*

「売れる」ことに対する懐疑心

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。
別に自虐的ではなく、ただ事実を書いたつもりだ。
でもたしかに今から読み返すと、昨日のブログには重版を素直に喜んでいないような、
あるいは喜びを隠そうとしているような、不自然さが感じられるのも事実。
やっぱり去年の「ブランチ・ショック」の影響だろう。
去年の3月、「世にも奇妙なマラソン大会」(本の雑誌社)が「王様のブランチ」の特集で取り上げられることとなり、編集・営業の杉江さんと大喜びした。
しかも、優香さんがコメントをくれることになっていた。
「優香が一言『泣いた!』って言えば、10万部って言われてますよ」と杉江さんは興奮していたものだ。
私の本を読んで、誰も泣くわけがないのに、私までが「え、10万? やった!」と一緒に興奮していたものだ。
うちに番組のスタッフが来て撮影し、3月12日の放映日を待つばかりだった。
「あとは天変地異でも起きないかぎり大ブレイクはまちがいないだろう」と思っていたら、
オンエア前日にその天変地異が起きたのだった。
もちろん、12日はブランチは中止、震災ニュース一辺倒であった。
そして、翌週の19日に放映されたのだが、番組開始から司会者もゲストも画面から緊張が伝わってくるほど顔がこわばっていた。
もう「笑ってはいけない」という感じなのだ。当然といえば当然である。
そこで「笑えるエンタメ・ノンフィクション」を紹介しようったって、そりゃ無理だ。
出演者全員が顔を引きつらせたまま、マラソン本の命運は尽きた。
唯一の救いは、本の雑誌社で3千部しか増刷しなかったことだ。
杉江さんは「1万部行こうか…」と悩み、私は「3万くらい刷ろうよ」とけしかけていたのだが、事務のHさんに押しとどめられたという。
もしあのとき1万か2万刷っていたら、本の雑誌社も震災の犠牲者に数えられていたことだろう。Hさんは沈む船からいち早く逃げるネズミ並みの直感の持ち主だ。
それはともかく、20年以上本を書いてきて、やっとブレイクが来るかと思ったら、その前日に大地震はないだろう。
もし小説でそんな話を書いたら、編集者や読者に「いい加減にしろ!」と言われてしまう。
こうして、私はもう「売れる」ことに対して決定的に懐疑的になってしまい、
素直に対応できないのだ。
私の懐疑心をほどくには、あと5回か6回は重版が必要なのではないかと思っている。

関連記事

no image

明日だそうです

さっきラジオ番組の電話インタビューに答えたのだが、 その前にディレクターの人が「『西南シルクロードは

記事を読む

no image

ジプシーのヒンディー語

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。 セルビア付近とおぼしき土地に住

記事を読む

no image

突然、魂の叫び

どこか遠くへ行きたい−−。 これは平凡な日常に飽きた人間がよく思い浮かべることだろう。 私もよくそう

記事を読む

no image

映像をだらだら見れた!

久しぶりに会った年長の友人の勧めでtwitterを半年ぶりに再開した。 ブログとの棲み分けができるの

記事を読む

自殺削減を国策として掲げたいワケ

最近、人に会うと「賞をとって忙しくなったんじゃない?」と言われるが、 実際には賞云々以前に、二

記事を読む

no image

『困ってるひと』ついに発売

大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)がついに発売となった。 今アマゾンで見たら、180位である。

記事を読む

no image

驚異の山形勉強会

昨年に引き続き、山形大学医学部の先生主催による「勉強会」にお招きいただき、 週末は山形に行き、今さ

記事を読む

no image

ミステリ・ノンフィクションの傑作『龍馬史』

ちょっと前まで「学者」というのは圧倒的に年上の先生ばかりだった。 だが今は本のプロフィールを見

記事を読む

no image

入管が素晴らしかった件

木曜日、アブにつき合ってアメリカ大使館へビザを申請に行った。 車両内でアブとはぐれてしまった満員電車

記事を読む

no image

卵ゲップ病

 昨日の晩、イシカワに電話をしたところ、「帰ってからも下痢が止まらなくて、参った」という。  それは

記事を読む

Comment

  1. KOJI より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET CLR 3.0.30729)
    初めて投稿させていただきます。高野さんの大ファンです。高野さんがあんまり情けないことを書いているから、涙が出てきました。本が売れようが売れまいが、私は高野さんが大好きですよ!!明後日の「旅の本屋のまど」でのトークショーで、高野さんのお話を聞けるのを楽しみにしています。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    最後の一言がサイコー。やっぱ喜んでるんじゃん!まぁ、流行りに乗って名前を知ってもらうのもいいじゃないでしょうか。

  3. ザック より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    売れたらファンは高野さんと距離を置くかもしれません。
    自分だけの高野から、みんなの高野になりますから。
    売れそうで、売れない状態もいいと思います。

  4. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    うーん、売れてつまらなくなったら確実にそうなるでしょうけど、高野先生に限ってそんなことは。
    今もすでに講演会やサイン会は毎回満席で、コアなファンの間ではすでに争奪戦になってますからねぇ。ファンクラブができるといいですね。

  5. マグ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705)
    確かに、ブランチが中止になり、翌日のミャンマー映像祭も中止。
    2日続けて“高野秀行”を満喫できると信じて疑わなかったものを。
    ミャンマー辺境映像祭は前週に場所の確認までして、吉田敏浩さんへの質問まで考えていたのに。

  6. 稲妻トーク 詐欺!?  情報 暴露屋 口コミ レビュー

    稲妻トーク 詐欺!?  無料レポート 情報 暴露屋 口コミ レビューをいち早く お伝えします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑