*

アブ&すぎえの寿司コント出演受付中

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2013.09.12abdin-sugie
集英社文庫の担当編集者だった故・堀内倫子さんのお墓参りに行った。
講談社ノンフィクション賞受賞の報告である。

杉江さん、ワタル社長、アブディンと生前、堀内さんと親交のあった四人で多磨霊園を訪れたが、
この四人が集合すると、平均年齢40歳にもかかわらず、なんだか「スタンド・バウ・ミー」のようになる。

お墓の場所がわからないとぎゃーぎゃー騒ぎながら、広大な霊園をうろうろし、
真っ昼間なのにヤブ蚊に刺されまくって悲鳴をあげ、アブのおやじギャグや
守護神ミコライオを先発させて逆に中継ぎから先発につなぐという大胆な広島カープ投手起用案を
繰り返し聞かされながら、お墓参りを終える。
堀内さんもさぞかし呆れたにちがいない。

帰りはどこかで昼飯となったが、ここで最初から懸案事項となっている「何を食うか」という問題が生じる。
アブは大の寿司好きで、私と会うときはそれ以外食べないくらいだが、偏食大魔王の杉江さんは寿司が食えない。

「杉江さん、寿司が食べられないんだから、他のものにしようよ。ピザとかさ」とすごく表面的にアブが気をつかうと、
「いや、ぼくはピザもダメなんです。チーズが食えないから」
「え、チーズもダメ? ああ、もう救いようがないね!」
 このアブの杉江さんイジメはすでにお約束のギャグとなっている。

結局、杉江さんの意向などまるで無視してみんなで調布パルコの寿司屋に行き、またしてもアブが「寿司が食えなくて生きてて何が楽しいのか」と杉江さんイジメを始め、すると杉江さんが意地になって寿司を頼み、片っ端から飲み込む。
「おっ、寿司食ってるの! 食えるの?!」と驚くアブに、杉江さんは「どうして寿司食ってスーダンの人にぼくが驚かれなきゃいけないんだ!」と答え、ほぼこちらの期待通りのコントを大声で展開。
他のお客さんも、笑いをこらえていたにちがいない。

私たちだけが見ているのは勿体ないほどの完成された二人の芸をぜひ一般の方にも見てもらいたいと痛切に思った。
書店のイベントとか、どうだろうか。
アブと杉江さんの寿司トークイベントなんか面白いと思うのだが。

あとぜひやってもらいたいのはラジオ。
アブをパーソナリティにして、レギュラーに杉江さん。
で、アスクルに出てくる人たちを片っ端からゲストに迎えてしゃべってもらう。

それからアブは(これは本気で)広島カープの本を書きたがっている。

以上、アブと杉江さんのお笑いコンビへの出演依頼を絶賛募集中です。

関連記事

no image

目指すはドリトル先生

読者の方からご指摘があったが、今回の『メモリークエスト』のカバーは 「ドリトル先生」をイメージした

記事を読む

no image

水泳大会&妻帰る

先週は虚ろな日々を過ごしていたが、 日曜日は前々から予定されていた巣鴨での水泳大会。 リレーのメンバ

記事を読む

no image

「怪魚ウモッカ格闘記」も進行中

『怪獣記』(講談社)の発売が迫っているが、 ウモッカのほうも負けてはいない。 9月下旬発売の予定で着

記事を読む

no image

趣味は仮説

私は仮説を立てるのが趣味である。何かを見たり聞いたりしたとき、「これはもしや××とつながるの

記事を読む

no image

怪獣ノノゴン、上智に現る!

「探検業界の寅さん」「永遠の日雇い青年」こと野々山富雄氏が 上智大学の対談ゲストに登場。 かつて一

記事を読む

no image

草思社倒産

草思社が事実上、倒産した。 あれだけコンスタントにベストセラーを出し、 一時は幻冬舎と並んで新聞で紹

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

新連載「謎の独立国家ソマリランド」本日開始!!

web本の雑誌にて、新連載「謎の独立国家ソマリランド」が始まりました。 この連載はもちろん本にするた

記事を読む

no image

ソマリアの海賊裁判は面白い!

ほとんどの人が知らないと思うが、ソマリアの海賊が日本に来ている。 日本も国際協力の名の下に法整備を行

記事を読む

no image

かっこいい公務員たちの物語

片野ゆかの『ゼロ!こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?』(集英社)が本日発売である。

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    呼んで下さい!
    「アスクル」の「恋愛編」とか(含、杉江さん)、「子育て編」「おたっしゃクラブ編」とか。
    ラジオでなくても、寿司喰えなくてもいいです。
    いろんな人とバカ話したい。
    あ、屋久島の日常(ケッコン生活)が、イヤなワケではないですよ、断じて。

  2. ajiketo より:

    私も(必然的にK師範も)基本OKです。
    バカ話大会やりましょう!

  3. 太郎 より:

    NONOさん、無理は続かないですよ(笑)
    TYOで羽を伸ばしましょう・・・・(悪魔の囁き)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • つい自分のことを喋りたくなるというのはいい本の証拠ですよね。「弱い本」という概念も新鮮でした。 https://t.co/diLzGixbfC ReplyRetweetFavorite
    • 食べる(理解する)のも出す(感想を言う)のも難しい本でした。食べて出すというのは本当に難しい、それだけはよくわかりました。 https://t.co/Pja7l63gRt ReplyRetweetFavorite
    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑