*

見知らぬ超名作

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 日頃から世間とのタイムラグというかズレを感じているが、「フラガール」には本当に驚かされた。
「フラガール」という映画があるというのは耳にしていた。
ただ、「ウォーターボーイズ」とか「スウィングガール」とか「ガチ・ボーイ」みたいな
現代の部活ものと思い込んでいた。
つぶれかけたダンス部でフラダンスをやって廃部をまぬがれようという青春ものとか。
先日、いわき市の後輩であるフィロ・ヤマダ(彼は哲学者なのでこう呼ぶことにする)宅に行ったとき、「フラガール」の話が雑談の中で出た。
そこで初めて「フラガール」の舞台がいわき市であるのを知った。
でもまだ部活系のお気軽なコメディと思い込んでいたので、とくに興味を引かれなかった。
すると、フィロ・ヤマダのお母さんが「炭鉱が閉鎖になって、働いていた娘たちを常磐ハワイアンセンターに送り込んだのよ。私はみんな知ってるよ」と語り出した。
78歳のお母さんは唐突に話を始める癖があるので、映画とは無関係の話だと思った。
私は「常磐ハワイアンセンター」というものが何か知らなかったので、訊いてみると、
炭鉱閉鎖で職がなくなった人のために炭鉱のオーナーが作った娯楽施設なのだという。
フラダンスを教えて、全国ツアーをやったりして、普及活動をやったなどとお母さんが話してくれ、私はすごく興奮した。
ものすごく劇的かつ貴重な話ではないか。
急に取材モードに入った私はメモをとりながら、「すごい話ですねえ。本が書けますよ、いや、映画になりますよ!」
と言ったら、後輩たちから「だから、それがフラガールなんですよ!」と激しく突っ込まれたのだった。
こうして、ようやく常磐ハワイアンセンターとフラガールが何かわかったので
東京に戻ってから借りてみようと思った。
そして遅まきながら昨日観たのである。
驚いた。
すばらしい。
昭和40年のいわき市の風景はアジアそのものだし、
脚本の完成度が非常に高く、母と子、先生と生徒、
炭鉱夫の間など、いくつもの葛藤が必要十分に描かれていて、
説得力がある。
映像的な場面も見応えがある。
ダンスの先生が怒り狂って男風呂に乱入するところや、
台湾からもってきた椰子の木を枯らさないために、炭鉱夫がヘルメットにヘッドライトをつけて、ハワイアンセンターにストーブを運び込むところなど、
あまりのシュールさに戦慄が走ったほどである。
そして役者がいい。
私が知っているのは主演の蒼井優と岸部一徳くらいだったが
他の人たちもほぼ全部いい。
「とくに蒼井優の兄貴役をやっている役者がいいな。たぶん無名の人だと思うけど」と、一緒に観ていた妻に言ったら、
「これ、トヨエツだよ!」と激しく驚かれた。
トヨエツって、聞いたことがあるな。
豊川…なんだっけ?
金田一耕助をやっていた人か?
というふうに、最後まで無知のままだったが、そんな無知な人間でも大感動できるという
希な映画だ。
今、フクシマは世界で最もホットな場所だし、ぜひ全世界の人たちに観てほしいと思った。
もしかすると、とっくに全世界的に大ヒットしていて、私が気づいてないだけかもしれないが。

関連記事

no image

不思議で贅沢な春の晩

以前、コンゴ(旧ザイール)の障害者バンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を日本に呼び、 そのライブに私

記事を読む

no image

2009年の小説ベスト1

ここんところ仕事で行き詰っているのに、いや、だからこそ、 大作の小説を読んだ。 アミタヴ・ゴーシュ

記事を読む

no image

酒浸りなのかと言われても…

私の数ある悩みの一つは、初対面の人に「これが私の書いた本です」とさっと渡せるような本が一冊もないこと

記事を読む

no image

Mじゃない

みんな勘違いするのだが、間寛平など日本人が毎年出場しているウルトラマラソンと私の出たマラソンは別物だ

記事を読む

no image

うう、気持ちわるいのに…

土曜日は、「アスクル」仲間の二村さん(ゾウに追いかけられている人)と 金澤さん(道場破りでリクルー

記事を読む

no image

ジャナワール・トークライヴ

コダックフォトサロンで開催されている、カメラマン森清の個展会場で、 角田光代さんとトークライヴを行う

記事を読む

no image

今度はUFO…

「未確認思考物隊」は毎週放映である。 しかも私はレギュラーで、毎回現場レポートに行かねばならない。

記事を読む

no image

パリジャンは味オンチ

最近フランス料理店の取材をしていたので、ミツコ・ザハー『パリジャンは味オンチ』(小学館101新書)

記事を読む

no image

銀河ヒッチハイク・ガイド

 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフ

記事を読む

no image

人は夢だけでは生きて行けない

かすれ声のまま、大学へ。 幸いマイクがかろうじて音を拾ってくれていたが、 声は突然、完全ストップす

記事を読む

Comment

  1. MK より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/534.24 (KHTML, like Gecko) Chrome/11.0.696.60 Safari/534.24
    このあいだ、今年も新入社員(ダンサー)が入ったってニュースでやっていましたよ。
    ひと月前の記事ですが、
    復興のために45年ぶりの全国巡業も企画しているみたいです。
    http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104040134.html
    『フラガール2』がはじまろうとしていますよ〜。

  2. go より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N03B(c500;TB;W24H16)
    フラガールはアカデミー賞総なめでしたよね。
    豊川悦司さんも渋いですし、先生がお風呂場に殴り込むところは私も好きです。

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    ボクも知ってましたよ〜それにしてもだいぶん昔のことです!ある意味タイムリーではありますけどね。高野さんって本当にマイブームな人なんですね…

  4. MK より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/534.24 (KHTML, like Gecko) Chrome/11.0.696.60 Safari/534.24
    すみません、追加です。
    どうやら、全国巡業、スタートしたみたいです!
    http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000651105040001

  5. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    ホントにビックリするほど遅いですねぇ。
    っていう私も今さら韓国ドラマにはまってず〜とCSで見ていますよ。
    友人にいつも『遅すぎるんだよ!』と言われています。。。

  6. mexico より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/534.24 (KHTML, like Gecko) Chrome/11.0.696.60 Safari/534.24
    コスタリカの有料番組で「フラガール」流れてました。
    3年前くらいですけど。僕はめっちゃ好きで、何回も見ていた
    ので、なんとなくスペイン語でわかったんですけど、あの
    方言の良さが消されてましたね。残念。方言を訳すのは
    難しいですね。「おくりびと」も同じですた。

  7. サチ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    こんばんわ。はじめて書き込ませていただきます。
    もうご覧になっているかもしれませんが、『フラガール』と同じ脚本、監督の『悪人』もおすすめですよ。

  8. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.24 (KHTML, like Gecko) Chrome/11.0.696.65 Safari/534.24
    少なくともコスタリカには「進出」していた、と。
    『悪人』も観ますよ。

  9. みい より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; CIBA)
    高野さん
    フラガールって劇場でやっているとき、蒼井優が踊る最後のシーンで拍手喝采がおきてみんな泣いてました。私(52歳 おやじ)も。
    もちろん映画もいいのですが、音楽のジェイク・シマブクロのウクレレも秀逸です。ぜひとも一度聴いて下さい。Gently Weepsというアルバムにフラガールも入っていますが(音楽だけ聴いてもいい)、on the roadという曲が最高です。かれのウクレレはとにかくすごい。癒し系でもあるし、ロックでもあります。

  10. やあサン より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105210603.html
    きょう、こんなニュースがありました!
    これは、高野さんに言わないと・・!!って思いました!(*^_^*)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑