*

歯ブラシ40本

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

上海に住んでいる後輩のイシカワ(仮名)が一時帰国しており、
ワセダのアパートでビールを飲む。
彼は20年前、私をこのアパートに引き込んだ張本人だ。
「そろそろ日本に移住するかもしれない」と言うので、
「ここに住んだら」と親切に言ってやったら
「えー、それはイヤだな…」
どんな人間でも四十を過ぎれば贅沢になるらしい。
ところで、このアパート、2階の共同の流しになぜか歯ブラシが40本(!)も
プラスチックの桶にささっている。
あれは一体何だろう?
またおかしい人間がいるのか? いるんだろうなあ…。

関連記事

no image

忘年会ゼロで読書

今年の暮れは素晴らしいことに、忘年会ゼロ。 単に友だちが離れて行っているだけかもしれないが、自分の

記事を読む

カーンとハーン

「すごくおもしろそう」と妻が買ってきたインド映画「マイネーム・イズ・ハーン」。  DVDの表紙を見

記事を読む

no image

『怪獣記』がいよいよ…

トルコの怪獣ジャナワール探しの本がようやく手を離れた。 写真にカラーとモノクロがあり、しかも章ごと

記事を読む

no image

ロンドンのカート居酒屋と在仏ルワンダ難民のワイン

 十日くらい前からどうも胃腸の調子がよくなかったのだが、酒を飲むと不思議に治っていた。そのうち、朝や

記事を読む

no image

ダルマ死す。享年17歳9ヶ月

飼い犬のダルマが昨晩、午前2時ごろ息を引き取った。 享年17歳9ヶ月。人間なら90歳くらいの高齢だっ

記事を読む

no image

おすすめ文庫王国2010

この前のエンタメノンフ忘年会で杉江さんに「おすすめ文庫王国2010」をいただいたので それを読んで

記事を読む

no image

狂気の起源を求めて

ビルマ(ミャンマー)難民研究者にして本人は医療難民の大野更紗さんのところに シャン料理をもっていく。

記事を読む

no image

やっぱり見つからない…

月刊『SWITCH』の読書欄で『怪獣記』の著者インタビューを受ける。 行きつけの書店で「旅」に関する

記事を読む

no image

イスラムと仏教

土曜日はイスラム地域を研究している若手研究者の会合に参加させていただく。 研究地域は多岐にわたってお

記事を読む

no image

小島よしおとマッスル板井

 無料出張上映会は好評で、すでに10月末に1件、11月にも3件も依頼が入ってしまった。  まあ、人気

記事を読む

Comment

  1. kazuaki より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さんお久しぶりです。そろそろそっちに行きますんで・・・。

  2. 異星人@地球 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    どんなところを想像していたのか、自分でもわかりませんが、
    伝説のワセダの三畳は、こんなにキレイなんですか?!
    畳が青いみたいだし…窓もあるようだし…うらやましい。(何が?)

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    今、鹿児島にいます。
    部屋がきれいに見えるのはいろいろ取り繕っているためです。
    畳はボロボロなので上にビニールござが敷いてあるし、
    壁もボロボロ(ほんとに触ると崩れて落ちてくる)ので
    誰かがてきとうな壁紙を自分で張ったらしい。
    サイズがいい加減なので、下の壁がところどころ見えてます。
    なので、私が長年寄りかかって黒ずんだ部分は見えないのですが。

  4. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    これがあの数々の出来事の舞台となった三畳なんですね。まさか写真がアップされるとは思ってなかったのでちょっとビックリ。見たかったような、みたくなかったような。意外と綺麗?さわやか?あ、それは高野さんの笑顔があるからかな。

  5. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    あの本の影響で、既に探険部の合宿所と化しているのではないでしょうか?

  6. sxz より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 1.1.4322)
    あ〜〜〜上原数明君。
    生きていたらな連絡しなさい。
    別に要はないけどw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ふと思い出した。『怪獣記』(講談社文庫)が絶版になったのだった。どこかで再文庫化してもらないものか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 語学の天才まで1億光年がメチャ面白かったので次はこれ kindle unlimitedもブラックフライデーで安く契約出来たし この本を読んでみてください: "謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―(新潮文庫)"(高野秀行 著)https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 後半自分の人生に悩む姿が面白かった。僕ら一般読者からすればこんなに面白い本を沢山生み出す天才的書き手もこうして悩む時期もあるのだなと。結局自分の好きなことをやることに徹する展開は各々の生を肯定してくれる。#語学の天才まで1億光年#高野秀行 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 冒険家・高野はなぜミャンマーの麻薬地帯や、謎の独立国ソマリランドや、アマゾンの奥地や、アフリカでの幻獣...『語学の天才まで1億光年』高野 秀行 ☆5 https://t.co/9unBKrl9UD ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行さん×山内博之さんトークイベント」は、大盛況で終了いたしました。語学学習にまつわる大変興味深いお話しでした。と同時に、高野さんファンにとっては、総集編のような、ベスト盤のような、ミステリーの伏線回収のような内容で、あっという間の… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 12月14 日 (水)19時〜 『体はゆく』『語学の天才まで1億光年』W刊行記念 伊藤亜紗さん ✕ 高野秀行さん 「“できる”って探検だ!」 https://t.co/1ALMd1Q0p2 https://t.co/bZDhP4ai… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんご出演の「ゆる言語学ラジオ」で爆笑!知的トークを楽しむすてきな日曜日を! 【飢餓・マラリア・ロケット弾】凄腕作家の危険すぎる語学体験【高野秀行さんゲスト雑談】#179 https://t.co/SI4ynYmgjC ReplyRetweetFavorite
  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑