットを見たら、「モンキーパンチさん死去」のニュースを見てびっくりした。 ReplyRetweetFavorite
    • 二日酔いのため、寝床で吉本浩二著『ルーザーズ 日本初の週刊青年漫画誌の誕生』(双葉社)1〜2巻を読む。漫画アクション創設秘話なのだが、ここまでは「モンキーパンチ誕生秘話」の趣が強い。 ReplyRetweetFavorite
    • 神保町で本を物色してから鮎ラーメンなんて流れも魅力的。 ReplyRetweetFavorite
    • ツイートするのを忘れてた。岐阜の老舗の鮎専門店「川原町泉屋」が東京初上陸。明後日まで限定で鮎ラーメンを提供している。これは本当に絶品です。 https://t.co/7ylKYYamCZ ReplyRetweetFavorite
    • そういえば、こんな突拍子もないイベントをやったっけ。地元で長らく書店を営んでいながら警察沙汰を恐れないスーパーストロング伊野尾店長に敬意を表すしかない。 https://t.co/TPslAHvuca ReplyRetweetFavorite
  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑