*

日曜日のイベント

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。
雨上がりにもかかわらず40〜50人(もっと?)の人たちが集まってくれた。
私は相変わらず声がかぼそくて冴えなかったが、その分、宮田さんがバシバシしゃべってくれたので助かった。
面白かったのがアンケート調査。
高野本と宮田本のそれぞれベスト3とワーストを選ぶというもので、
私のベスト3は
1.『アヘン王国潜入記』
2.『西南シルクロードは密林に消える』
3.『ワセダ三畳青春記』
さすがコアなファンの集まり。一般的にはさほど人気がない(というか文庫化されていないため読んでいる人が少ない)「西南シルクロード」が2位に来て、
「ムベンベ」がランク外とは。
ある意味でベストより気になるワーストは
『神に頼って走れ』&『極楽タイ暮らし』
う、痛い。
自転車本は、旅は最高によかったのに、ブログをそのまま本にするという作戦が失敗だったんだなあ…。
ちなみに宮田本のベスト1は『ウはウミウシのウ』(これもマニアックだ)、
ワーストは『ポチ迷路』。
『ポチ迷路』はそもそも読物でなくて迷路だし、日本文芸史上に残る奇書だから
ワーストも何もないのだが。
二次会は羊肉専門店「ひつじ屋」。
ここに来ていた方々は、PKOで東チモールに行った自衛官とか、
大阪で琉球舞踊のメイクをしている人とか、
以前大久保でタイ料理店をやっていた人とか
上智大学の対談講義に呼びたいような人がぞこぞこいて驚いた。
幹事の吉松さん、ありがとうございました。

関連記事

no image

2007年に読んだ本ベスト10(ノンフィクション部門)

明けましておめでとうございます。 遅ればせながら2007年に読んだ本ベストテン(ノンフィクション部門

記事を読む

no image

un no ochiteiru kata boshu

Bhutan no kita e ittekita. omotta ijou ni samukute

記事を読む

no image

後輩・角幡唯介が開高健ノンフィクション賞を受賞!

猛暑がつづく中、また難民シェルターに行き、コソヴォ出身のアルバニア人に話を聞く。 おみやげに井浦伊

記事を読む

no image

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」

高野秀行の災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」  昨年、新潟中越地震が起きたあと、私はいつになく

記事を読む

no image

ナイロビのカリフォルニアにて

結局、ナイロビ市内は昼前なら歩いても、気をつけさえすれば、 問題ないとわかった。 酒もちゃんと飲んで

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(小説部門)

恒例(といっても2回目か)の「今年読んだ本ベストテン」である。 自分が読んだということだから、今年出

記事を読む

no image

調布VSスーダン

福島からの避難民を受け入れている調布の味の素スタジアムがどんなものなのか 見に行った。 私もボラン

記事を読む

no image

クンサー死去

 韓国へ行っている間だったため知らなかったが、 「元・麻薬王」ことクンサーが死んだそうだ。  私は

記事を読む

no image

急性アルコール分離症候群

昨日、帰国しました。 ソマリランド(&ソマリア)に行ったときはいつもそうなのだが、 だいたい毎日葉っ

記事を読む

no image

民族問題とイスラムはダメなのか

こんな写真が出てきた。 うちには至る所に本があるが、ダルマはそれをいたずらすることは滅多になかった

記事を読む

Comment

  1. 吉松 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.4) Gecko/2008102920 Firefox/3.0.4
    高野さん
    昨日はありがとうございました。
    幹事の吉松です。
    声の具合はいかがでしょうか?
    参加していただいた皆さんにとても喜んでいただき
    幹事冥利に尽きます。
    また、企画をしていきたいと思いますので
    よろしくお願いします。

  2. まる より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    う、うらやましい…。
    こういうイベントに行きたいのですが、北海道からじゃぁ…
    なかなか行けないですから。
    東京に住むしかないですね…。
    いずれ参加したいです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あ、ほんとだ!1988年でした。今までずっと1989年だと思ってた。今年は31周年か。ご指摘ありがとうございます! https://t.co/XA5LqpJZgK ReplyRetweetFavorite
    • いえ、当時から私は事務が全くできず、優秀な後輩たちにやってもらってました。今、彼らが秘書兼マネージャーをやってくれたら、言うことなしなんですが。 https://t.co/JqLR159NYS ReplyRetweetFavorite
    • 実は1989年12月に最初の本『幻の怪獣ムベンベを追え』(後に文庫化されて『幻獣ムベンベを追え』)を刊行した。そしてちょうど30周年記念に「幻のバオバブ納豆を追え」を発表するわけで、この変化のなさには我ながら驚く。 ReplyRetweetFavorite
    • 「幻のバオバブ納豆を追え!」という講演をやります。他の参加者はみな研究者だというのに、私だけこんなタイトル。 https://t.co/x4X419MboR ReplyRetweetFavorite
    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑