*

話題には気をつけたい

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

上智大学の講義8回目、ゲストは作家兼料理人の黒田信一氏。
「ラオスでカフェをやったら大変だった」というのがタイトルだが、
黒田さんはただでさえおかしい人であるうえ二日酔いでふらふらしているし、
私も例によって何も決めてないので、
話題はめちゃくちゃ。
映画館から干物売りへの転身、
家事手伝いの極意は「手際」、
中国切手で一日に600万儲けた中国人、
オープン以来一度もコーヒーを出していないラオスのカフェ…。
しかし、いちばんすごかったのは講義終了後だ。
「ねえ、未知動物ってさ、排泄物とか発見されてるの?」と聞かれたとき。
「いえ、全然」
「そうかあ。だってさ、どんな動物だって排泄物があるわけじゃない?
映画のガメラ対ギャオスでギャオスのウンコを分析するシーンがあるんだよ
人を食ってるからメガネとか服とか髪の毛とか出てくるんだけどさ、
ギャオスって体重120トンなんだよ。
そんな動物のウンコは一回2トンはあるよ。
そんなウンコが空から降って来たら高円寺の町は壊滅だよ!」
そこまで聞いたとき、私は「黒田さん、その話はあとにしましょう」と言った。
なぜなら、そのとき私たちは込み合った定食屋で昼飯を食っていて、
店中が形容しがたい緊迫感に包まれているのに気づいたからであった…。

関連記事

no image

『困ってるひと』ついに発売

大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)がついに発売となった。 今アマゾンで見たら、180位である。

記事を読む

no image

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、 第3回 酒飲み書店員大賞を受賞し

記事を読む

no image

盲目の吟遊詩人

「メモリークエスト」が更新された。 今回の依頼は「盲目の吟遊詩人を探せ!」。 場所はラオス。 いや、

記事を読む

9月30日ドキュメント受賞式

朝6時起床。7キロ、ジョギング。 朝飯でついうっかりビールを飲んでしまう。 パソコンがネット

記事を読む

no image

「高野秀行」の新刊?!

またもや「高野秀行」の新刊が出た! …といっても、今度は同姓同名の将棋棋士の高野秀行五段の著書だ。

記事を読む

no image

スイスのFWはコンゴ人

昨日、本の雑誌の杉江さんとスーダンのアブディンと打ち合わせをし、 寿司好きのアブが、寿司アレルギーの

記事を読む

no image

ポプラ社で「ムベンベ」キャンペーン?!

ポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」の日替わり表紙写真(「本のある風景」)が6月29日、「ムベ

記事を読む

no image

高島先生の新刊

高島俊男先生が新刊を送ってくださった。 早速読んでみたが、これもまた名著です。

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

旅のトリビア「たびとり」

突然だが、フジテレビの「トリビアの泉」という番組をご存知だろう。 何の役にも立たないが、面白い(とい

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ギャオス(平成版)のそれは、ウンコではなく、
    鳥の吐き出すぺリット(未消化物の固まり)です。
    ギャオスは完全無欠の遺伝子操作獣なので、ペリットを吐いていれば、
    肛門からの排斥物を出す必要もないかもしれません。
    「ガメラ3」では、粉砕されたギャオスの残骸で、
    渋谷、壊滅!というシーンもありました。
    まあ、どうでもいい話ですが。

  2. 義姉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    オーストラリアから科学的根拠のある情報を提供します。全長30メートル、最大の恐竜ディプロドクスは一日に1トンの排泄物を出していたと考えられています。この話、ちょうど夕食中に見ていたテレビ番組でしっかり聞いてしまいました。英国BBCの科学番組で、「恐竜の生態」とか何とかいう題名でした。いっしょに見ていた夫も思わず顔をしかめて、「もしそんなのが生きてたら、うちのちっちゃい裏庭なんかすぐ糞に埋もれちゃうじゃないか」と一言。「そおねえ、私たち、今の世の中に生まれて幸せよねえ」と答えましたが、心なしか残りのおかずの味が変わったように感じられました。・・・・・長らく忘れていましたが、このブログを読んで思い出してしまったある日の体験でした。

  3. ガメラ医師 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; T312461; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
     こんにちは。突然のコメントで誠に恐れ入ります。
     私は「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。2005年8月以来、映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事にはガメラの検索から参りました。
     拙Blogでは従来より、平成版ガメラに言及した記事をまとめておりまして、この度12月9日付けの更新、
    「ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2008/12/09」
    http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/e9ad7943da58035992da3bf78d985ac0
    中にて、こちらの記事を引用・ご紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上しました。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
     長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     なるほど、排泄物、確かに生き物ならばかならっず出すはずですね。
     卵とか骨とかは探していましたが、これからは排泄物にも気を
    つけて調査してみます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑