*

かたつむり考試院

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

前回のブログに読者の方からのコメントにより、
「三畳記盗作疑惑」の全貌が明らかになったが、まあ、愉快だ。
私の本が韓流ドラマにパクられたというのは笑えるし、
KBSの人の弁明を読むかぎり、盗作というほどではない。
ていうか、その「かたつむり考試院」というドラマをぜひ見てみたい。
「考試」というのは中国語では「試験」の意味。
韓国語でも同じ意味だろう。
てことは、「考試院」は予備校のことか。
かたつむり予備校?
うーん、気になる。
     ☆          ☆          ☆
私がプロデュースしている大野更紗『困ってる人』の評判がすごくいい。
読者からの熱いメッセージがばんばん届いているらしい。
それだけでも驚きだが、大野さんがいつの間にか内澤旬子副部長とメルトモだか
ツイッター友だかになっていたのにもびっくりした。
大野さんが変な読者にツイッター上で攻撃されたとき、内澤さんが代わりに返答し
守ってくれたという。
さすが姉御である。
と思ってたら、昨日、宮田部長と電話でしゃべっていると、
「あ、そうそう、俺、高野さんがプロデュースしている大野更紗さんて言う人と
メル友になってるよ」と言う。
内澤さんとはまったく別ルートで、知り合いになっていた。
なんだか、プロデューサー業をこの二人に乗っ取られそうだが、
考えてみれば、カネは一銭ももらってないし、
あの二人なら乗っ取られるのも悪くないと思う。
第6回「わたし、瀕死です」がUPされている。
http://www.poplarbeech.com/komatteruhito/index.html
この人の「瀕死」は比喩でない。読み応えがあります。

関連記事

no image

エンタメノンフ三銃士!!

びっくりした。 杉江さんの「炎の営業日誌」を見たら、 2月20日、ジュンク堂で「内澤旬子、高野秀行、

記事を読む

no image

ハルキ風異国トーキョー

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の表紙を変えることになった。 あ、いや、何か問題があったわけじ

記事を読む

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

no image

『辺境の旅はゾウにかぎる』

ここで書いたかどうかもう忘れてしまったが、 6月に『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)という本

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』韓国でヒット中

ソウル・ショック第2弾は、私の本の韓国語版『ワセダ1.5坪青春記』が 発売たった2ヶ月で3刷りにな

記事を読む

no image

ソマリランドをラクダで探検する

来年の今頃、ソマリランドとプントランドの国境地帯をラクダで旅しようと思っている。 ピラミッドみたい

記事を読む

no image

昔の愛読書

今から30年以上も昔、私が小学生になったかならないかの頃、 トラゴロウというトラの出てくる物語を愛

記事を読む

no image

8年ぶりにアフリカ大陸

 セイシェルの取材を終え、次は旧ユーゴスラビアのセルビアに行くはずが、 急に気が変わって南アフリカ

記事を読む

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

Comment

  1. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    大野更紗さんの発病原因についてですが、以前TVで似たような症状で苦しむ主婦が完治したというのが放送されていたので、もしや、同じ病原ではないかと思い、コメントさせて頂きます。
    更紗さんのブログにコメントをいれても何故か蹴られてしまうので、お手数ですが高野さんの方からお伝えください。
    さて、その発病原因ですが、その主婦の場合、別々の歯医者で治療した銀歯の材質が異なっていた為に、唾液を介して口内でイオン反応を引き起こし
    免疫系統に異常をきたしていたとのことです。よって、更紗さんも、発病前に歯の治療を受けていなかったか確認して頂くようお願いします。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    レスが遅れてすみません。
    大野さんには伝えておきました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑