*

米軍による驚くべき支援

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという仕事があったので、参加した。
20トントラック1台、小型トレーラー1台、ハイエース1台に荷物を積み、私たちボランティアはマイクロバスでついていく。
東北道は快適で、暖かい日差しで車内はぽかぽかし、なんだか遠足に行くよう。
ボランティアの参加者は、平日だけあって、学生か変わり者のどちらかという感じ。
全部で18人しかいないのに、その中に「クリケットを日本で最初に始め、今は指導と普及活動をしている」という人、
「ケイリンの指導と普及に努めている」という人、
「知的障害者のためのスペシャル・オリンピックの陸上と競泳の指導と普及活動をしている」という人がいて、
まるでマイナー・スポーツの指導と普及のために宮城の被災地へ行くようだった。
サービスエリアは水も食料も潤沢で、まるで何事もなかったかのようだが、
たまに新幹線と交わるところでは、新幹線の電柱が何本も傾いているのが見え、
新幹線の復旧は遠いのが見てとれた。
東北道を下りると、ガソリンスタンドに車がものすごい列をつくっている。
3キロか4キロは並んでいたのではないか。
途中のサービスエリアでは燃料とおぼしきドラム缶を大量に積んだ自衛隊の車両を見かけたが、なかなか全体には行き渡らないようだ。
目的地は宮城県の黒川郡。
行ってみればこぎれいなホームで、被害もごく軽かったらしい。
そこに荷物を下ろし、あとは小さい車で激甚な被害を受けた他のホームに運ぶという。
結局、本当の「被災地」には行けずじまいで残念だったが、
しかたない。
代わりにといったらなんだが、災害支援の経験が深い調布市議会議長(一緒に荷物を運んでいた。調布はすごい!)や防衛省の職員(ボランティア参加者)などの話がなかなか勉強になった。
防衛省職員の人によれば、米軍と自衛隊はともに空から食料の配給を行っているが、
やり方は全然ちがうと言う。
「自衛隊は前もって『これから行きますよ』とアナウンスをして、ちゃんとヘリで下まで下りて、直接住民に「はい」と手渡す。
でも米軍は現地にいきなり行って、ヘリの爆風で住民が逃げたところに、上からどさっと地面に落として帰って行く。
『その方が効率がいい』って彼らは言うんです」
なるほど、さすがアメリカン。ドライで合理主義だ。
しかし、こんな方法をアジアの戦地でとったら、決して好感は持たれないだろう。
さらに驚いたのは米軍の配給食料に「真空パックの巨大な生肉」があったという話。
(これはその職員の人の独自情報か一般に出回っている話か知らない)
被災地には十分な燃料がないし、仮に燃料があったとしても、調理の仕方もわからないし、道具もない。
被災者の人たちは「こんなもん、どうしろっていうんだ?」と戸惑ったらしい。
アメリカ人は現地の人のことを何も考えていないと誰かが批判したら、
「そんなことはない。われわれも日本人のことをちゃんと考慮して、肉と一緒に醤油を投下している」と答えたとか。
どうもアメリカ人は、日本人は醤油さえあれば万事OKと思っているらしい。
前日のタイ人による仏像支援もそうだが、支援にもお国柄はちゃんと出るようで、
暇があれば是非研究したいところである。

関連記事

no image

ソウル・ショック!

ソウルより帰国した。 予想以上に驚くことがたくさんあった。 まず、ひじょうに残念な話。 最初の目的で

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

もう10月

いつの間にか10月になっていた。 先月読んだ本の中から面白いものをまとめて紹介しよう。 吉田誠一『ヨ

記事を読む

no image

酒に呑まれる

エンタメノンフ文芸部分会(?)で 内澤旬子副部長と、上野界隈で飲む。 まずガード下の屋台街で、豚メイ

記事を読む

no image

続・能力の限界

これが幻のポスター。 やっと、ブログにアップすることはできた。 しかし、これを元にポスターにするに

記事を読む

no image

アイスランドの陰鬱極まりない五つ星ミステリ

土曜日、「王様のブランチ」で「みらぶ~」が紹介された。『舟を編む』で本屋大賞を受賞した三浦し

記事を読む

no image

溝畑宏とイビツァ・オシム

木村元彦作品読書週間が続いている。 次に読んだのは『溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

no image

異種格闘技戦、夏休み原理主義、未来国家

26日(日)、リブロ池袋店でジャーナリストの木村元彦さんの「争うは本意ならねど」(集英社インターナシ

記事を読む

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑