*

南伸坊氏のカバー完成

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 来年2月刊に集英社文庫から刊行される新作「異国トーキョー漂流記」(これが正式なタイトルになった)。
 昨日、表紙のイラスト・デザインが編集者経由で送られてきた。
 「ワセダ三畳青春記」に引き続き、南伸坊氏がやってくれた。(「三畳記」が南さんの装丁であることを知る人は少ないが、実はそうなんです)
 
 今回は、「三畳記」とちがい、へんなおっさん(ほんとは若者だけど)がドーンと出ているインパクトのあるもの。
 なかなかおもしろく、これなら南伸坊氏の作品とみんな気づいてくれるだろう。
 ちなみに、南さんはこの本を読み、「とてもおもしろかった」と言ってくれたそうだ。
 南さんは本の「目利き」としてもよく知られるだけに、けっこう嬉しい。
 ちょうど昨日は私も同じ本のゲラを読み、著者校正をした。
 私は自分で書いたものも、二、三週間もすれば、みんな忘れてしまうので、「へえー、こんな話だったんだ」とまったく他人事のように読んでいた。
 文章がおかしいところは、「ったく、こいつ、下手くそだな」とかつぶやきつつ、赤を入れる。
 かなり苦労したはずなんだが、読むとそんな感じはしない。
「いったい、どこをどういうふうに苦労したんだろう?」と考えたが、思い出せないので、やめた。

関連記事

no image

私も外出作家へ

珍しく朝から快晴。 空気が澄み渡り、なにやらトルコのワン湖周辺にでもいるようだ。 部屋にこもっている

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

『怪獣記』がいよいよ…

トルコの怪獣ジャナワール探しの本がようやく手を離れた。 写真にカラーとモノクロがあり、しかも章ごと

記事を読む

no image

絶滅動物の生き残り?

さて、マリンダはいったいなにものなのか。 既知の現生哺乳類にはこんな動物はいない。 ところが、過去に

記事を読む

no image

炎のドトール執筆日誌

「もうダメだ!」と叫んで家を出たのが去年の夏だった。 原因はインターネット。 常時接続なので、原稿を

記事を読む

no image

エンタメ・ドキュメンタリー

フジTVの『フジテレビ批評』という番組に出演した。 テーマは「エンタメ・ノンフとエンタメ・ドキュメン

記事を読む

no image

フーテンのマハさん

「小説すばる」の「海辺で読みたいブックガイド」という企画で、先日『楽園のカンヴァス』(新潮社)で山本

記事を読む

no image

また増刷

「異国トーキョー漂流記」(集英社文庫)の増刷が決まった。 これで三ヶ月連続で増刷だ。 運がよすぎるの

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境はいい

 ミャンマーより帰国した。  たった一週間の慌しい旅だったが、同国最北部の辺境地まで行き、イラワジ

記事を読む

no image

明日、いや今日出発。

もう深夜2時。 まだ何も準備していないが、 明日というか今日の朝5:20に家を出なければならない。

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    わー楽しみです!
    南伸坊とか、大槻ケンジとか、宮部みゆきとか、
    それだけの人たちに絶賛されながら、
    でも売れない高野秀行。
    一種、貴重に凄いよなあ!
    ところでオレは、
    「あの高野秀行の本にオレ出てるんだぜ!」
    と自慢したいためだけに、
    「幻獣ムベンベを追え」をお客さんに配ったりしてるんですが、
    (作者以外で最もあの「ムベンベ」を買った男です。100冊は買ってるゾ!)
    アマゾンで購入しても、やっぱり初版です。
    でも、カバーには「アマゾン」や「ワセダ三畳」の作品名、出てました。
    つまり、カバーは新しくなってる!
    頑張れ!高野!初版童貞は必ず打ち破れる!
    それから、2月20日の販促(反則?)イベント。
    お邪魔出来そうです。ご迷惑でなければ。

  2. わたる より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.12
    ののさん、こんばんわ。
    日曜日のカウンターは平日のそれとはうってかわって寂しい限りですね。
    会社でのアクセスが減ったため(サラリーマンがメイン層?)
    土日の活動に忙しい若者がメイン?
    と、ふたつの理由が考えられますが、どうも前者の様な気がします。
    さて、イベントの件ですが、2月の開催がいろいろな都合で難しくなりました。企画も含めて再考している最中です。
    詳しいことが決まりましたらご連絡しますので(ののさんゲスト?)しばしのお待ちを。

  3. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.11
    もしかしたらメーターがひと回りしてしまった? カウンターが「0」になっててびっくり。
    えー、唐突ですが、この場を借りてお知らせというか宣伝を。
    『ぼく、ドラえもん。』という雑誌があるのですが、この第9号と
    第14号に高野さんのエッセイを掲載させていただいてます。
    9号では、タイでジャイアンを発見した話。
    14号では、探検家からみたのび太とドラえもんの冒険について書いていただきました。
    バックナンバーを揃えた書店も多いと思いますので、書店で手に取ってみてください。失礼いたしました!

わたる へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑