*

「間違う力」と「巻き込まれる力」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

話すと長くなるが、成り行きで、ソマリランドの新聞に日本の中古車輸出会社の広告を載せるという仕事をやった。
このブログの管理もしてくれているワタル社長を煩わせ、
デザインを作り、向こうの友人に送り、さらに自分でも現地に行き、新聞をチェック。
主要6紙に広告を依頼したが、2分の1ページという約束が守られず勝手に小さくされたり、
文字が判読できないほどつぶれていたりという理不尽を見つけては、
新聞社に電話を苦情の電話をかけ、それでもやり直してくれない場合は
編集長やオーナーを追いかけて、直談判をするなど、
まあ、苦労したのだった。
昨日、その掲載紙の束をもって、私たちの「クライアント」である調布にある中古車会社に出向いた。
聞けば、あんなに広告を出して、問い合わせはゼロだったという。
何にも役に立てず、初めての「広告代理業」は全くの失敗に終わった。
だが、アフリカ大陸の好景気で儲かってしょうがない状態らしい社長は
「ま、ソマリランドは時期が早すぎたってことがわかったんで、よかったんですよ」と余裕。
こちらも一応、肩の荷を下ろした。
そのあと、同じく調布にあるワタル社長の事務所に行き、
ソマリアのモガディショで撮影したビデオをパソコンに取り込んでもらう。
私は自分で何度もトライしたが、どうしてもできなかったのだ。
これもどうにか完了。
前回のソマリ取材行きの大きな雑務2つがやっと解決した。
ワタル社長には、またしても、いくらもカネにならないのに面倒くさいことにつきあってもらってしまった。これで一体何度目かわからない。
私が「間違う力」なら、あちらは「巻き込まれる力」の持ち主といえる。
次こそは、もっとカネになる話に彼を巻き込みたいと思うのだが。

関連記事

no image

ある天才編集者の死

集英社文庫で私の担当を長らく務めていた堀内倫子さんが急に亡くなられた。 茫然自失である。 堀内さんは

記事を読む

no image

津波の子ども

 津波で両親が行方不明になった子どもについての緊急メールがまわってきた。  添付された写真を見る限り

記事を読む

no image

忘年会ゼロで読書

今年の暮れは素晴らしいことに、忘年会ゼロ。 単に友だちが離れて行っているだけかもしれないが、自分の

記事を読む

no image

判断能力の急激な低下

うーん、参った。 内澤さんの話、何も問題なかったのか。 これでは私がただ赤っ恥をかいただけではない

記事を読む

no image

「なんだかわからない…」魚類研究の大家

先週、魚類研究の大家の先生にお願いし、「謎の物体」映像を見てもらった。 結果は、「なんだろうねえ、不

記事を読む

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

no image

エンタメ・ドキュメンタリー

フジTVの『フジテレビ批評』という番組に出演した。 テーマは「エンタメ・ノンフとエンタメ・ドキュメン

記事を読む

3月〜4月の講座とトークイベント

3月から4月にかけて、私が出演するイベントのご案内です。 3月23日(月)19:30〜 ジ

記事を読む

no image

V字に向けて

後手後手になってしまっているが、2月20日ジュンク堂書店での 「エンタメノンフ三銃士トークショー」は

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    おお、儲かってしょうがない人がこの世の中にいるとは…
    妻の実家が新車の販売業なんだけど、中古車輸出に鞍替えしないかきいてみます。もちろん現地へのコネや語学力や交渉力や集金力に腕っぷし、あらゆるものが必要なんだろうけど。

  2. マフディー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Win64; x64; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; SLCC2; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; MAAR; .NET4.0C)
    スーダンでもやってもらいたいのだが、スーダンの政府当局は中古車の輸入を禁止する措置をとってしまった。
    しかも、新車についても、およそ120%の関税をかけている。
    どんだけ車を敵視してるんだよ。
    残念ながら、ビジネスチャンスがぜんぜんないね。
    だからぼくを巻き込まないでね(笑い)。
    巻き込まれた当のわたる社長ですが、ぼくの家さがしで今巻き込んでいる最中なので、、しばらく近づかないでおいで。
    わたる社長、、、ソマリアだの、スーダンだの、わけわかんないかもしれないが、しばしご辛抱あれ。
     

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.142 Safari/535.19
    土曜日に早稲田大学でスーダン人留学生に会ったのだが、
    ものすごくマジメそうな人だった。
    私の知っているスーダン人とは似ても似つかない。
    あの学生は偽スーダン人じゃないかと思う。

  4. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_3) AppleWebKit/534.55.3 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.5 Safari/534.55.3
    あっちこっちで絶賛巻き込まれ中のわたる社長です。
    高野さん、次は頼みます。
    って、何回おんなじことやってんだろ(笑)。
    おお、アブ!
    うっかり、忘れかかってたよ。
    は〜。いい家、探させていただきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑