*

タマキングにカヌーを習う

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先週の金曜日、またしてもタマキング(宮田珠己)と一緒に川へ出かけた。
私は来年初めにメコン川を二ヶ月くらいかけてカヌーで下ろうかと思っているのだが
なんせカヌーをほとんどやったことがないので、
経験者の宮田さんに習おうと思ったのだ。
(写真・右:私にパドルの使い方を指導する宮田コーチ)
行ったのは栃木県から茨城県にかけて流れる那珂川。
初耳だったのだが、「関東一の清流」として有名、
川下りの場所としても有名らしい。
カヌーは「本の雑誌」の杉江さんが二人分貸してくれた。
私たちが下るコースは初心者向けで
「95%撃沈の可能性はない」と宮田・杉江の両コーチが口をそろえていたのに
私は2回もチンして、一度は1キロ近くも流された。
宮田さんも私を救助しようとして気の毒にも一緒に流され、
そんなナイスな二人を観光客が面白そうに見物していた。
目的地では車で先回りしていた杉江さんがカレーを作って待っていてくれた。
川原のカレーはうまかった。
ビールを飲みながら、あたかもメコンを制覇したような充実感で
しばし歓談。

ところで杉江さんはこの日のために有給をとり、
サポートを一人で全部やってくれた。
どうしてここまで我々の面倒を見てくれるのか謎だったが、
帰りに、浦和で彼が強引に「聖地を巡礼しに行きましょう」と
ハンドルを切って埼玉スタジアムに向かったので疑問は氷解した。
そうか、レッズ教の布教活動だったのか。
私はその日の恩義もあるしレッズ教徒の敬虔さに感銘を受けたふりをしていたが、
タマキングは「僕はもしサッカーのサポになるならガンバ大阪だな」と軽く杉江さんをノックアウトしていた。
川下りの技術もさることながら、この冷酷さも学ぶ必要があるかもしれない。

関連記事

no image

白水社のウェブ

つい2週間ほど前、本の雑誌の杉江さんとマラソン本の打ち上げをしたとき、 「全然執筆の依頼が来ないんで

記事を読む

no image

なぜ妻子持ちは超過酷に挑むのか

1カ月ほど前、鏑木毅『激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン』(新潮社)という本を読んで感銘

記事を読む

no image

NHKの仕事でまたミャンマー

(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より) ※こんな映像が撮れればいいのだが…    

記事を読む

no image

深谷陽というアジア風天才漫画家

日本にいる時間が残り少なくなってきたので、 駆け足で紹介。 先日行われたmixiのイベントに、純粋

記事を読む

no image

ヘンタイ監督の話

今月号の『映画秘宝』(洋泉社)で、大槻ケンヂと小沢真珠の対談が載っている。 話題は、佐藤圭作監督『

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

連投初戦で同志発見?!

先週の木曜日から月曜(昨日)まで、5日間で4回の飲み会。 しかもほぼ全てが深酒。 まるで昔の稲尾

記事を読む

no image

辛いけどあとで楽しい奥泉山の登山

最近本の感想がとんと書けなかったのは、一つには仕事や雑務で読む時間が少なかったからだが、もう一つの

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PV&オタク本の魔力

『謎の独立国家ソマリランド』発売1カ月を記念して(?)、 プロモーション映像を作った。 http

記事を読む

no image

ビールで放射能が保護できる!!

「しん」さんという人のコメントでサイトを開いたら、 こんな記事があった。  なんとビールが放射線を保

記事を読む

Comment

  1. あづま より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    しっかし、どんだけ仲いいねん、ふたり(大笑)
    杉江さんも楽しんでるなあ。羨ましいです。
    今度おばちゃんも誘って。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行辺境チャンネル」は、こんな感じで肩の力を抜きつつ、しかし高野さんと高野さんの作品の魅力と真実に迫ってます。チャットやQ&Aを利用して皆様の質問にもどんどん答えて参ります。 次回は8月1日(土)14時から、テーマは『謎のアジア納… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌8月号発売となりました!大人気連載、高野秀行さんの「SF音痴が行くSF古典宇宙の旅」は、ついにSF初心者の前に高く険しくそびえ立つイーガンに挑みます。様々なサポートに助けられ、高野さんはイーガンを踏破することができるのか?!大注目で… ReplyRetweetFavorite
    • RT : [今日の新着記事] 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行|本の山|KIKI https://t.co/KNNShRiZMX ReplyRetweetFavorite
    • 11日間の東北旅行を終えて帰宅するなり、留守中に届いていた「本の雑誌」と「UP」(東京大学出版会)をむさぼるように読んでしまう。前者は落語本の特集が、後者は川添愛さんの「言語学バーリ・トゥード」が嬉しかった。川添さんがプロレスだけでなくプロゴルファー猿も好きなことも!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 次回の高野秀行オンラインイベント『辺境チャンネル』は、3週間後の土曜日、8月1日午後2時スタート!チケット発売中です! https://t.co/vsjZb8UY5K ReplyRetweetFavorite
    • RT : 日本以外にも納豆は存在するんですね! 「納豆のような柔らかい粘っこさで周囲を巻き込んでいく展開」に興味津々。早く読んでみたい。(竹) 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行 本の山|KIKI - 幻冬… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑