*

犬の力

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めてしまい、どこかへ行ってしまったから詳しいことは忘れたが、たしか犬の力とは聖書の中で「邪悪なもの」として書かれているということであった。

しかし、私が今回、福島いわき市から南三陸にかけての旅で実感したのは「犬の力は素晴らしい!」ということである。
別に「旅の相棒(バディ)にぴったり」とか「癒される」という話ではない。

そんなことより大事なのは、「犬と一緒にいると怪しまれない」ということだ。

私は四十半ばにもなって、無精ヒゲにハーフパンツ、サンダルというかっこうだし、同行した後輩にいたっては身長185センチ体重90キロの巨漢であるうえ、二十年も歌舞伎町に住んでいたため、体から隠しようもなく「無頼」の気配が漂っている。

そんな二人が、平日の真っ昼間から街や田んぼや原発周辺などを車でうろついたり、あてどもなく歩き回ったりしているのだ。
ものすごく怪しい――はずなのだが、犬と一緒にいるとなぜかそう思われない。
しかも、うちの犬はチビで、超ビビリ。もう成犬だが子犬に見える。誰が見ても人畜無害。

道端で出会う人が、お年寄りでも女性でもというか、むしろそういう人たちが率先してこちらに近づき、
「あれ~、かわいいね~」とか「どこから来たの?」と犬に声をかけ、ついでに私たちにも声をかける。
旅館でも私たちは仲居さんたちに人気だった。

私と後輩が二人で歩いていたら絶対に「あれ~かわいいね~」とか「どこから来たの?」なんて言われることはないだろう。仲居さんの間で人気を博すこともなかったろう。
警察に職質をされても不思議ではないし、まあ、普通の人は近寄らないと思う。

上にアップした写真だってそうだ。犬が一緒だからかろうじて許されるが、私と後輩だけのこんなツーショットをブログにアップしていたら相当ヤバイ。

犬の力。それは身分証明書やパスポートよりも強く、私たち、うさんくさいオヤジを社会の白い目から守ってくれるのである。

(写真:楢葉町の天神岬スポーツ公園にて。ここには写ってないが、第一原発の先端部分がわずかに見えた)

 

関連記事

no image

Mじゃない

みんな勘違いするのだが、間寛平など日本人が毎年出場しているウルトラマラソンと私の出たマラソンは別物だ

記事を読む

no image

新刊「世界のシワに夢を見ろ!」完成

いよいよお待ちかね、新刊「世界のシワで夢を見ろ!」(通称「しわゆめ」)が完成した。 これはヤングチ

記事を読む

no image

楽しい南米

ペルーのマリオ・バルガス=リョサがノーベル文学賞を受賞した。 私が親しみ、著作を何冊も読んでいる作

記事を読む

no image

ミャンマーで上映会

業務連絡を兼ねての報告だが、 2月11日(月)から17日(日)まで、ミャンマーへ行くことになった。

記事を読む

no image

トルコの飲酒史

トルコ通風来坊の末澤の紹介で、16世紀オスマン朝の文化・経済を研究している気鋭の研究者Sさんと一杯や

記事を読む

no image

名探偵クイズ

うっかりしていたのだが、5月に本の雑誌社から『作家の読書道3』が刊行されていた。 柳広司、阿部和重

記事を読む

no image

読書気功療法!!

『幻の楽器・ヴィオラアルタ物語』について途中まで書いたら時間がなくなり、そこでぶつ切りになってしまっ

記事を読む

no image

うなドン

日曜日、和光大学で教えているロバート・リケットさんという人と下北沢で会う。 リケットさんは南三陸のフ

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

no image

これからは「盲人サッカー」だ!

以前「少林サッカー」という面白い映画があったが、それはもう古い(私が言うまでもなく古いけど)。これか

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    マドちゃんかわいいです。お母さんが旅行中なのでお父さんとお留守番ですか?
    昔からTVも子供と動物には勝てない、といいますからね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「クレイジージャーニー」が終了しました、お世話になりました、と担当ディレクターお二人からそれぞれ丁寧な挨拶の連絡が入った。私が一緒に仕事をした人たちは最初から最後まできちんとしたプロの仕事人だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 私もそう思いますよ。 https://t.co/SWyMPbTBJP ReplyRetweetFavorite
    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhAJZT 楽:https://t.co/4mUnuTJZ7v 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • ネトフリでときどき村西とおる監督の実話をもとにしたドラマ「全裸監督」を見てるのだが、妻がなぜかしょっちゅう間違えて「全裸警察」と言う。そんな番組はないっていうのに。あったら見たいが。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んでる海外ノンフィクション、すごく面白いんだけど、訳が下手すぎ。原文の英語が理解できてないのか、日本語のセンスがないのか、時間がなくてやっつけのまま出版してしまったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑