*

寿司と酒

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

久しぶりにスーダンの盲人留学生アブディンと会い、
珍しくイスラムの話など真面目な話をしたが、そのあとはいつもどおり下ネタに流れる。
その後、すし屋でランチの寿司を食べる。
アブはえらい寿司好きで、以前、本の雑誌の杉江さんに会ったとき、
杉江さんが生の魚を食べられないと聞き、
「寿司はうまいよ。一度騙されたと思って食べてみなよ」としつこく説得して、
杉江さんが「どうしてスーダン人にこんなこと言われるのか」と困惑していたものだ。
夕方、その杉江さんも参加して、吉祥寺の飲み屋で伝説のミニコミ誌「酒とつまみ」のインタビュー。
主宰者である大竹聡氏は肝臓のγ-GTPの数値が1000を超え、
(正常値は50以下)
医者から「これ以上飲んだらほんとに死ぬ」と言われて、断酒の最中で一人ウーロン茶を飲んでいてが、
素面とはとても思えない言動を繰り返していた。
断酒の禁断症状かもしれない。

関連記事

no image

「少しよろしいですか」

打ち合わせがあったのだが、電車に乗ってから肝心の原稿を忘れたことに気づき、 愕然としていったん帰宅。

記事を読む

no image

本物のダービーをつくる方法

イビチャ・オシム『考えよ!』(角川ONEテーマ21)を読む。 例によっていろいろな提言に満ちている

記事を読む

no image

セルビアの宍戸錠

セルビア共和国の首都ベオグラードに こんな人がいた。 動物の皮で作った不思議な楽器を演奏していた。

記事を読む

no image

Bhutan ni tsuita

Ottoi Bhutan ni tsuita. Sono hi wa hareteite yokat

記事を読む

no image

名犬ロンドン

名犬ロンドンのDVDが届いた。 1963年にカナダで作られたテレビドラマシリーズで、一回30分。

記事を読む

no image

板みたいなもん…

実家の親に頼まれ、新しいパソコンのセットアップに行ったのだが、 niftyのありえないようなシステ

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

ラジカル佐藤英一先輩逝く

昨日は大阪に行ってきた。 早大探検部で私より2つ上の先輩が心筋梗塞で急逝し、その告別式があったのだ

記事を読む

no image

来たれ、ポロロッカ!

昨日、『困ってるひと』に重版がかかったという知らせが届いた。 発売後たった6日のことだ。 よく「発売

記事を読む

no image

探検部映像50年史のお知らせ

早稲田大学探検部50周年映像史が、早稲田祭の期間中に 早大で上映されることになった。 ほとんどNHK

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑