*

御礼申し上げます

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


堀内倫子さんのことを書いたら、ブログのアクセス数が跳ね上がって驚いた。
アクセスしたら自動的に私の本を購入するように仕掛けておけばよかったと悔やんだくらいだ。
また、20人以上の読者の方々からお悔やみの言葉と堀内さんへの感謝の言葉が寄せられ、
ほんとうに心温まる思いがした。
そのブログと読者のコメントは、プリントアウトして、
今日のお通夜のとき、ご遺族に渡してきた。
遺族の方も喜んでおられた。
みなさん、どうもありがとうございました。
ちなみに、堀内さんは文章に対して天性のセンスをもっていただけでなく、
装丁やデザインに関しても目利きだった。
集英社文庫で私が出した本は、おおかた南伸坊さんか福住修さんがデザインを担当してくれている。
いちばん私が気に入っているのは『ミャンマーの柳生一族』。
ミャンマーは江戸時代、軍事政権は徳川幕府、軍情報部は柳生一族という突拍子もない設定を、堀内さんと福住さんで、そのままパッケージにしてくれた。
ひじょうに凝ったものだ。
一般の人は気づかないと思うが、カバーの上部には「ミャンマーの柳生一族」と
わざわざビルマ語で記してある(ミャンマー研究家の義姉に書いてもらった)。
題字はなんとテレビ番組の「必殺仕事人」の題字を書いた書家・糸見渓南氏。
福住さんの提案で、堀内さんが糸見先生に「仕事人と同じ字体で書いてください」と
無理を言って書いてもらったのだ。
糸見先生によれば、「カタカナでミャンマーと横書きで書くのにとても苦労した」とのことである。
糸見先生の原画ならぬ原書は、堀内さんが額に入れてうちに送ってくれた。
今でもうちの居間にどかんと飾ってある。
我が家の家宝となっている。
お通夜のあと、集まった人たちで酒を酌み交わしながら、そんな思い出話をした。

関連記事

no image

SFの「次」

 本の雑誌社の杉江さんに会い、「SF本の雑誌」の「見本」をもらう。 なぜ「見本」なのかというと、先

記事を読む

no image

トラックバック?

トラックバックというのがどうもイマイチよくわからないのだが、チャレンジしてみたくなった。 というの

記事を読む

no image

鳥籠

インド人作家、ヴィカス・スワラップ原作の映画「スラムドッグ・ミリオネア」がいいらしい。 私は原作の

記事を読む

no image

漫画探偵、登場!

浦沢直樹の担当編集者やプロデューサーを務め、 リチャード・ウーなる筆名で異色在日外国人漫画「ディア

記事を読む

no image

腱鞘炎

内澤さんの豚を食うイベント「飼い食い」のことや、 明日からのバングラ行きのことなどをいろいろ書きたい

記事を読む

no image

Bhutan ni tsuita

Ottoi Bhutan ni tsuita. Sono hi wa hareteite yokat

記事を読む

no image

バオバブの記憶

ポレポレ東中野にて、本橋成一監督のドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」を見る。 西アフリカ・セネ

記事を読む

no image

中島京子さんとの対談@web集英社文庫

四国での講演会ツアーから戻る。 web集英社文庫で中島京子さんとの対談がアップされていた。 http

記事を読む

『アヘン王国潜入記』ほか4点が電子書籍化

今ツイッターを見たら、私の本が4冊、電子書籍として紀伊國屋電子書籍ストアで販売開始されたというツ

記事を読む

no image

ジプシーのヒンディー語

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。 セルビア付近とおぼしき土地に住

記事を読む

Comment

  1. ねぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; Creative AutoUpdate v1.10.10)
    「ミャンマー」の表紙!!!
    あの強烈なアホ臭(失礼!)のする表紙に一目惚れして即買いし、そこから高野さんの本を知って、どんどんはまっていったのでした。
    ああ…本当に高野さん本に出会わせてくれたのは堀内さんだったんですね…本当にいくら感謝してもしたりません……

  2. ピーちゃん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    私もワセダ三畳を読み、高野さんにどっぷりはまった一人です。
    堀内さん、作家高野氏に出会わせていただき
    本当にありがとうございます
    心から感謝の気持ちと、御冥福をお祈り申し上げます。

  3. 福住 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/531.21.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.4 Safari/531.21.10
    デザイナーの福住です。
    内幕(?)をさらすのも公のブログにコメントするというの普段はしないのですが、今回は特別に。
    堀内さんのスゴい所は、目利きもさることながら、柔軟性と実行力だったと私は思います。
    この『ミャンマー』でいえば、堀内さんからの最初のオーダーはミャンマーの地図をグラフィカルに表現した表紙を、というものでした。当然のようにそれで何案か作り、別案として前回の『シンドバット』の流れでマンガ家さん案、オマケでこの時代劇映画風案を作りました。あくまでオマケとしたのは、この案は写真の使用料に加えて題字も書いていただかなくてはならず、通常よりもお金がかかるからです(地図案なら私のデザイン料だけで済みます)。
    お金の事は置いておいても、多くの場合は最初の自分のイメージからなかなか離れられないものです。それが、堀内さんの場合は他人のアイデアでも良いと思えば、あっさり(?)とそちらを選ばれます。ホント気持ちいい位にあっさりと。これってなかなか出来そうで出来ないですよね。
    また、この案は手間も掛かります。制作費が通常より多くかかるという事は、関係各所も説得しなければなりませんし、写真やビルマ文字の手配、糸見さんの口説きなどぐっと仕事も増えます。事務的にやられる方なら、「ビルマ文字はナシで」「題字も福住さんのラフで書いた文字でよいです」となりがちです。でも、堀内さんは、こうと決めたら手間ひま惜しまず中途半端な妥協はしない方でした。
    毎回そんな感じで『アヘン』や『ウモッカ』などもやらせていただきました。
    堀内さんは高野さんのブログを毎回チェックされていましたので、今も天国からこちらを覗いておられると思いますので、図々しくもこの場をお借りして、最後にあらためて感謝の意を。
    「堀内さんが心置きなく楽しめるような本を作っていきますので、ゆったりと好きなお酒を飲みながら、ときどきでも見てやってください。その際、駄目出しはほどほどに(笑)。長い間ありがとうございました。」
    高野さま、コメント欄にかかわらず長文失礼致しました。

  4. naoking より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    この表紙いいですね!
    ドラマチックに大袈裟で、主題歌が聞こえてきますよ
    サウンドトラックあったら買いですね
    パガンの夕日でしょうか?
    パガンで実際に観たときも、読めないビルマ文字が夕日をバックに確かに見えましたよ(高野秀行のところにはボクの名前が書いてありました)
    この表紙抜きには、この本はあり得ませんね
    ながーいズッコケがつづく感じが、ミャンマーの魅力を彷彿とさせます
    ペットのようにかわいい気さへしてきます
    堀内さんのセンスにメルトダウンです
    溶けちゃいます
    愛をかんじます
    こちらこそ ありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画監督の友人に電話し「ワンスアポンナタイムインハリウッド(略称ワンハリ)」話で盛り上がる。ブラピがなぜかブルース・リーをカンフーでぶちのめすとか、スティーブ・マックイーンでなくディカプリオが主人公を演じている「大脱走」のシーンとか、ブラピが犬にあげる缶詰がネズミやアライグマの肉 ReplyRetweetFavorite
    • 納豆で言えば、マイルドに熟成された感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 以前のタランティーノ作品特有のインパクトは薄くて、でもいつまでも観ていたいという温泉的気分だった。 ReplyRetweetFavorite
    • タランティーノ監督の新作「ワンスアポンナタイムインハリウッド」を観た。最初の感想は、ブラピカッコいい、ディカプリオおもろい。 ReplyRetweetFavorite
    • このワンコ、私にも熱心に喋ってたなあ。 https://t.co/7P0eqU9oY8 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑