*

だめだめスウェーデン刑事小説

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)
を読む。
「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリーズ」だというのに惹かれたのだが、
もっと惹かれたのは、舞台になっているスウェーデン南部にチェンマイ時代の友達が住んでいるからだ。
ミステリとしては物足りない、というか、ミステリではないのかもしれない。
スウェーデンが当時(1990年代)に抱えていた移民問題がテーマであり、
主人公の冴えないラヴァンダー刑事の悪戦苦闘が読みどころだ。
たとえば、
ラヴァンダーが逃げられた妻に久しぶりに会うチャンスが来たものの、
妻が去ってから自分で掃除、洗濯もできなくて一張羅のスーツは染みがついている。
しかたなく、警察署の秘書の女性に頼んで染み抜きしてもらったものの、
妻との再会に極度に緊張してしまい、
それをやわらげるためにウィスキーをひっかけたら
こぼして、スーツの同じところに染みをつくっちゃって、
「あーあ…」
なんてシーンが最高にいい。
「スウェーデン人とは仲良くなれる」と思わせる作品である。

関連記事

no image

再読でも感激できる本2冊

取材で二日続けて神楽坂をうろつき、取材のためのリサーチと称して飲んだくれている。 その合間に、前に

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

ありえねー!

しょっぱなから全く予期しない出来事が起きた。 人為的原因により、ワン行きの飛行機に乗り損ねたのだ。

記事を読む

no image

月刊ランナーズ

なんと「月刊ランナーズ」というランニング専門誌の座談会に呼ばれてしまった。 ランナーでもないのに、

記事を読む

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

no image

宣教師ニコライのファンになる

今、「移民の宴」で在日ロシア人取材をやっているので、その資料として中村健之介『宣教師ニコライと明治

記事を読む

no image

私は魔境に生きた

本の雑誌の杉江さんに勧められ、 島田覚夫『私は魔境に生きた』(光人社NF文庫)を読んだ。 ニューギ

記事を読む

no image

今、日本で最も儲かっているかもしれない輸出業者はこう言った

昨日のブログで書いた調布の中古車輸出会社だが、ほんとうに儲かっている。 半年ほど前、初めて社長に会っ

記事を読む

no image

『神に頼って走れ!』見本とどく

『神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記』(集英社文庫) の見本がさきほど届いた。 すんごく派手

記事を読む

no image

人・脈・記

一昨日、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで二村さんの特集を見た。 いや、生物多様性(生物資源

記事を読む

Comment

  1. ウーマン17 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SO702i(c100;TB;W24H12)
    ウイスキーのくだり、いいですねぇ。素敵です。
    高野さんはミステリが好みなんですか??

  2. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ラヴァンダー警部??? これってもしかしたら、Kurt Wallander の事?マルモの近くの Y Stadt にすんでる。日本語ではラヴァンダーって訳されてるんですね。スゥエーデン語ではそういう風に発音するのかな??英語圏でも彼の作品は結構しられてます。去年BBCでKenneth Branagh が主人公Wallanderを演じシリーズ化され放映されました。今年も続きをやるそうです(楽しみ!)実際にY Stadt で撮影されたらしく、北欧の自然の美しさ、絶妙な光の加減が起こる事件の暗さ残酷さと相反していてなかなかよかったです。ちなみにKenneth演じるWallanderはずーっと無精ひげをはやしていましたよ。一人でもんもんとウイスキーを飲むシーンも沢山ありました。けど北欧インテリアがとっても素敵なせいか不健康な感じはしなかったな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑