*

逃亡先としての「辺境」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


知人に勧められて、乃南アサの『涙』(新潮文庫)を読んだ。
1964年、東京オリンピックの最中に殺人事件が起こり、それに関与したと見られる若い刑事が失踪する。
刑事の許嫁である主人公が、日本各地を探して回るという筋立てが核のサスペンスだ。
この小説は典型的な「逃亡もの」である。
そして私は逃亡ものが大好き。
なぜなら、逃亡者は必ず「辺境」に逃げるからだ。
逆の言い方をすれば、逃亡者の行く先が「辺境」と言える。
例えば、角田光代「八日目の蝉」(中央公論新社)では、
子供を盗んで指名手配された主人公は
・工事のため立ち退き命令が出て無人となった住宅地
・新興宗教の拠点
・瀬戸内のラブホ
などを転々とする。なるほどという感じだ。
いっぽう、これはノンフィクションだが、市橋達也「逮捕されるまで」(幻冬舎)
フィクションとノンフィクションではちがうと言う意見もあるかもしれないが、
市橋達也も「なんとかなりそう」というイメージでそこに行っているわけだから、
発想としては小説家とそんなに変わらないんじゃないかと私は思う。
こちらは初期は北関東、熱海、青森、東京などを短期間に回っているが、
中長期で滞在したのは、
・四国のお遍路
・沖縄の離島
・那覇
・大阪の西成
だった。
こちらも「なるほど」である。
では「涙」ではどうだったか。
・川崎のドヤ街
・熱海の温泉宿
・福岡の炭鉱
・大阪の釜が崎
・沖縄・宮古島
正体を隠して働けるような場所として、「炭鉱」や「川崎」が登場するのがさすが1960年代である。
「熱海」も意外。私はてっきり新婚旅行で行くような場所だったと思い込んでいたが、
夜は素人の女性は誰も歩いていないような、風俗の町だったらしい。
しかも「東京より家がたてこんでいる」というから驚きだ。
しかし、私が心惹かれたのはなんといっても沖縄。
まだ米軍に占領されたまま、つまりパスポートがなくては行けない「外国」だったのだ。
当然日本の治安当局の手の及ばない地域であり、でも言葉はいちおう通じる。
これはどの犯罪者もみんな目指したことだろう。
通貨は米ドルで、常夏の国で、なんだかフィリピンかサイパンみたいな雰囲気もする。
宮古島など、まだテレビの電波が届いてなくてラジオのみだし、
台風で木も家も根こそぎ吹っ飛ばされてしまう。
ああ、この時代の沖縄に行ってみたかったとしみじみ思う。
ちなみに、今日奥多摩にぶらっと行ってみたら、妙に指名手配のポスターが多かった。
あの辺もそういう人間たちが流れ着く「辺境」なのだろうか。

関連記事

no image

有給の旅人たちとユーフラテス

明日からトルコとシリアへユーフラテス河を見に出かける。 来年、ユーフラテスをカヌーか筏か何かで下り

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

さらば「増刷童貞」!?

 自慢ではないが、私は「増刷童貞」だ。  これまで書いた本は8冊。さらに、文庫化された本が3冊。さら

記事を読む

no image

孤高の学者とゼミ合宿

名著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)の著者、小島剛一先生とお会いした。 先生はフランスとドイツ国

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

大分→東京→ソウル

以下、ほぼ業務連絡。 昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、 昼は暑さに驚き、夜は

記事を読む

no image

多忙な土曜日

「本の雑誌」2月号届く。 私も「レフリー・ジョー高野」として参加したプロレス本座談会は、 なかなか

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

no image

まるでカフカの「審判」

  「オシムの言葉」(集英社文庫)などユーゴ・サッカー三部作で知られる木村元彦氏から 「争うは本意

記事を読む

善し悪しはわからないけれど。

先週の日曜日、コソボより帰国した。 今回の旅はひじょうに忙しかった。 移動につぐ移動、その合

記事を読む

Comment

  1. 杉江 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S9081) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
    角田さんの新刊『紙の月』も逃亡劇なんですが、逃げた先が高野さんの詳しいあたりだと思います!

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.83 Safari/535.11
    もしかして、ソマリランド!?
    意外すぎて誰にも見つからないと思うな(笑)

  3. 嵐馬詐欺 返金はTCA総合探偵事務所

    嵐馬/返金・解決お任せ下さい!競馬予想詐欺 競馬ソフト詐欺 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年12月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑