*

「売れる」ことに対する懐疑心

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。
別に自虐的ではなく、ただ事実を書いたつもりだ。
でもたしかに今から読み返すと、昨日のブログには重版を素直に喜んでいないような、
あるいは喜びを隠そうとしているような、不自然さが感じられるのも事実。
やっぱり去年の「ブランチ・ショック」の影響だろう。
去年の3月、「世にも奇妙なマラソン大会」(本の雑誌社)が「王様のブランチ」の特集で取り上げられることとなり、編集・営業の杉江さんと大喜びした。
しかも、優香さんがコメントをくれることになっていた。
「優香が一言『泣いた!』って言えば、10万部って言われてますよ」と杉江さんは興奮していたものだ。
私の本を読んで、誰も泣くわけがないのに、私までが「え、10万? やった!」と一緒に興奮していたものだ。
うちに番組のスタッフが来て撮影し、3月12日の放映日を待つばかりだった。
「あとは天変地異でも起きないかぎり大ブレイクはまちがいないだろう」と思っていたら、
オンエア前日にその天変地異が起きたのだった。
もちろん、12日はブランチは中止、震災ニュース一辺倒であった。
そして、翌週の19日に放映されたのだが、番組開始から司会者もゲストも画面から緊張が伝わってくるほど顔がこわばっていた。
もう「笑ってはいけない」という感じなのだ。当然といえば当然である。
そこで「笑えるエンタメ・ノンフィクション」を紹介しようったって、そりゃ無理だ。
出演者全員が顔を引きつらせたまま、マラソン本の命運は尽きた。
唯一の救いは、本の雑誌社で3千部しか増刷しなかったことだ。
杉江さんは「1万部行こうか…」と悩み、私は「3万くらい刷ろうよ」とけしかけていたのだが、事務のHさんに押しとどめられたという。
もしあのとき1万か2万刷っていたら、本の雑誌社も震災の犠牲者に数えられていたことだろう。Hさんは沈む船からいち早く逃げるネズミ並みの直感の持ち主だ。
それはともかく、20年以上本を書いてきて、やっとブレイクが来るかと思ったら、その前日に大地震はないだろう。
もし小説でそんな話を書いたら、編集者や読者に「いい加減にしろ!」と言われてしまう。
こうして、私はもう「売れる」ことに対して決定的に懐疑的になってしまい、
素直に対応できないのだ。
私の懐疑心をほどくには、あと5回か6回は重版が必要なのではないかと思っている。

関連記事

no image

トルコより帰る

 トルコより帰国した。  私の滞在中、トルコ国内でも二度テロがあり、外国人旅行者も犠牲になったよう

記事を読む

no image

幻の旅人、復活!

「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。 いつにもまして、マニアックな現地情報と美し

記事を読む

no image

漂流するトルコ

小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。 もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう

記事を読む

no image

an anとミャンマー

お待ちかね、「an an」に登場した。 しかも「永久保存版」と記されている。 美人レシピ142だそ

記事を読む

no image

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまって

記事を読む

no image

ゲバラと私はどこで道を違えたのか?

 映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見た。  若き日のチェ・ゲバラが友人と一緒に南米を旅する話

記事を読む

no image

ハサミ男、驚愕のラスト

前々から気にはなっていたが、読んでいなかった殊能将之『ハサミ男』(講談社文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

ゾウ本について他

まずはお知らせから。 『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)を ただいま「本やタウン」でご予約いた

記事を読む

no image

酒飲み書店めぐり

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。 ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員

記事を読む

no image

コンゴ・ジャーニー

友人の訃報があっても、日常は容赦なく動いている。       ☆       ☆       ☆

記事を読む

Comment

  1. KOJI より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET CLR 3.0.30729)
    初めて投稿させていただきます。高野さんの大ファンです。高野さんがあんまり情けないことを書いているから、涙が出てきました。本が売れようが売れまいが、私は高野さんが大好きですよ!!明後日の「旅の本屋のまど」でのトークショーで、高野さんのお話を聞けるのを楽しみにしています。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    最後の一言がサイコー。やっぱ喜んでるんじゃん!まぁ、流行りに乗って名前を知ってもらうのもいいじゃないでしょうか。

  3. ザック より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    売れたらファンは高野さんと距離を置くかもしれません。
    自分だけの高野から、みんなの高野になりますから。
    売れそうで、売れない状態もいいと思います。

  4. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    うーん、売れてつまらなくなったら確実にそうなるでしょうけど、高野先生に限ってそんなことは。
    今もすでに講演会やサイン会は毎回満席で、コアなファンの間ではすでに争奪戦になってますからねぇ。ファンクラブができるといいですね。

  5. マグ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705)
    確かに、ブランチが中止になり、翌日のミャンマー映像祭も中止。
    2日続けて“高野秀行”を満喫できると信じて疑わなかったものを。
    ミャンマー辺境映像祭は前週に場所の確認までして、吉田敏浩さんへの質問まで考えていたのに。

  6. 稲妻トーク 詐欺!?  情報 暴露屋 口コミ レビュー

    稲妻トーク 詐欺!?  無料レポート 情報 暴露屋 口コミ レビューをいち早く お伝えします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑