*

だめだめスウェーデン刑事小説

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)
を読む。
「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリーズ」だというのに惹かれたのだが、
もっと惹かれたのは、舞台になっているスウェーデン南部にチェンマイ時代の友達が住んでいるからだ。
ミステリとしては物足りない、というか、ミステリではないのかもしれない。
スウェーデンが当時(1990年代)に抱えていた移民問題がテーマであり、
主人公の冴えないラヴァンダー刑事の悪戦苦闘が読みどころだ。
たとえば、
ラヴァンダーが逃げられた妻に久しぶりに会うチャンスが来たものの、
妻が去ってから自分で掃除、洗濯もできなくて一張羅のスーツは染みがついている。
しかたなく、警察署の秘書の女性に頼んで染み抜きしてもらったものの、
妻との再会に極度に緊張してしまい、
それをやわらげるためにウィスキーをひっかけたら
こぼして、スーツの同じところに染みをつくっちゃって、
「あーあ…」
なんてシーンが最高にいい。
「スウェーデン人とは仲良くなれる」と思わせる作品である。

関連記事

no image

やむを得ず朝型にシフトしたが…

2週間くらい前から、ワケあって朝は7時に起きなければならなくなった。 日本では海外に出かけるときか取

記事を読む

no image

凄すぎる、長すぎる、印流小説

 ヴィカース・スワループの『6人の容疑者』(武田ランダムハウスジャパン)をやっと読み終えた。ミステ

記事を読む

no image

生きている、というのは健康によくない

ツイッターで繰り返しぼやいているように、アフリカから帰国してからというもの、 仕事や雑務が山積してい

記事を読む

no image

犬連れ旅はつづく

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。 いわき市と南

記事を読む

no image

ソフィア・ローレンと苔

  人生で初めてのことだが、妻と母親と三人で瀬戸内を旅行してきた。 金比羅神社、直島、そして倉敷とい

記事を読む

no image

内澤旬子と三匹の豚

ジュンク堂新宿店で、宮田珠己部長、内澤旬子副部長とトークショーを行った。 本来、宮田部長が『スットコ

記事を読む

no image

スリランカ人しかいない焼肉屋

探検部の後輩たち数人と渋谷のラブホ街の真ん中にある焼肉屋に行く。 裏情報誌「裏モノジャパン」の編集長

記事を読む

no image

腰痛探検家

11月に集英社文庫から刊行予定の『腰痛探検家』のゲラが出たので、 久しぶりに読み返したところ… あま

記事を読む

no image

風呂と泥酔でリフレッシュを!

ヤマザキマリの傑作風呂漫画『テルマエ・ロマエ3』(ビームコミックス)を読んだ。 第1巻には爆笑し、

記事を読む

no image

Low Positionの秀作3本

ドキュメンタリーの秀作を3本観た。 どれもLow Positionという制作グループのメンバーの手に

記事を読む

Comment

  1. ウーマン17 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SO702i(c100;TB;W24H12)
    ウイスキーのくだり、いいですねぇ。素敵です。
    高野さんはミステリが好みなんですか??

  2. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ラヴァンダー警部??? これってもしかしたら、Kurt Wallander の事?マルモの近くの Y Stadt にすんでる。日本語ではラヴァンダーって訳されてるんですね。スゥエーデン語ではそういう風に発音するのかな??英語圏でも彼の作品は結構しられてます。去年BBCでKenneth Branagh が主人公Wallanderを演じシリーズ化され放映されました。今年も続きをやるそうです(楽しみ!)実際にY Stadt で撮影されたらしく、北欧の自然の美しさ、絶妙な光の加減が起こる事件の暗さ残酷さと相反していてなかなかよかったです。ちなみにKenneth演じるWallanderはずーっと無精ひげをはやしていましたよ。一人でもんもんとウイスキーを飲むシーンも沢山ありました。けど北欧インテリアがとっても素敵なせいか不健康な感じはしなかったな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑