*

ユーラシア大陸を超えて

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ポルトガルのリスボン在住の言語学者・小坂隆一氏と
二時間以上、Skype(スカイプ)で話をする。
スカイプというのはパソコンを使ったIP電話の一種で、
互いにスカイプに加入しているとどこからでも無料で何時間でも話せる。
小坂さんのことは、今はもう休刊になった「恋するアジア」という雑誌で知った。
カンボジアやタイを中心に東南アジアや中国でフィールドワークを重ねた研究者で、
内容も濃いし、文章もめったやたらにおもしろい。
三年前、リスボンに行ったとき、小坂さんに会って、
毎日何時間もノンストップで言語の話に夢中になった。
お互いに、身の回りに東南アジアの言語のことなんか
喋りあう相手がいないので、飢えていたのだ。
以後、あまりに距離が遠くてしゃべれないでいたが、
最近そのスカイプというものの存在を知り、私以上にネットに疎い小坂さんに教え、
やっと「会談」が実現した。
会談といっても、素人の私が質問し、専門家の小坂さんが片っ端からそれに答えるというものだが、ユーラシア大陸の東端と西端に住む二人が、東南アジアについて熱く語り合うなんていうのはネット時代にならなかったら不可能だった。
予想通りの楽しさだったが、ゾウ語研究はむずかしいことがわかり、
ちょっとガッカリ。
え、ゾウ語研究って何?…と思われるだろうが、
それについてはまた今度。

関連記事

no image

なぜか、まだ日本にいる…

なぜか、まだ日本にいる。 ミャンマー取材の許可がまだ取れず、出発が伸び伸びになっているのだ。 本来な

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

トルコ・ワン湖の怪獣

> タカさんというUMA(未確認動物)ファンの方から、今話題となっているいろいろなUMAを紹介

記事を読む

写真の才能5%、四倍増計画

かつて「高野さんには写真の才能が5%くらいしかない」と友人の写真家G師匠に言われた。5%とは何の

記事を読む

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

no image

「間違う力」と「巻き込まれる力」

話すと長くなるが、成り行きで、ソマリランドの新聞に日本の中古車輸出会社の広告を載せるという仕事をやっ

記事を読む

no image

野宿イベント

昔、上海の安宿で若い日本人旅行者に会ったことがある。 「前にどこかで会いましたよね?」と彼は言うが、

記事を読む

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

テレビ、週刊誌

 週刊Aよりある本の書評をしてほしいと頼まれるが、実はすでに全く同じ本を週刊Bから頼まれていたので、

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    た、高野さんよりネットに疎いと言うのは
    想像出来ませんが・・・・・
    SKYPEが使える国は良いですね、本当に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行フェアですが、場所を変え品を変え開催しております。何故か初期作品の方が売れ行きが良かったので追加してみました2作品と、文庫新刊の「辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦」(集英社)。この本もかなり面白いです。読める気がしない本を読んだ… ReplyRetweetFavorite
    • 現実はSFより奇なり、だ。200頁足らずの本だが学術書のため4800円もする。だから一般の読者にお勧めはしないが、興味のある人には読む価値が十分すぎるほどある。ていうか、マジおもしろい。 https://t.co/5c390UwAXF ReplyRetweetFavorite
    • 最近、「本の雑誌」連載のためSF小説を集中して読んでいたが(詳しくは同誌に書く予定)、一段落したので、人類学の本を久しぶりに読んだ。砂野唯著『酒を食べる エチオピア・デラシャを事例として』(昭和堂)。なんと、栄養摂取の方法として酒しか飲まない民族がエチオピアにいるという(つづく) ReplyRetweetFavorite
    • わけのわからない本の書評なら仲野先生の右に出る者はないですねー。 https://t.co/GPmnRcxG8V ReplyRetweetFavorite
    • 本格お笑い言語エッセイ第2回「新たな敵とリンガラ語」。新たな敵とは意外な人物でした。https://t.co/f4KORHhsXn ReplyRetweetFavorite
    • RT : 探検ジャーナリストがアフリカと韓国に納豆を追う https://t.co/HDSDmFpIAH 「なんでまた!?」と突っ込みたくなるテーマ。そういうプロが手をつけない領域に飛び込んでいくのが、在… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの魅力がびしばし伝わるオンラインイベント「高野秀行辺境チャンネル」の次回開催は11月7日(土)14時スタート!テーマはあの驚きの展開の衝撃作『怪魚ウモッカ格闘記』。Q&Aやチャットを使っての質問もお気軽にできます。ただ今見逃し視… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑