*

「野々村荘」にほんとに復帰

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ワセダの「野々村荘」(仮名です、念のため)の部屋が空き、
ちゃぶ台をもって初めて行ってみた。
アパートは古いが全然ぼろくなく、ほんとうにしっかりしたいい造りだ。
もう文化財の域に入っているんじゃないか。
そして三畳間は、私がまさに8年間住んだ部屋なのだが、
記憶の中よりずっと広くてびっくり。
なぜかというと、モノがないから。
住んでいるうちに本とか本棚とかコタツとかラジカセとかいろいろモノが増えたのだ。
何もないと広い。
隠れ家の感じがすごく心地良い。
それは紛れもなく、20年前、初めてこの部屋を訪れたときの感想であり、
なんだか自分がまだ未来も正体も不明な大学5年生であるような錯覚に陥った。
夜、その部屋に友人が二人遊びに来る。
二人ともあまりの居心地のよさに感心していた。
一人は扇風機を持ってきてくれた。
よし、次は冷蔵庫だな…とか思っているのだが、
私はいったいここで何をしようとしているのだろう。
それが謎だ。

関連記事

no image

エッチな人々

知り合いから連絡があって思い出したが、『天職への階段』(扶桑社)という本が 10日ほど前に出ていた

記事を読む

no image

美しき日韓問題

講談社ノンフィクション賞を受賞した安田浩一『ネットと愛国』(講談社)を読んだ。 丁寧に取材した

記事を読む

no image

ゼロの衝撃

何人かの知人が絶賛していたので読んでみた坂口恭平『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(大和書房)。

記事を読む

no image

酒飲みにやさしいイスラム国

 半年間のトルコ遊学から帰国して間もない慶応大学の学生S君にトルコの話を聞いた。  場所は阿佐ヶ谷の

記事を読む

no image

ネアンデルタール人の冬眠性って…

 ケリー・テイラー=ルイス著『シャクルトンに消された男たち』(文藝春秋)の書評を書く。  前に書いた

記事を読む

no image

発売直前の本は売れるように見える

本の雑誌社へ赴き、できたての「アスクル」を見る。 一見ビジネス書風だが色合いがおかしい。 ブログに載

記事を読む

no image

趣味は「辺境料理」に決定

先日「公募」もした私の「趣味」がやっと決まった。 「辺境料理」である。 私はチェンマ

記事を読む

no image

まだやる気なのか?

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員

記事を読む

no image

ヴォイニッチ写本の謎

エンタメノンフフェアで買い込んだ本を読んでいて仕事にならない。 佐藤あつ子『もう一度会いたい 思い

記事を読む

no image

なぜかマレーシア

明日からマレーシアへ一週間ばかり行くことになった。 今、なぜマレーシアなのか?と思われるかもしれない

記事を読む

Comment

  1. 植原要介 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    高野さんの「野々村荘」にほんとに復帰。
    記載から5日もたって、まだ誰もコメントなし?
    高野さんはスパースターになってしまったと思っていましたが、
    少し安心しました。
    辺境・幻獣ファンが多くて、ワセダ三畳には皆さん興味ないのかなー?
    高野さんにお願いします。私は、以前の高野さん3畳部屋の人間跡(壁に染み付いたシミ)を載せて頂きたくお願いします。
    植原 要介

  2. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    つい先日、久しぶりに『ワセダ三畳』を読み直していまして、
    以前の印象と変わらずしみじみ良い本だと思いました・・・ので
    これまた久しぶりにこちらを除いてみたら
    エー!戻ったのですね!!
    ジョニーサンダースがCBGBに戻ってきたような・・ってどっちももう亡いか。
    でも、こういうのって大いにアリだと思います。
    思い出の場所が変わらずにあるって素晴らしいことですし、
    そこをまた日常として味わえるなんて大人になって良かったって感じ。
    本が出た当時、もうアパートが無くなってしまったから執筆したのかな〜
    なんて思っていましたが、ここまで現役とは嬉しくなっちゃいますね♪
    遊びに行きてーなー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
    • しかも、そのあと場所を変えて、二人でオンライン打ち上げでまた二時間以上喋ってしまった。仕事であってもなくても全く同じように喋りまくる私たちはバカなのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • ”相棒”である清水克行さんとオンライン対談。辺境と中世の疫病についてしゃべり倒してしまった。清水さんの引き出しの多さには毎度ながら驚くばかり。すごく楽しかった。オール讀物誌上にて掲載予定です。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【文庫】新潮文庫5月の新刊発売しました 一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』 渡辺都さん『お茶の味』 高野秀行さん『謎のアジア納豆』 高田崇史さん『鬼門の将軍 平将門』など入荷しています。k.s https://t.co/KVWQD… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます。今日は高野秀行さん『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』や一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』など新潮文庫の新刊が入荷しています。 https://t.co/qWDHW2iiBO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 納豆を食べるのは日本人だけではなかった!  世界を駆ける辺境作家が、アジア各地を訪れ、さまざまな納豆民族と絶品料理に出会います。 #高野秀行 著『#謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』、5月28日発売。 担当Aも毎朝納豆食べてます! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌社WEBストアでは、池澤春菜さん、大山顕さん、高野秀行さん、宮田珠己さん、北原尚彦さん、清原なつのさん、沢野ひとしさん、平松洋子さん、荻原魚雷さん、都築響一さん、たくさんの著者の方のサイン本を販売しております。オリジナルグッズや本の… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑