*

失われた聖書男を求めて

公開日: : 最終更新日:2012/06/18 高野秀行の【非】日常模様

A.J.ジェイコブズの『聖書男 現代NYで-「聖書の教え」を忠実に守ってみた1年間日記』(阪急コミュニケーションズ)を読んだ、と言いたいのだが、読む前になくしてしまった。

辞書のようなあの分厚い本をなくす、しかも自宅ではなく外で。一体どういうことなのだろうか。
消費税込みで2700円以上もしたし、面白そうだったし、あきらめがつかないので、昨日はその探索に半日を費やした。

まずどこでなくしたか、購入から遡って一つ一つ思い出してみた。
買ったのは吉祥寺parcoのリブロである。私はカバーも袋ももらわないので、本を裸で手に持ち、外に出た。
仕事場に行こうと思ったのだが、どうしても原稿を書く意欲がわかない。

パルコの向かいにある路上のベンチに腰掛け、しばらくぼーっとしていた。
すると、携帯に電話がかかってきた。話し始めたが、私の携帯は壊れかけていて、音声がひじょうに聞き取りづらい。
話ながら少しでも静かな場所を求めて、歩き出した。どこまで行っても静かにならず、結局、用件もよくわからないまま適当に返事をして電話を切り、
もう駅の改札前だったので、そのまま電車に乗って仕事場に出勤した……

と考えて、やっとわかった。
あのベンチの上に置きっぱなしにしてしまったのだ。
とりあえず、ダメ元で当該のベンチに赴いたが、案の定、見当たらない。
次に交番に行ってみた。あんなにご立派な本だし、誰も彼もが読みたいという本でもないから、警察に届けてくれたかもしれない。いや、そうにちがいない!と確信したのだ。
「遺失物届けを出して下さい」というので、「『聖書男』という本をなくした」と書き、警官にも口頭で説明。
警官は「聖書…男…?」と怪訝そうだったが、本部(?)に連絡して問い合わせてくれたが、そういう本は届いてないとのことだった。

かなりショックである。
でもよく考えてみた。誰かが拾ったわけだ。あそこにないんだから。で、交番に届けずにどうするか。
閃いた。「ブックオフに持っていって売ったんだ!」

そこで近くのブックオフを見に行った。ちょうど工事中で、店は吉祥寺ルーエという新刊書店の隣に引っ越していた。
ルーエにとってははた迷惑な話だなと思いつつ、店に一歩足を踏み入れた瞬間に気づいた。
「もしここで「聖書男」を発見しても、それは俺の本じゃない!!」

そうとうショックであった。
ショックを引きずりつつあったせいか、ブックオフにはめったに行かないから店の棚に慣れていないせいか、そもそもまだ私の本が棚に並べられてないのか、
どうにも見つけることができなかった。
それにもし見つけても、どうすればいいのか。
あれをまた買うのか。定価より安くなっているとはいえ、ピカピカの新刊本だからそれなりにするだろう。
だいたい、全く同じ本を2回買うという行為がたまらなくアホらしい。

でもなあ。「聖書男」は読みたい。こういう「読めない」状況になると、ますます読みたくなる。
他の書店で買うのか。それはもっとアホらしいのではないか。
悩みつつ、105円均一の文庫棚で私の『ワセダ三畳青春記』のとても古いバージョンがあるのを確認、なつかしいような複雑な気分のまま帰路についた。

今も聖書男のことが頭から離れず、仕事が手に着かない。

リブロで再発行しれくれんかなー。
無理だろうなあ。
本も飛行機のeチケットみたいに電子化すればいいのに、と思いかけて、それが電子書籍だと気づいた。
そうか、電子書籍ならなくすことがないのか。

でも、一つ言えることがある。
もし私がipadで「聖書男」を読んでいたら、きっとベンチの上にipadを忘れていったにちがいない。

         ☆             ☆               ☆

アブディン「わが盲想」更新しました。
第1回は、「トライ(渡来)」

念願のハルツーム大学法学部に入学したものの、盲人をケアする仕組みもなく、だいたい独裁政権によって学校が何ヶ月も閉鎖されたまま。
将来の展望が開けず鬱屈したアブディンのもとに、「日本へ行って勉強ができる」という怪しげな話が……。

関連記事

no image

うなドン

日曜日、和光大学で教えているロバート・リケットさんという人と下北沢で会う。 リケットさんは南三陸のフ

記事を読む

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

no image

プロレスの罠

80年代から90年代にかけて、年齢としては16歳から30歳くらいまで、 私はプロレスにものすごく夢

記事を読む

no image

調布VSスーダン

福島からの避難民を受け入れている調布の味の素スタジアムがどんなものなのか 見に行った。 私もボラン

記事を読む

no image

白骨になっても大丈夫

先日山形に行ったとき、山形大法医学教室の梅津和夫先生にDNAの検査をしてもらった。 口の中に綿棒を突

記事を読む

no image

エンタメノンフ三銃士!!

びっくりした。 杉江さんの「炎の営業日誌」を見たら、 2月20日、ジュンク堂で「内澤旬子、高野秀行、

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

またプロレスの話ですが

三沢光晴の一件について長らく考えていたが、結局「三沢は死んでいない」という結論に達した。 「彼は俺

記事を読む

Comment

  1. マエダ より:

    図書館でリクエストしてみてはいかがでしょう?
    在庫が場合は、他区の図書館から取り寄せ、または購入してくれると思います。
    自分は台東区在住ですが、1~2週間ほど待てる場合は本をリクエストしています。
    購入した日付を見て、「おっと! 買わせてしまったか」とささやかな優越感を味わうこともあります。

  2. 場違いですみません.
    昨日「タマキング祭り」でサインをいただいた読者です.
    ありがとうございました.
    カービングネックレス,愛用していただければ嬉しいです.

  3. ぐりぐらら より:

    せめて本の題名が簡潔で良かったです、宮田本新刊なら警察で題名を伝える時点でメゲます、警察も怪訝な顔どころか相手にされない可能性もあります(笑) 忽然と手から消えた聖書男、いまどこに居るのでしょうね…。それより 買って裸で手に持って店を出る(ワイルド!) そのままベンチでボーっとする高野さんもやっぱりミステリアスです

  4. 瀬川るきじ より:

    聖書男、角幡さんがお持ちですよ。

  5. 高野 秀行 より:

    私は本に線を引いたりするし、資料として残したいので、基本的に買うことにしているんです。「聖書男」ももう一度買いますよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑