*

だめだめスウェーデン刑事小説

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)
を読む。
「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリーズ」だというのに惹かれたのだが、
もっと惹かれたのは、舞台になっているスウェーデン南部にチェンマイ時代の友達が住んでいるからだ。
ミステリとしては物足りない、というか、ミステリではないのかもしれない。
スウェーデンが当時(1990年代)に抱えていた移民問題がテーマであり、
主人公の冴えないラヴァンダー刑事の悪戦苦闘が読みどころだ。
たとえば、
ラヴァンダーが逃げられた妻に久しぶりに会うチャンスが来たものの、
妻が去ってから自分で掃除、洗濯もできなくて一張羅のスーツは染みがついている。
しかたなく、警察署の秘書の女性に頼んで染み抜きしてもらったものの、
妻との再会に極度に緊張してしまい、
それをやわらげるためにウィスキーをひっかけたら
こぼして、スーツの同じところに染みをつくっちゃって、
「あーあ…」
なんてシーンが最高にいい。
「スウェーデン人とは仲良くなれる」と思わせる作品である。

関連記事

no image

朝鮮名探偵

amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。 特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。 私が人に配る

記事を読む

no image

ノンフィクションの世界はここから始まる

 自分も寄稿した本が届いた。石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)。

記事を読む

no image

最近、高野秀行の本がつまらないと思われている方、私以外にいらっしゃいますか?

最近気づいたのだが、Yahoo知恵袋になんとこんな質問が寄せられていた。 「最近、高野秀行の本

記事を読む

no image

メモリークエスト依頼者面談、開始!

都内の某高級ホテルのラウンジで、幻冬舎「メモリークエスト」の面談を始めた。 集まった依頼の中で「これ

記事を読む

no image

長井健司、ミャンマーに死す

毎日このブログではお気楽な話題を提供していたが、 ミャンマー情勢は緊迫の一途をたどっていた。 私のと

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

人生に生きる価値はない

これまでにも『ぼくは偏食人間』や『狂人三歩前』など、 笑える奇書を連発している中島義道先生の新作は

記事を読む

no image

療養中の人にはアスクル?

「アスクル」、売れ行きはどうかわからないが、 評判はいい。 amazon.comでも、私の本の中では

記事を読む

no image

大作家を斬る!

ある雑誌の増刊号で頼まれていた書評をやっと書く。 私が長らく愛読している、もう亡くなった大作家の作品

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

Comment

  1. ウーマン17 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SO702i(c100;TB;W24H12)
    ウイスキーのくだり、いいですねぇ。素敵です。
    高野さんはミステリが好みなんですか??

  2. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ラヴァンダー警部??? これってもしかしたら、Kurt Wallander の事?マルモの近くの Y Stadt にすんでる。日本語ではラヴァンダーって訳されてるんですね。スゥエーデン語ではそういう風に発音するのかな??英語圏でも彼の作品は結構しられてます。去年BBCでKenneth Branagh が主人公Wallanderを演じシリーズ化され放映されました。今年も続きをやるそうです(楽しみ!)実際にY Stadt で撮影されたらしく、北欧の自然の美しさ、絶妙な光の加減が起こる事件の暗さ残酷さと相反していてなかなかよかったです。ちなみにKenneth演じるWallanderはずーっと無精ひげをはやしていましたよ。一人でもんもんとウイスキーを飲むシーンも沢山ありました。けど北欧インテリアがとっても素敵なせいか不健康な感じはしなかったな。

ウーマン17 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 私はタオルを濡らして首に巻いていた。西欧人のランナーたちには怪訝そうに見られて、中には「それは重くて首によくないんじゃないか」と忠告してくれる人もいた。でも実際は首タオルは体温を低く保ち、すごく快適だった。西欧では知られていないジ… https://t.co/skXMkm6W2L ReplyRetweetFavorite
    • 十数年前、私がサハラマラソンに出場したとき、主催者はレース前に選手たちに「とにかくたくさん水を飲んでください。そして、(給水所で)頭から水をかぶってください」と言っていた。すると実際熱中症で倒れる人はいなかったようだ。日本で「水を頭からかぶる」は難しいが… ReplyRetweetFavorite
    • 私もまだ徹マン効果が続いている。気持ちが高ぶって昼寝しようにも眠れなくて困ってる。この発明はマジで凄いのかも。 https://t.co/J33GKQk6LZ ReplyRetweetFavorite
    • 帰りの新幹線で眉村卓著「ねらわれた学園」(講談社文庫)を一気読み。シンプルな力強さに古典の醍醐味を満喫。 ReplyRetweetFavorite
    • 長野県の菅平高原で開催されている信州森フェスで講演してきた。菅平は涼しい!森フェスは入場無料だから、避暑だけでも行く価値あり。食べ物も美味しいです。https://t.co/B7WUhvoHPc ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【🦍是非🦍】 『渋谷いきもの会議2022』のアーカイブ販売はいよいよ今週末6月25日(土)22時までとなります。三年ぶりの生物パーティーを目撃ください! https://t.co/zTNrOjP04A ※ゲストの宮田珠己氏の登場は開始から約2時間5… ReplyRetweetFavorite
    • 元のカバーと比べてみた。元の方もすごくいいんです。ちなみに内容はこんな感じ。 https://t.co/qTIJtTFEFJ ReplyRetweetFavorite
  • 2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑