*

逃亡先としての「辺境」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


知人に勧められて、乃南アサの『涙』(新潮文庫)を読んだ。
1964年、東京オリンピックの最中に殺人事件が起こり、それに関与したと見られる若い刑事が失踪する。
刑事の許嫁である主人公が、日本各地を探して回るという筋立てが核のサスペンスだ。
この小説は典型的な「逃亡もの」である。
そして私は逃亡ものが大好き。
なぜなら、逃亡者は必ず「辺境」に逃げるからだ。
逆の言い方をすれば、逃亡者の行く先が「辺境」と言える。
例えば、角田光代「八日目の蝉」(中央公論新社)では、
子供を盗んで指名手配された主人公は
・工事のため立ち退き命令が出て無人となった住宅地
・新興宗教の拠点
・瀬戸内のラブホ
などを転々とする。なるほどという感じだ。
いっぽう、これはノンフィクションだが、市橋達也「逮捕されるまで」(幻冬舎)
フィクションとノンフィクションではちがうと言う意見もあるかもしれないが、
市橋達也も「なんとかなりそう」というイメージでそこに行っているわけだから、
発想としては小説家とそんなに変わらないんじゃないかと私は思う。
こちらは初期は北関東、熱海、青森、東京などを短期間に回っているが、
中長期で滞在したのは、
・四国のお遍路
・沖縄の離島
・那覇
・大阪の西成
だった。
こちらも「なるほど」である。
では「涙」ではどうだったか。
・川崎のドヤ街
・熱海の温泉宿
・福岡の炭鉱
・大阪の釜が崎
・沖縄・宮古島
正体を隠して働けるような場所として、「炭鉱」や「川崎」が登場するのがさすが1960年代である。
「熱海」も意外。私はてっきり新婚旅行で行くような場所だったと思い込んでいたが、
夜は素人の女性は誰も歩いていないような、風俗の町だったらしい。
しかも「東京より家がたてこんでいる」というから驚きだ。
しかし、私が心惹かれたのはなんといっても沖縄。
まだ米軍に占領されたまま、つまりパスポートがなくては行けない「外国」だったのだ。
当然日本の治安当局の手の及ばない地域であり、でも言葉はいちおう通じる。
これはどの犯罪者もみんな目指したことだろう。
通貨は米ドルで、常夏の国で、なんだかフィリピンかサイパンみたいな雰囲気もする。
宮古島など、まだテレビの電波が届いてなくてラジオのみだし、
台風で木も家も根こそぎ吹っ飛ばされてしまう。
ああ、この時代の沖縄に行ってみたかったとしみじみ思う。
ちなみに、今日奥多摩にぶらっと行ってみたら、妙に指名手配のポスターが多かった。
あの辺もそういう人間たちが流れ着く「辺境」なのだろうか。

関連記事

no image

留守中はウンコと小便に任せた!

これから羽田、関空、ドバイを経由してテヘランに行ってくる。 現地でもこのブログの更新をするつもりだ

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

no image

面白いことは全てに優先する

今日から上智大学の講義。 教室にはぞくぞくと女の子がやってくる。 全部で学生が40人以上、うち男はた

記事を読む

no image

ブルガリアの秀吉

部屋を整理していたら、変なものを発見した。 先日ブルガリアの首都ソフィアの路上で買った古本。 吉川英

記事を読む

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

no image

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたと

記事を読む

no image

メールが届かない

最近、こちらから出したメールが届いていないというケースが増えている。 プロバイダのせいなのだろうか。

記事を読む

no image

小説家になるのは大変だ!

土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、 ホテルの部屋に戻ったのはもう12

記事を読む

no image

ほんとうに極限捜査

一週間くらい前、「あまりに重過ぎて飽きた」といった オレン・スタインハウアーの『極限捜査』(文春文

記事を読む

no image

東京うんこナイト

探検部の後輩が2月5日、東京うんこナイト 〜ウンコロジー入門。「のぐそ」は地球を救えるか?〜」とい

記事を読む

Comment

  1. 杉江 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S9081) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
    角田さんの新刊『紙の月』も逃亡劇なんですが、逃げた先が高野さんの詳しいあたりだと思います!

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.83 Safari/535.11
    もしかして、ソマリランド!?
    意外すぎて誰にも見つからないと思うな(笑)

  3. 嵐馬詐欺 返金はTCA総合探偵事務所

    嵐馬/返金・解決お任せ下さい!競馬予想詐欺 競馬ソフト詐欺 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑