*

ワット・パクナム日本別院

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「おとなの週末」で始まる連載記事の取材で、
成田にあるタイ寺院「ワット・パクナム日本別院」を訪ねた。
葛飾区から先、千葉方面は雪が積もっており猛烈に寒い。
千葉駅から先の千葉県というのは、電車も一本逃すと次が30分来ないし、
参った。
でも、雪景色のなかにそびえるタイ寺院は、絶対に本場タイでは見られない珍景で
とくにカメラマンの森清は喜んでいた。
肝心の食事もよかった。
20品以上あったが、どれもこれも劇的にうまい。
レストランのタイ料理とは何か根本的に味がちがう。
個人的には「牛の臓物・生ラープ」に撃たれ、
酒が飲みたくなって困ってしまった。
寒いなか、わざわざ往復5時間かけて行った甲斐はありました。

関連記事

no image

角田光代さんと対談

『怪獣記』がいよいよ発売された。 正直言って、私の単行本は今まで全く売れた試しがない。 だから、今回

記事を読む

no image

常識がひっくり返るドキュメンタリー「えんとこ」を見るべし

 12月6日(月)、13:00より、ポレポレ東中野で「えんとこ」というドキュメンタリー映画が特別上映

記事を読む

no image

フロスト警部中毒者に告ぐ

「売れている本はわざわざ紹介しない」というのが私のポリシーなのだが、 全く不本意なことに、ススキノ探

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

ソマリア大飢饉の嘘

やっとラマダンが終わり、新年際の「イード」も終わった。 今日から仕事始め。 だが、新年では大物政治家

記事を読む

no image

山松ゆうきちがインドだ

旅行者業界を震撼させた山松ゆうきち『インドに馬鹿がやって来た』(日本文芸社)の、なんと続編が出版さ

記事を読む

no image

見知らぬ超名作

 日頃から世間とのタイムラグというかズレを感じているが、「フラガール」には本当に驚かされた。 「フ

記事を読む

no image

知らぬが大福

先週の火曜日、本の雑誌の杉江さんがうちに来て打ち合わせ。 妻が不在なので心おきなく杉江さんと談笑、特

記事を読む

no image

mission complete

ima,yatto shuto Dhaka ni modotte kita. shinjir

記事を読む

no image

神奈川の市長問題

ニッポン放送のラジオ番組「ドリームランナー」に出演(収録)する。 パーソナリティは横浜の中田市長。

記事を読む

Comment

  1. スズキ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 3_1_3 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/528.18 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile/7E18 Safari/528.16
    はじめまして。
    成田在住でタイ人妻がいる関係で、ワット・バクナムにはちょくちょく行きます。ソンクラーンやトードガティンの時なんかは全国から数千人規模のタイ人が集まって、辺りは中々の騒ぎになります。機会があれば是非(ただし車を停められる場所が残っているかは分かりませんが・・・)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑