*

ぐにゃぐにゃ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「未確認思考物隊」の第9回「都市伝説」と「超能力」の収録に出る。
「魔法使いアキット」さんという、名前も風体もおふざけ度満点の人が出てきたが、
その人が凄かった。
 両手で全力を使っても曲げられないスプーンやフォークを
おしゃべりをしながら目の前でぐにゃぐにゃに曲げてしまう。
縦に曲げるのは序の口で、横に捻ったり、らせん状にしたり。
しまいには手のひらにのせたスプーンが、何も力を加えていないのに
自然に曲がっていった。
 スプーン曲げのトリックに通じていて自分でもけっこうできる(あくまでマジックとして)という竹内義和さんや、同じく清田さんら数々の超能力者と付き合いがあるオーケンさんが、
呆然としていた。
同じく清田さんら超能力者に密着してドキュメンタリーをつくり
『職業欄はエスパー』(角川文庫)を書いている森達也さんも同席していたが、
スプーン曲げを死ぬほど見ている彼が「え?!」と驚きの声をあげたのがなんともリアル。
そしてそのあと、私の体にもちょっとした異変が…!
いやあ、たまげました。

関連記事

no image

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたと

記事を読む

no image

え、「謎と真実」?!

学研「ムー」別冊の、こんなムックでインタビューを受けてます。 なんだか、とても懐かしい気持ちになれる

記事を読む

no image

ノンフィクションの世界はここから始まる

 自分も寄稿した本が届いた。石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)。

記事を読む

no image

ゾウ本あらため辺境中毒!

すっかり忘れていたが、今週の20日(木)に『辺境中毒!』(集英社文庫)が刊行される。 『辺境の旅は

記事を読む

no image

火群のごとく

ジュンク堂の宮田部長とのトークイベントはもう定員に達してしまったそうだ。 間に合わなかった人、ごめ

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

no image

人生の内定がとれてないアナタに

 内澤副部長の名作ポップはコレ。  副部長の漫画イラストなんて見たことがない。お宝ものだ。  ス

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

ラジカル加藤、現る!

「ワセダ三畳青春記」にちょっと書いたが、探検部の二つ上の先輩で 「ラジカル加藤」という人がいた。 仮

記事を読む

no image

ゾウ本について他

まずはお知らせから。 『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)を ただいま「本やタウン」でご予約いた

記事を読む

Comment

  1. ドトウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ”マリックさん”よりいろんな意味で強力そうな”アキットさん”。
    是非観てみたいです。
    高野さんの体に異変とは・・・腰痛が治っちゃったりして。

  2. 引用ですが より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; IEMB3; IEMB3)
    初めに前置きしておきますが、これは超能力ではなくあくまでも手品です。だから、手から何か特別な波動のようなものが発せられているわけでもありません。なぜなら、力は力でも超能力ではなく、応力で曲げているからです。
    番組内でビートたけしさんが「テコの使い方を熟知してる」的な発言をしていましたが、これを聞いて正直かなりヒヤリとしました。たけしさんは長野曲げのタネを知らなかったのでしょうが、この一言はかなり的を射ています。う〜む、さすがは天才「世界の北野」ですねぇ。感服しました^ ^;
    あまり書くと本当にタネが分かっちゃいそうなので、皆さんの好奇心を刺激する意味でヒントを3つ提示して終わりたいと思います。
    1.テコと応力
    長野曲げは、普通のスプーン曲げの手法よりも両手でスプーンに触れている部分が多いですよね? たけしさんが「テコ」と言っていたのはこれのことです。両手で握った一瞬の間に○○○います。
    2.曲げのタイミング
    実は、実際に曲げている瞬間と、我々が曲がったと認識した時は全然違います。そう、我々が曲がったと認識した時には、既に曲がっているのです。(既に曲がっている部分を指で隠してその上をなぞると、あたかも曲がっているように錯覚してしまうのです。)
    その予備動作として、硬い材質のスプーンを大きく捻る時は、初めに少し曲げて見せ、その後一度元に戻すのを数回繰り返すと、金属疲労で以降の曲げが容易になります。
    3.手首の動き
    クルクルとスプーンを手の中で回すように動かすのがポイント。これは、1と2の動作を隠す意味ともう一つ重要な役割があります。それは…秘密です;^ ^A

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年3月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑