*

かたつむり考試院

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

前回のブログに読者の方からのコメントにより、
「三畳記盗作疑惑」の全貌が明らかになったが、まあ、愉快だ。
私の本が韓流ドラマにパクられたというのは笑えるし、
KBSの人の弁明を読むかぎり、盗作というほどではない。
ていうか、その「かたつむり考試院」というドラマをぜひ見てみたい。
「考試」というのは中国語では「試験」の意味。
韓国語でも同じ意味だろう。
てことは、「考試院」は予備校のことか。
かたつむり予備校?
うーん、気になる。
     ☆          ☆          ☆
私がプロデュースしている大野更紗『困ってる人』の評判がすごくいい。
読者からの熱いメッセージがばんばん届いているらしい。
それだけでも驚きだが、大野さんがいつの間にか内澤旬子副部長とメルトモだか
ツイッター友だかになっていたのにもびっくりした。
大野さんが変な読者にツイッター上で攻撃されたとき、内澤さんが代わりに返答し
守ってくれたという。
さすが姉御である。
と思ってたら、昨日、宮田部長と電話でしゃべっていると、
「あ、そうそう、俺、高野さんがプロデュースしている大野更紗さんて言う人と
メル友になってるよ」と言う。
内澤さんとはまったく別ルートで、知り合いになっていた。
なんだか、プロデューサー業をこの二人に乗っ取られそうだが、
考えてみれば、カネは一銭ももらってないし、
あの二人なら乗っ取られるのも悪くないと思う。
第6回「わたし、瀕死です」がUPされている。
http://www.poplarbeech.com/komatteruhito/index.html
この人の「瀕死」は比喩でない。読み応えがあります。

関連記事

no image

マイク・ノックのニュー・アルバムを試聴してみよう!

オーストラリア・ジャズ界の大御所にして、今でもバリバリ最先端の音楽を作りつづける義兄マイク・ノックが

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

no image

新計画?!「イラワジ河(ほぼ)全流下り」

 昨日から今日にかけて、突然新しい探検計画が生まれた。  その名も「イラワジ河ほぼ全流航下紀行」とい

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

言葉を失う映画「魔女と呼ばれた少女」

今3:20AM。こんな時間に覚醒しているのは酒が切れたためだが、今日にかぎってはそれだけではない。

記事を読む

no image

ソマリランド飲酒紀行

昨日発売の週刊SPA!で私の「イスラム飲酒紀行 最終回」が掲載された。 最終回はソマリランド。 ソマ

記事を読む

no image

『怪獣記』文庫&『スットコランド日記 深煎り』

来週12日(木)に『怪獣記』(講談社文庫)が発売される。 解説は、宮田珠己部長におねがいした。 ア

記事を読む

no image

バトルロイヤルに負ける

7月に紀伊国屋新宿本店で行われていた書店員オススメ本バトルロイヤルだが、 「ゴッドファーザー」の続編

記事を読む

バングラのセレブ秘密酒宴

昨夜は必死に起きてW杯ドイツ対アルゼンチンを見ていたのだが、ちっとも点が入らず、メッシも活躍しな

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

Comment

  1. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    大野更紗さんの発病原因についてですが、以前TVで似たような症状で苦しむ主婦が完治したというのが放送されていたので、もしや、同じ病原ではないかと思い、コメントさせて頂きます。
    更紗さんのブログにコメントをいれても何故か蹴られてしまうので、お手数ですが高野さんの方からお伝えください。
    さて、その発病原因ですが、その主婦の場合、別々の歯医者で治療した銀歯の材質が異なっていた為に、唾液を介して口内でイオン反応を引き起こし
    免疫系統に異常をきたしていたとのことです。よって、更紗さんも、発病前に歯の治療を受けていなかったか確認して頂くようお願いします。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    レスが遅れてすみません。
    大野さんには伝えておきました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今やこのうちの一人の独演会でもチケットがなかなか入手できないのに、四人が集まって新作をやってたんだから、おそろしく贅沢なことだった。亡くなってしまったS社の担当編集者Rさんと2,3回一緒にSWAを観に行ったことを懐かしく思い出す。 ReplyRetweetFavorite
    • 春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いちの各師匠が全員でオリジナルの噺を作って話すという伝説のグループ「SWA」が今、一時的に復活している。それで十年前に購入した「SWAのDVD ブレンドストーリー『願い』」を久しぶりに観たが、やっぱり奇跡的な完成度の高さ。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んだけど、とても面白かった。扉を開くと自由で明るい未来が待っていたというような有緒ワールドを堪能。 https://t.co/qAC7OZuflw ReplyRetweetFavorite
    • アジア諸国の食材店、飲食店、宗教施設が建ち並び、とても日本と思えないカオスぶりだが、でも共通語が日本語で、日本の治安の良さと便利さを兼ね備えた街に今さらながらハートを撃ち抜かれた。私がここに住みたい! ReplyRetweetFavorite
    • 9年ぶりに地方から東京に戻ってきた後輩の物件探しに付き合い、新大久保界隈を歩く。ガイドしてくれたのは今年『日本の異国』(晶文社)を出した、現在最もこの界隈に詳しいライターの室橋裕和さん。 ReplyRetweetFavorite
    • これは公式YouTubeチャンネルだったのか! 知らんかった…。 ReplyRetweetFavorite
    • 気持ちはよくわかります。ところでシャンのゲリラについて発表されてるんですね。聞いてみたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑