*

独自の視点

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


最近こんな本も読んだ。
木村晋介『キムラ弁護士、ミステリーにケンカを売る』(筑摩書房)。
あくまで弁護士としての視点から作品の「法律的な正しさ」と「整合性」について
とことん研究するというもの。
ミステリだけでなく、一般書も「ケンカ」の対象となっている。
びっくりしたことに高村薫『マークスの山』も夏樹静子『量刑』も
「法律解釈として間違っている上に状況が不自然きわまる」としてバッサリ切られている。
いっぽうで渡辺淳一『愛の流刑地』は高評価。
いやあ、マトモな書評でアイルケを褒めているものは初めて見ましたよ。
視点がちがうとこんなにも見えるものがちがう。
まさに「未確認思考物体」の世界なのだ。

関連記事

no image

なぜ北欧人は放射能を恐れてヒロシマに逃げるのか

もはや日記代わりなので、ここにどんどん書く。 29日(火)、「おとなの週末」で連載している「移民の宴

記事を読む

no image

アジア新聞屋台村プレイバック

 昨日、突然5年ぶりにエイジアン新聞社の劉社長から電話がかかってきた。 「急ぎの仕事があるからやって

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

呆然

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というの

記事を読む

no image

勇午

先週から慌しい日が続いている。 人に会ってばかりで、いつ誰と会ったのか忘れてしまうほどだ。 義兄の

記事を読む

no image

ソマリ兄妹来宅の巻

アブディラフマンとサミラのソマリ姉妹がうちに来て、遅まきながらラマダン明けのパーティ。 サミラ

記事を読む

日本の中世人と現代ソマリ人の共通点と相違点

『謎の独立国家ソマリランド』の感想を述べたツイートに、清水克行『喧嘩両成敗の誕生』(講談社選書メチエ

記事を読む

no image

ハルキとタマキ

「本の雑誌」草むしり早弁号(5月号)が届く。 連載の辺境読書では今回は伊沢正名『くう・ねる・のぐそ

記事を読む

no image

『間違う力』発売開始

『間違う力 オンリーワンの10カ条』(メディアファクトリー)が発売になった。 丸善川崎ラゾーナ店で

記事を読む

no image

エンタメノンフの古典

「不思議ナックルズ」という変わった雑誌のインタビューを受ける。 「実話ナックルズ」の別冊ムックみたい

記事を読む

Comment

  1. ドトウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Google Wireless Transcoder;)
    私も最近読みました。
    なかでも島崎藤村「新生」の回のバッサリ感が痛快で好きです。

  2. ドトウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    再度失礼します。
    今、気付いたのですが出版元は”筑摩書房”です。
    連載は「本の雑誌」であるのに私も何で?と不思議に思っていました。
    再度失礼しました。

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    ドトウさん、ご指摘ありがとうございました。
    訂正しておきました。
    なお、原則的にコメントに返事は書いてませんが、
    みなさんからのコメントには全て目を通してちゃんと覚えています。
    ありがとうございます。
    もし私からのレスポンスがご希望なら直接メールを送っていただくか
    (別にファンメールでもいいです)、
    コメントのところにメルアドをつけてください。
    返信しますので。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑