*

世の中は私の知らない番組であふれている

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

三日間、伊豆に行ってきた。
昼間は外であれこれやっていたのだが、
夜は何もやることがなくすごくヒマ。
事情があって本も読めない。
あまりにヒマなので部屋にあったテレビを見てしまった。
筑紫哲也の追悼番組、「泣ける歌特集」(番組名不明)、
「オビラジ」、「プロフェッショナル」(小三治、宮崎駿、北島のコーチ)
ストリートファッションの何か(って、なんだよ)とか…。
私は日頃テレビを見る習慣がなく、スポーツとスポーツニュース以外では
年に十時間、見るかどうかというくらいなのに、
この二晩で十時間も見てしまった。
つまり一年分だ。
昨日もおとといも特別な日ではない。
ということは、毎日こんなにたくさんのテレビ番組が放映されているのか!
いや、驚いた。
世の中は私の知らない番組であふれているのだ。

関連記事

自殺削減を国策として掲げたいワケ

最近、人に会うと「賞をとって忙しくなったんじゃない?」と言われるが、 実際には賞云々以前に、二

記事を読む

no image

勝利の方程式も崩れるときはある

丹沢・大山登山の翌日は予想通りというか、足が激しく筋肉痛。 トレランの鏑木さんに影響されて、山を駆

記事を読む

no image

イギリスにもタマキングがいた!

書くのがだいぶ遅くなったが、今年最初に読んだ本は早くも今年最高の本になる可能性がある。 ダグラス・

記事を読む

no image

最近の私の動向はこれだ!

最近、人に「今、何やってるの?」と言われることが多い。 たしかに、最近の私の動向は、自分でもわけがわ

記事を読む

no image

有給の旅人たちとユーフラテス

明日からトルコとシリアへユーフラテス河を見に出かける。 来年、ユーフラテスをカヌーか筏か何かで下り

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

アジワンが売れていた

高野秀行フェアをやっている丸善ラゾーナ川崎店を見に行った。 おしゃれな店のレジのすぐ脇でちゃんと展

記事を読む

no image

「中国人の本音」

人気ブログ「大陸浪人のススメ」の管理人で、それを書籍化した「中国人の本音 中華ネット掲示板を読んで

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

no image

だめだめスウェーデン刑事小説

ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)を読む。 「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • つい自分のことを喋りたくなるというのはいい本の証拠ですよね。「弱い本」という概念も新鮮でした。 https://t.co/diLzGixbfC ReplyRetweetFavorite
    • 食べる(理解する)のも出す(感想を言う)のも難しい本でした。食べて出すというのは本当に難しい、それだけはよくわかりました。 https://t.co/Pja7l63gRt ReplyRetweetFavorite
    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑