*

酔って記憶をなくします

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


野宿泥酔の翌日は二日酔いにもならず、心身とも妙に快調。
そして翌々日、つまり今日も絶好調。
身体から毒が抜けたような感じだ。
伊野尾書店前に吐き出してきたともいえる。
(比喩ですよ。ゲロ吐いてないからね)
写真・上 かとうちあき編集長と私
写真・中 観客は路上のブルーシートの上か立ち見
写真・下 翌朝の野宿風景
だが、一つ謎の現象が。
デイパックの中を見たら、見覚えのない文庫本が入っている。
石原たきび『酔って記憶をなくします』(新潮文庫)
酔っ払って意識を失った人たちの体験談を集めたものらしい。
いったい何だ、これは。
きれいなビニールに包まれていたから、私が伊野尾書店の店頭からガメたものではなさそうだ。
でも、てことは、誰かが私に渡すつもりで、用意してきたのだろうか。
私が酔って意識を失うのを見越したうえで?
しっかし、この本、最高におもしろい。
酔っ払って交番のおまわりさんにプロポースしたとか、
泥酔した翌日、エレベーターのない3階の自室に新聞配達用のスーパーカブがあったとか、
好きな男性が飲み会にいたので嬉しくて飲み過ぎ、気づいたら別の男とベッドに寝ていたとか、
他人の酒の失敗談というのはなぜこんなに笑えるのか。
さんざん笑い転げたあとで、ふと思った。
私は今まで酒の失敗がないというのが自慢だったのだが、それは本当だろうか。
単に記憶を失ってるだけじゃないのか。
昨日もいったい何をしたのか、しゃべったのか憶えてないのだ。
ていうか、この本、くれたのは誰なんだろう???

関連記事

no image

なかなか出発できない件について

悪戦苦闘の挙げ句、『移民の宴』は無事校了。予定通り11月15日に発売される。 旅の準備も今よう

記事を読む

no image

ネアンデルタール人の冬眠性って…

 ケリー・テイラー=ルイス著『シャクルトンに消された男たち』(文藝春秋)の書評を書く。  前に書いた

記事を読む

no image

アフガニスタン本ベストワンはこれだ!

前にここで紹介した石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)で、国分拓と柳

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』見本とどく

 『メモリークエスト』に気を奪われていてすっかり忘れていたが、 本日、『アジア新聞屋台村』(集英社

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

エンタメ言語学者・黒田龍之助がおもしろい!

ときどき一緒に飲む編集者のAさんに「黒田龍之助の本は面白いですよ」と勧められた。 以前、NHKロシア

記事を読む

no image

ブックストア談 浜松町店

 浜松町の貿易センタービル別館2Fに「ブックストア談 浜松町店」という書店がある。  ミャンマーから

記事を読む

no image

『メモリークエスト』続編決定

二日酔いのまま、笹塚で杉江さんに会って、定例の放談会。 本の雑誌社の女性スタッフが、『メモリークエス

記事を読む

no image

草思社倒産

草思社が事実上、倒産した。 あれだけコンスタントにベストセラーを出し、 一時は幻冬舎と並んで新聞で紹

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    ボクも、酔って記憶を無くしたことがないのが自慢ですが、学生の頃の友人が「酔ってパンツを脱ぎ、そのまま女子を追い回していた」と言っていました。冗談だと思っていましたが、そういえば、その女子がボクを避けるようになったのは、その飲み会のあとだったことを思い出しました…

  2. 次回は参加 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    寝袋畑、壮観です。
    右の黒い寝袋の人は自転車に轢かれても文句言えない位置ですね。w
    みんなカッコイイ!ちょっとうらやましい。

  3. O より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    不思議な空間でした^^
    かとうさんは、見た目『可愛らしい普通の女性』でしたが、やっぱり『野宿モノ』なんですね〜。
    一番記憶に残るのは、伊野尾店長さんのアッチコッチへのフットワークでしょうか。。。
    あ!そういえば高野さんにサインもらわなかった!^^;;;

  4. NONO より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.8) Gecko/20100722 Firefox/3.6.8 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
    学生時代じゃないんだから・・・
    でも、落ち着いちゃった身としては、
    スゲーうらやましい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑