*

「本の雑誌」存亡の危機

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ご存じの方も多いと思うが、世界同時不況のあおりを食らい、
本の雑誌社の経営が突然悪化し、
「本の雑誌」も廃刊寸前であるという。
(椎名誠編集長も浜本発行人も誌上でそう明言している)
杉江さんも実は金曜日の上智の講義のとき、私に話したかったらしいが、
あいにくこちらは声が出なかったので、早々に別れてしまったのだ。
スタッフ全員が話し合った結果、椎名さんが実質編集長に20年ぶりに復帰し、
とりあえず行けるところまで頑張る、となったそうだ。
私もずっとお世話になっているし、できることはなんでもやりたいと思うのだが、
さて、私にできることとは何だろうか。
書くことしかないのだろうが、私の単行本は売れた試しがないしなあ…。
しかも、注目が集まる来月号の特集はなんと「タカタカ対談リターンズ」
つまり宮田珠己と私の対談だという。
全然知らなかったよ。
いいのか、そんなので。
読者はきっと、「もうスタッフが投げてしまったんだろう」と思うだろう。
実際にはずっと前から決まっていたとのことだが、それにしても。
これが「本の雑誌」最後の特集にならないことを祈るばかりだ。

関連記事

no image

「またやぶけ」の発見

そうそう、肝心なことをすっかり忘れていた。 奄美で遊んでいるうちに、新刊『またやぶけの夕焼け』(集

記事を読む

no image

Iran no kiken

Iran no Tehran,Esfahan to mawari, ima wa K

記事を読む

no image

また知り合いがノンフィクション賞を受賞!

小説すばる(10月号)に、開高健ノンフィクション賞の発表が載っていた。 それを見て、たまげてしまった

記事を読む

no image

『メモリークエスト』見本とどく

初めてのことだが、2日連続で新刊の見本がとどく。 今度はお待ちかね、『メモリークエスト』。 カバー

記事を読む

no image

ヘンタイ監督の話

今月号の『映画秘宝』(洋泉社)で、大槻ケンヂと小沢真珠の対談が載っている。 話題は、佐藤圭作監督『

記事を読む

no image

ルーマニアの歌姫

「ラフ・ガイド・トゥ~」というCDのシリーズがよくて、最近よく聴く。 今日はルーマニアのジ

記事を読む

no image

「ミャンマー」じゃなくて「バマー(ビルマ)」だった

昨日、高橋ゆりさんからメールが来た。彼女も『ハサミ男』に名探偵サンシャーの話が出てくることにびっくり

記事を読む

no image

旅に出るにはワケがある

わけあって部屋の片付けをした。 ゴミためのようで、足の踏み場もなかったのだが、 片付けるとウソのよ

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

元「たま」石川浩司氏とのイベント

相変わらず花粉症に悩まされ、テンションが上がらない。 あまりに目がかゆいので火曜日に目医者に行き薬

記事を読む

Comment

  1. 浜本茂 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Q312461; .NET CLR 1.1.4322)
    本の雑誌・浜本です。お世話になっています。
    ただいまスタッフ一同全力をあげて「注目集まる来月号」に取り組んでいるところです。
    で、ずっと前から決まっていた特集ですが、違いますよ〜!
    「タカタカ対談リターンズ」ではなく、「タカタマ対談リターンズ」!
    高野の「タカ」と珠己の「タマ」です。「最後の特集」になるかどうかは神のみぞ知る(!?)。
    とりあえず高野ファンのみなさんは、ご期待ください!

  2. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    とりあえず、今月の「本の雑誌」は買いました。
    次号も期待しています。

  3. SAYOSAYO より:

    AGENT: SoftBank/1.0/810SH/SHJ002 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
    初めて投稿させていただきます。高野さんの本の大ファンです。「本の雑誌」そんな事になってるんですね。とりあえず本屋に向かいます!頑張ってほしいです。

  4. ドトウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    この特集は「タカ・タマファン」にはたまらないはず。
    mixi内の高野・宮田コミュで告知してみましょう。
    タイミングとしては発売直前か?
    私にあと出来るのは「定期購読」ぐらい。
    「本の雑誌」には存続を切に願っております。
    この氷河期を生き残って「タカタマ対談」をまとめて単行本にしてくれぃ!

  5. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    がんばれ!本の雑誌社ということでアマゾンで高野さんの
    「辺境の旅はゾウにかぎる」と都築道夫の少年向けシリーズ
    をまとめて購入しました。
    都筑道夫ってなんでこんなに書店で見かけなくなったんだろ?

  6. ぺんぎん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; i-NavFourF; GTB5; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648)
    初めまして!
    長年「本の雑誌」を定期購読している者です。
    今回の件は本当にショックでありました。
    何とかこれからも、ずっと刊行していってほしいものです。

  7. FF14RMT より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Maxthon 2.0)
    恩~はははははは、少し支持し、とても良かったし、鑑赏に値する

  8. 消渇丸 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 2.0.50727)
    消渇丸は中国糖尿病専門委員会推奨商品に認定されています、中国で糖尿病を患者から「命の綱」といわれた逸品です。大変優れた効果を発揮する。

  9. 蟻力神 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 2.0.50727)
    蟻力神(イーリーシン)とは、中国のバイアグラ・精力剤・勃起促進剤と呼ばれている、「瀋陽長港蟻宝酒業有限公司」の製品で、中国の精力剤のパワーを世に知らしめた逸品です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑