*

パレスチナの悲劇は世界の元気か

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 今日こそアラファトとパレスチナについて辺境的な感想を一言書きたい。
十年ほど前、中国の大連にしばらく住んでいたが、一人暮らしだったもので、よくテレビを見ていた。
 中国テレビは地域ごとにチャンネルはたくさんあるが、みな国営放送だから内容は似たり寄ったりだ。特に海外ニュースはみんな同じである。
 その海外ニュースを見ていて思ったのが、パレスチナ問題の話がすごく多いということだ。自爆テロでテルアビブの町がメチャクチャになっているシーン、イスラエル軍の戦車が投石をするパレスチナ人を攻撃するシーン、アメリカが仲裁に入っても埒が開かないこと、アラファト議長が過激グループを押さえきれないことなどなど。
 
明るい話がないのはしかたない。パレスチナがそうなんだから。
 しかし、パレスチナ紛争のニュースは決して後味が悪くない。
 というのは、パレスチナのニュースを見ると、「あー、中国もいろいろ問題があるけど、あれと比べたら全然マシだな」と思うからである。私でさえそう思うんだから、中国の人民はもっと思うだろう。
「パレスチナじゃなくて中国に生まれてよかった」というふうに。
 そう、中国で過剰なくらいパレスチナ紛争を取り上げるのは、プロパガンダの一種なんじゃないかと思える節があるのだ。
 もちろん、紛争はどこにでもある。でも、聞いたこともないアフリカの国よりも、やはり2000年の歴史を誇り、文明が根付いたパレスチナのほうがインパクトが強い。
 そこでは、それぞれ敬虔な信仰をもった人同士が衝突し、アメリカやヨーロッパも手をこまねいているだけなのがありありと映し出される。
 中国にも回族というムスリムがいて、特に西の新疆ウィグル自治区などではムスリムの問題を抱えている。彼らに対する無言のメッセージにもなっているのかもしれない。
「ほら、無理をして立ち上がってもいいことはないのだよ。あそこに比べたらずっといい状態じゃないか」と。
 住んでいるところ、旅先のあちこちで、パレスチナのニュースを見る。
 タイでもやっていた。アフリカのルワンダでもよくやっていた。
 記憶が定かではないが、ミャンマーでも乏しい海外ニュースの時間では不釣合いなくらい熱心にやっていたような気がする。
 そして、その度に中国にいたときと同じ感想を得る。
「あそこに比べたらマシじゃないか」
 ルワンダなどは、1994年に大虐殺があり、今でも厳しい状況が続いている。規模としてはパレスチナよりはるかに多くの人が死んでいるし、めちゃめちゃ不幸だが、国家はなんとか存続しているし、「これからはよくなるんじゃないか」という今後の希望がある。 というか、今後が絶望的なパレスチナの映像を見ると、ついそう思ってしまうのだ。
 これも、政府の意図を感じずにはいられない。
 もう一つ、印象的だったのはミャンマー北部に拠点を持つ民族ゲリラ、カチン独立軍の総司令部に滞在していたときだ。
 私はそこのナンバー3の地位にある大佐の家に泊めてもらっていた。
 衛星アンテナがあり、中国や香港の衛星放送が入る。
 そこでも、またパレスチナ紛争が報道されていた。
 大佐は私と一緒にそのニュースを見ながら言った。
「こりゃ、どうにもならないな。エンドレス・ウォーだ」
 大佐はにやにやと笑いながら言ったものである。
 まったく他人事といった表情で、同情心がないどころか、ちょっと明るい気分にさえなっているのがありありと感じられた。
 カチン独立軍は1962年以来、40年以上にわたり、ミャンマー政府の圧制を非難しカチン民族の独立を達成するために戦っている。
 90年に停戦を余儀なくされ、今は戦闘状態にないが、事態は特に改善されているわけではない。カチンの独立などもはやありえないし、現在の停戦もミャンマー政府軍の力が圧倒的に強いのでやむなくそうなっているにすぎない。だいたい、この大佐も、人生をジャングルの戦闘で費やしてきた人物だ。
「あんたらだって、どうにもならないじゃないか」とツっこみたくなったが、そういう人から見ても、やっぱりパレスチナの悲劇は桁違いらしい。
 そして、「あー、あれと比べるとまだマシだな」と思うらしい。
パレスチナの悲劇、それは世界の鬱屈した人たちの元気となっているのではないか。
 もしかしたら、私の思いすごしかもしれない。そうであってほしいとさえ思うのだが。

関連記事

no image

ワット・パクナム

成田にあるワット・パクナム別院に行く。 日本にたった一つあるタイ人のお寺だ。 ここでウチザワさんが「

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎

 先週のことだが、ミャンマー・フォーラムへ行ってきた。  ミャンマーで行われている「麻薬(ケシ)栽培

記事を読む

no image

「王様のブランチ」撮影

『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)がTBSの「王様のブランチ」にとりあげられることになり、今

記事を読む

no image

イギリスにもタマキングがいた!

書くのがだいぶ遅くなったが、今年最初に読んだ本は早くも今年最高の本になる可能性がある。 ダグラス・

記事を読む

no image

民族問題とイスラムはダメなのか

こんな写真が出てきた。 うちには至る所に本があるが、ダルマはそれをいたずらすることは滅多になかった

記事を読む

no image

『西南シルクロード』がなぜか増刷

驚いたことに、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社)が重版(増刷)になった。 刊行当初からさっ

記事を読む

no image

メモリークエスト発進!

突然だが、五月の連休明けから一ヵ月ほど海外へ行くことになった。 例の「メモリークエスト」の取材、とい

記事を読む

no image

故郷再訪

実家に帰る用があったので、ちょっと気が向いて、 子どもの頃住んでいた家の辺りや遊び場にしていた場所を

記事を読む

no image

英雄の葬儀

 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなっ

記事を読む

no image

切羽詰まったら本人伝説

 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になっても

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑