*

どうしてここで鳴る!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

上智の講義は早くも7回目。
ゲストは映画とフィリピンと在日外国人メディアの専門家・小池昌氏。
かつて私が在日外国人新聞社「エイジアン」(仮名)にいたとき、
一緒に仕事をしていた人である。
小池さんは今までいろいろな大学で講師を務めていただけあり、
いつものゲストより数段、話しなれていて、
実にちゃんとした授業になっていた。
もちろん、私も受講生側である。
唯一残念だったのは、小池さんが昔、フィリピンのポルノ映画を日本に紹介しようとした話。
「日本とフィリピンではポルノもちがいます。
向こうはカメラがいやらしい。なめるように撮るんです…」
と言ったところで授業終了のチャイムが鳴った。
「どうしてここで鳴る!」と本気で叫んでしまった。
(学生たちは笑っていた)
そのあと、いつもゲストとやっているように、小池さんと食事をしたのだが、
なんせ場所がファミレス。
とても続きが聞ける環境ではない。
結局、ポルノ比較文化の話は聞けずじまい。
あー、知りたい…。

関連記事

no image

帰国しました

予定通り、本日インドシナ旅行より帰国しました。ヴェトナム、カンボジア、ラオスの旧仏領三国をメコン沿い

記事を読む

no image

有名人ではありません

この一週間はインタビューが多い。 読売新聞、PL教の雑誌、そして今日は図書館教育ニュース。 最近では

記事を読む

no image

対談は仕事場でなく家庭で

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を 本の雑誌の杉江さん立会いの下、 関東某所に実

記事を読む

no image

帰国しました

昨夜遅くに帰国した。 東京は寒いが、きりっと晴れて気持ちがいい。 ユーフラテス河は、ここで書いたかど

記事を読む

no image

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。 高野本の読者

記事を読む

no image

ハルキとタマキ

「本の雑誌」草むしり早弁号(5月号)が届く。 連載の辺境読書では今回は伊沢正名『くう・ねる・のぐそ

記事を読む

no image

歴史は水で割るべからず

ゲストハウスのそばのソイ(路地)で、カバーにムエタイのポスターをびっしり貼った屋台を見かけた。

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なん

記事を読む

no image

妻が小学館ノンフィクション大賞受賞!

思いがけない事態が起きた。 私と同じくフリーのライターである妻・片野ゆかが今年度の小学館ノンフィクシ

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    続きは聞かなかった(聞けなかった)んですね〜残念!
    でも聞かない方が想像が膨らんでよかったかも知れないので
    これからも決して続きを知ろうとしないで下さい(笑)
    ーで、叫んだのが学生じゃなく高野さんてところが、
    それを笑ってたのが高野さんでなく学生ってところが、最高です!

  2. 彭家声のグラサン タモリかと思った。 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648)
    前の麻薬増産の記事について
    2000年以降、幾度とコーカン自治区(ラオカイとか)へ参ってます。ちなみに私を同業者と思ってください。思うのですが、隣の国での需要が増えたためでないでしょうか?。というのは、以前からルイリーからラショー経由マンダレー方面への物流が盛んで、日本製10トントラックがノロノロと行き来していましたが、なぜか最近ラオカイやクンロンを経由するトラックが増えています。で、隣の国ではミャンマー関連の麻薬密輸入の事案が増えているといいますが、どうなんでしょうか?

  3. のりこ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.4) Gecko/2008102920 Firefox/3.0.4
    上智大学の法科大学院長である長沼範良教授が教え子の女子学生を強姦した事件は国民に大きな衝撃を与えている。刑事訴訟法の権威で司法試験委員でもあるこの法科大学院長は、今までにも多数の女子学生を強姦し彼女たちの人生を破壊してきた。この教授は受け持つ科目の成績を悪くつけてなかなか単位を取らせないので知られている。しかし本当は、学生ができていてもかわいい女の子にはわざと悪い点をつけてそれをネタに脅迫して強姦に追い込んでいたというのが真相なのだ。今回の強姦でも一年生の女子学生にことさら「キミの成績は悪いよ」と脅迫し「司法試験委員の私が強姦すれば合格は間違いなしだ」と迫っている。こうして彼女のスカートとパンティーを一挙に下ろして長沼範良教授は女子学生を裸にしたのである。大学の科目や司法試験が強姦の道具に使われている現在こんな悪逆非道な試験など受けたくもないし、政府の要職についたやつらはこんなにたくさんの何の罪もない人々の人生を破壊してきたのだ。この強姦法科大学院長は、逃げ出した女の子からはぎとったブラジャーなど下着を教授の自宅にまで持ち帰っているのは追いはぎにも劣る醜悪さである。このあいだ東京大学法学部の教授が女の子のおシリにむしゃぶりついて逮捕されたように、この強姦法科大学院長も東大法学部出身で子どもの権利を守るとか政府の委員会でほざいていたのが教え子の肉体も精神も破壊しまくっているのだ。表向きは善良そうでも裏では犯罪やり放題の凶悪犯どもは学問を利用して次々と教え子をヤイバにかけて食い物にしている。こんな最悪の日本を滅ぼさなければならない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑