*

『ルポ アフリカ資源大国』 

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ソマリアに行ったことのある日本人ジャーナリストはいないかと調べてみたら、
毎日新聞のアフリカ特派員だった(現在・政治部)白戸圭一という人がいた。
白戸氏は最近『ルポ アフリカ資源大国』(東洋経済新報社)という本を出しているが、
書評でもあちこちで取り上げられ、8月発売ですでに3刷りと売れている。
気鋭のアフリカ・ジャーナリストだ。
その白戸さんと会ったのだが、彼はなんと「高野さんとは20年前に会ったことがある」と言う。
実は彼は立命館大学探検部出身で、私より4歳下。
私の「ムベンベ」を読んでそのあまりのバカバカしさに驚き、
上京して私に会いに来たのだという。
この辺のことは言われると「ああ、そんなこともあったような…」程度しか憶えていない。
私のアパートに行き、それから私の後輩たちと一緒に新宿の伝説のボロ喫茶店「カトレア」に行った。
「いちばん奥の席に行こうって高野さんが言ったんですよ。
『そうしたら、注文取りに来ないから』って。
で、みんなで水だけ飲んでた」
ひどい話だ。
もっとも奥にいると注文を取りに行かない店のスタッフもひどいが。
白戸氏はその後、アフリカのニジェールに行った。
本人は怪獣を探しに行きたかったが、周囲の反対で民族調査になったとか。
それが今や、伊藤正孝、松本仁一(以上、朝日新聞)、藤原章生(毎日新聞)とつづく
アフリカ・ジャーナリズムの後継者となっている。
話も面白かったが、本も面白い。
ぜひ読まれたし。

関連記事

no image

連続飲酒は人体に影響がある

このところ、酒の飲み過ぎである。 金曜に日本酒とウィスキーで深酒をし、土曜日は久しぶりに家で晩飯を食

記事を読む

no image

「花より男子」

高校講演会ではいつもいろいろ面白いことがあるが、 今回いちばん驚かされたのは同行している集英社の担当

記事を読む

no image

霊能質問会で充実

親戚の葬儀に出てお骨をひろったあと、斎場からそのまま大阪へ直行、 「未確認思考物隊」の第5回「霊能質

記事を読む

no image

アフガンの謎を千葉で解く

火曜日、『アジア未知動物紀行』の最後の著者校正をやっていたら、 校正係から困った指摘を受けた。 アフ

記事を読む

no image

高橋留美子に漫画化してもらいたい

相変わらず在日外国人取材の日が続いている。 忙しいのだが、移動や待ち時間も多いので、本は読める

記事を読む

no image

ミャンマーの伝奇小説「マヌサーリー」

 ジャズとプロレスを小学生のときから愛す義姉・高橋ゆりが(とついに名前が出てしまったが)日本語に訳

記事を読む

no image

七夕に願いを

本日やっと東京の自宅に戻った。 ハルゲイザ(ソマリランドの首都)はさすがに遠い。 →ジブチ→アジスア

記事を読む

ミャンマー納豆紀行

業務連絡を兼ねたお知らせ。 今月19日より1ヶ月ほどミャンマーに行く予定だ。 もっと早く公表した

記事を読む

no image

丸善ラゾーナ川崎店は伝説になる

今、丸善ラゾーナ川崎店でものすごいフェアをやっている。 その名も「君は高野秀行を知っているか」。 私

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; YJSG3)
    ソマリアではありませんが、フォトジャーナリスト桃井和馬氏はかなり優秀なアフリカジャーナリストです。「観光コースでないアフリカ大陸西海岸」では、独裁軍事政権下のギニアやアンゴラなどのルポがあります。
    同じくフォトジャーナリストの亀山亮氏の「アフリカ忘れ去られた戦争」では、シエラレオネ、アンゴラ、リベリアの内戦による被害者のフォトルポがあります。
    朝日新聞から国連顧問を経て駐ザンビア日本大使をやっていた石弘之氏も、鋭いルポを書いています。立場が立場なので、ジャーナリストとは言い難いですが。
    海外ジャーナリストの邦訳では、ロバート・ゲスト「アフリカ苦悩する大陸」と、ヴィジャイ・マハジャン「「アフリカ動き出す9億人市場」は、どちらも発展し輝ける未来を作ろうと頑張っているアフリカの人々をルポしています。
    ルポではありませんが、写真家の船尾治氏が4年間のアフリカ放浪を綴った「アフリカ南部編・赤道編」は読み応えがあります。
    モザンビークに単身渡って商売初めてもうたいへん、という話が遠藤昭夫氏の「モザンビークの青い空」で、これはルポではなく単なる苦労話ですが、興味深い話がたくさん書かれています。
    ご存じだったらすみません。

  2. tam-tam より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    フォト・ジャーナリストの谷本美加さんが「ソマリランド」に行っています。『ソマリア、心の傷あと』(草の根出版会 2003年)を出版。
    また、米国在住のフォト・ジャーナリスト、高橋邦典さんは、2008年にモガディシュを入ったときの写真をウェブサイトで掲載しています。
    http://www.kunitakahashi.com/somalia.html

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    ご教示いただき、ありがとうございます。
    どうでもいいことですが、桃井和馬氏はやはり探検部出身者で
    (大学は不明)、以前、拙著『辺境の旅はゾウにかぎる』を北海道新聞の書評でとりあげてくれたことがあります。
    テーマは「探検部出身者はなぜこういう無意味なことをするのか」というようなものでした。
    また桃井さん、石弘之さん、船尾さんはみな、
    私の親分ともいえる四万十の山田高司先輩(農大探検部OB)と近しい間柄です。
    私も船尾さんとは、カラチかマスカットかの空港でばったり会ったことがあります。
    谷本美佳さんと亀山亮さんのお二人は知りませんでした。
    チェックしてみます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑