*

ぐにゃぐにゃ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「未確認思考物隊」の第9回「都市伝説」と「超能力」の収録に出る。
「魔法使いアキット」さんという、名前も風体もおふざけ度満点の人が出てきたが、
その人が凄かった。
 両手で全力を使っても曲げられないスプーンやフォークを
おしゃべりをしながら目の前でぐにゃぐにゃに曲げてしまう。
縦に曲げるのは序の口で、横に捻ったり、らせん状にしたり。
しまいには手のひらにのせたスプーンが、何も力を加えていないのに
自然に曲がっていった。
 スプーン曲げのトリックに通じていて自分でもけっこうできる(あくまでマジックとして)という竹内義和さんや、同じく清田さんら数々の超能力者と付き合いがあるオーケンさんが、
呆然としていた。
同じく清田さんら超能力者に密着してドキュメンタリーをつくり
『職業欄はエスパー』(角川文庫)を書いている森達也さんも同席していたが、
スプーン曲げを死ぬほど見ている彼が「え?!」と驚きの声をあげたのがなんともリアル。
そしてそのあと、私の体にもちょっとした異変が…!
いやあ、たまげました。

関連記事

no image

たまには手紙で

「朝日新聞」が3月31日より「57年ぶりの紙面大幅リニューアル」され、 その特別記念企画としてタマキ

記事を読む

no image

高校講演会@宇和島

集英社の財団主催の高校講演会のため、四国に来ている。 今日は愛媛県宇和島周辺の二校で講演。 宇和島

記事を読む

no image

辺境女子作家・名須川先輩デビュー!

『メモリークエスト』で、「日本への身元保証人になってほしいと迫ったミャンマー人のアナン君」と「古今東

記事を読む

no image

とんだハプニング

やっと仕事の山が峠を越えようとしていたとき、ハプニング。 一昨日の夜中(もしくは昨日の未明)に突然、

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

お詫びとやり直し

先日このブログで内澤旬子さんについてかなり失礼なことを書いてしまったような気がする。 あまりに刺激

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

困ってる人

仕事場である「辺境ドトール」の店長となぜか横浜本牧に海釣りに行った。 というか店長に連れて行ってもら

記事を読む

no image

トルコの怪獣ジャナワール取材

にわかに周囲でいろんなものが動き出し、 ブログもすっかりごぶさたしてしまった。 まずは8月22日から

記事を読む

no image

イベントのお知らせ

2月21日(木)20:00~、下北沢のB&Bにて『謎の独立国家ソマリランド』の刊行記念ト

記事を読む

Comment

  1. ドトウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ”マリックさん”よりいろんな意味で強力そうな”アキットさん”。
    是非観てみたいです。
    高野さんの体に異変とは・・・腰痛が治っちゃったりして。

  2. 引用ですが より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; IEMB3; IEMB3)
    初めに前置きしておきますが、これは超能力ではなくあくまでも手品です。だから、手から何か特別な波動のようなものが発せられているわけでもありません。なぜなら、力は力でも超能力ではなく、応力で曲げているからです。
    番組内でビートたけしさんが「テコの使い方を熟知してる」的な発言をしていましたが、これを聞いて正直かなりヒヤリとしました。たけしさんは長野曲げのタネを知らなかったのでしょうが、この一言はかなり的を射ています。う〜む、さすがは天才「世界の北野」ですねぇ。感服しました^ ^;
    あまり書くと本当にタネが分かっちゃいそうなので、皆さんの好奇心を刺激する意味でヒントを3つ提示して終わりたいと思います。
    1.テコと応力
    長野曲げは、普通のスプーン曲げの手法よりも両手でスプーンに触れている部分が多いですよね? たけしさんが「テコ」と言っていたのはこれのことです。両手で握った一瞬の間に○○○います。
    2.曲げのタイミング
    実は、実際に曲げている瞬間と、我々が曲がったと認識した時は全然違います。そう、我々が曲がったと認識した時には、既に曲がっているのです。(既に曲がっている部分を指で隠してその上をなぞると、あたかも曲がっているように錯覚してしまうのです。)
    その予備動作として、硬い材質のスプーンを大きく捻る時は、初めに少し曲げて見せ、その後一度元に戻すのを数回繰り返すと、金属疲労で以降の曲げが容易になります。
    3.手首の動き
    クルクルとスプーンを手の中で回すように動かすのがポイント。これは、1と2の動作を隠す意味ともう一つ重要な役割があります。それは…秘密です;^ ^A

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 何度も言いますが、高野秀行さんの本は本当に死ぬほど面白いので皆さん読んでください。 「アヘン王国潜入記」は流石に皆さん全員読んだと思うので、次は「西南シルクロードは密林に消える」を読んでください。58件のレビューで星5の作品です。 https:… ReplyRetweetFavorite
    • リプ、ありがとうございます。そうですね、今のところ、その2件だけです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑