*

柏レイソルに敗れる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ソマリランドの命綱とも言われるベルベラ港の出身のソマリ人がいると聞き、
その人の住む柏まで会いに行く。
指定された場所は、「HUB」というアイリッシュ・パブ。
外国人の集うところだとのことだったが、
同時にそこは柏レイソル・サポーターの集うところでもあった。
しかも間が悪いことに、私たちが店に入ったと同時に
柏とモンティディオ山形の試合が始まってしまった。
「ソマリランドの独立を支持していますか?」なんてまじめに訊いているのに、
そこで「おおおおーー!?」というものすごい歓声。
相手の声なんか聞こえない。
思わず、私もアブドラヒさん(そういう名前の人だった)も大型のテレビスクリーンを振り返ってしまう。
柏のFWが決定的なチャンスを逃していた。
「あー、おしい…」
「あれで、入れなきゃダメでしょ」
「で、何の話だっけ?」
「えーと、なんでしたっけ?」
もうその前に話していたことが遠くなってしまっている。
その繰り返し。
ていうか、柏のゴール裏みたいなところで、
なぜ私たちだけがソマリランドの話をしているのか。
柏レイソルは今日、山形に敗れたが、
私は柏に敗れた気分であった。

関連記事

移住するなら盛岡がいい

先週の土曜日、盛岡市のMORIOKA TSUTAYAでのトークイベントに行ってきたのだが、盛岡の読書

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

no image

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」

高野秀行の災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」  昨年、新潟中越地震が起きたあと、私はいつになく

記事を読む

no image

東京の秘境

帰国中の義姉に連れられ、明大前にあるジャズ喫茶「マイルス」を訪問。 ゴールデン街のような狭い店には

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」との出会い

ご存知の方も多いと思うが、将棋の棋士に私と同姓同名の「高野秀行五段」という人物がいる。 ネットで「高

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

トルコの飲酒史

トルコ通風来坊の末澤の紹介で、16世紀オスマン朝の文化・経済を研究している気鋭の研究者Sさんと一杯や

記事を読む

no image

サッカーファン強化合宿

高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』(河出書房新社)を読む。 文学が成り立つ前提をとっぱらうというタカ

記事を読む

no image

小さいおうち

中島京子の直木賞受賞作『小さいおうち』(文藝春秋)を読む。 まあ、書き出しから文章がすばらしい。

記事を読む

Comment

  1. JO より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N706i(c100;TB;W30H20)
    「柏レイソル」。
    「ズ」は、なしでお願いします。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    「レイソルズ」じゃなくて「レイソル」ですね。
    ご指摘ありがとうございます。
    直しました。
    野球ファンなので、つい、複数形にしてしまうんです。
    ちなみにアブロドラヒさんもアメリカ在住20年の人なので、
    サッカーより、その後にちらっと映った巨人対中日戦のほうに
    興味を示していました。

  3. JO より:

    AGENT: Opera/9.27 (Macintosh; PPC Mac OS X; U; ja)
    初めてのコメントで「指摘」だけ。
    大変失礼しました。
    半年前からタカノさんの大ファンです。
    勝手に友達と思っています。
    これからも頑張ってください。
    いつかタカノさんにお仕事を発注したいと
    思っております。
    では失礼します。
    JO

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑