*

高野秀行の新刊、続々?!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「高野秀行」の本が続々と出ている。
今度は五段ではなくたしかに私の本なのだが、
韓国語版だ。
すでに『ワセダ三畳青春記』が出ているが、それに続いて、
『異国トーキョー漂流記』(写真・右)、
そしてつい先週(?)何と『極楽タイ暮らし』(左)が出版された。
「日本人の目から見たタイ」を韓国人が読んでどう感じるのか、
もう想像の外だが、なぜか出てしまった。
版元は「時空社」という大手で、全斗煥(チョン・ドファン)元大統領の息子が
オーナーだという。
それにしても毎度のことながら、韓国の本は装丁とイラストがオシャレだ。
特に『極楽タイ』は中にもカラーイラストがたくさん入っており、
実に贅沢な本。
上品な女性読者を意識しているようだ。
とても元の本がワニ文庫だったとは思えない…。

関連記事

no image

また知り合いがノンフィクション賞を受賞!

小説すばる(10月号)に、開高健ノンフィクション賞の発表が載っていた。 それを見て、たまげてしまった

記事を読む

no image

ジャナワール・トークライヴ

コダックフォトサロンで開催されている、カメラマン森清の個展会場で、 角田光代さんとトークライヴを行う

記事を読む

no image

2006年に読んだ本ベストテン(ノンフィクション部門)

小説につづいて、今度は2006年に読んだノンフィクションのベストテンです。 1.山本譲司『累犯障害者

記事を読む

no image

イランの料理をみくびっていた

日曜日、「おとなの週末」で連載開始する「移民の宴」の第2回取材で、 イラン人のベリーダンサー、ミーナ

記事を読む

no image

ここにも藤岡弘探検隊のファンが…

ひょんなことから、作家の古処誠二(こどころ・せいじ)と飯を食った。 つい最近まで私は古処さんのこと

記事を読む

no image

生物「超」多様性問題

探検部の後輩で今、テレビのディレクターをやっている男が生物多様性問題について取材をしているというので

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

no image

おお、神よ、私は働きたくない

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。 単行本の新刊は一年半ぶ

記事を読む

no image

今こそ難民認定と合コンを!

いまこの瞬間も地震で揺れている。 いつまで続くんだろう、というか地震の巣の上に住んでいるようなものだ

記事を読む

no image

メモリークエスト依頼者面談、開始!

都内の某高級ホテルのラウンジで、幻冬舎「メモリークエスト」の面談を始めた。 集まった依頼の中で「これ

記事を読む

Comment

  1. 異星人 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    韓国語版、良いですね。何だか本当に『アジア新聞屋台村』の雰囲気に
    なってきたみたい。(そのうちこの本も韓国語になったりして)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あと「ぜひユーチューバ—とかなってほしいです。めちゃくちゃ人気チャンネルになりそう」という感想もあった。そうか、そういう方向性もあったか。どうやってなったらいいのかわからんけど。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪大学外国語学部で行った講演会のアンケート結果を送ってもらった。概ね好評だったのだが、その中に「〜人、〜族、〜民族の使い分けが気になった」という感想が複数の学生(スワヒリ語専攻)から出ていた。そう、その辺は判断に難しく毎回迷うところなんです。 ReplyRetweetFavorite
    • 来年もたぶんやると思いますので、次回はまず仲野先生に広報します〜 ReplyRetweetFavorite
    • まるで阪大が母校かと思うほど。ありがたいです。 https://t.co/T2DVMLsqlo ReplyRetweetFavorite
    • あまりにも長いブランクに「話が合うかな?」とも思っていたけど、想像以上に盛り上がってしまい、対談が終わってからも喫茶店に移動して、タイのこと、文化人類学のこと、共通の知り合いである研究者(たくさんいた)のことなど、二人で3時間近く喋り倒してしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 首都大学東京の研究広報誌「Miyacology」で綾部真雄副学長と対談。綾部さんはタイの山岳地帯をフィールドとする文化人類学者で、実はタイのチェンマイ時代にときどき一緒に飲んだり遊んだりしていた。それ以来会う機会がなく、今日が25年ぶり(推定)の再会だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑