*

「売れる」ことに対する懐疑心

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。
別に自虐的ではなく、ただ事実を書いたつもりだ。
でもたしかに今から読み返すと、昨日のブログには重版を素直に喜んでいないような、
あるいは喜びを隠そうとしているような、不自然さが感じられるのも事実。
やっぱり去年の「ブランチ・ショック」の影響だろう。
去年の3月、「世にも奇妙なマラソン大会」(本の雑誌社)が「王様のブランチ」の特集で取り上げられることとなり、編集・営業の杉江さんと大喜びした。
しかも、優香さんがコメントをくれることになっていた。
「優香が一言『泣いた!』って言えば、10万部って言われてますよ」と杉江さんは興奮していたものだ。
私の本を読んで、誰も泣くわけがないのに、私までが「え、10万? やった!」と一緒に興奮していたものだ。
うちに番組のスタッフが来て撮影し、3月12日の放映日を待つばかりだった。
「あとは天変地異でも起きないかぎり大ブレイクはまちがいないだろう」と思っていたら、
オンエア前日にその天変地異が起きたのだった。
もちろん、12日はブランチは中止、震災ニュース一辺倒であった。
そして、翌週の19日に放映されたのだが、番組開始から司会者もゲストも画面から緊張が伝わってくるほど顔がこわばっていた。
もう「笑ってはいけない」という感じなのだ。当然といえば当然である。
そこで「笑えるエンタメ・ノンフィクション」を紹介しようったって、そりゃ無理だ。
出演者全員が顔を引きつらせたまま、マラソン本の命運は尽きた。
唯一の救いは、本の雑誌社で3千部しか増刷しなかったことだ。
杉江さんは「1万部行こうか…」と悩み、私は「3万くらい刷ろうよ」とけしかけていたのだが、事務のHさんに押しとどめられたという。
もしあのとき1万か2万刷っていたら、本の雑誌社も震災の犠牲者に数えられていたことだろう。Hさんは沈む船からいち早く逃げるネズミ並みの直感の持ち主だ。
それはともかく、20年以上本を書いてきて、やっとブレイクが来るかと思ったら、その前日に大地震はないだろう。
もし小説でそんな話を書いたら、編集者や読者に「いい加減にしろ!」と言われてしまう。
こうして、私はもう「売れる」ことに対して決定的に懐疑的になってしまい、
素直に対応できないのだ。
私の懐疑心をほどくには、あと5回か6回は重版が必要なのではないかと思っている。

関連記事

no image

天下一とはすでにプロレス

好村兼一『伊藤一刀斎』(上・下、廣済堂出版)読了。 『行くのか武蔵』(角川学芸出版)がよかったので

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

ノビシロマン

水泳に行くと、仲間というか先輩の方々から「高野さんはいいね、ノビシロがいっぱいあるね」と言われる。

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

no image

豚はいらねえだろ

「小説すばる」(4月号)の平山夢明と本谷有希子の対談がめっぽう面白い。 本谷さんはごく普通だが、平

記事を読む

no image

ima Somaliland desu

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru. hoteru no net

記事を読む

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさ

記事を読む

no image

国籍はスットコランド

同志・宮田珠己の新刊『スットコランド日記』(本の雑誌)が届いた。 表紙写真は宮田さん本人が撮ったス

記事を読む

no image

トルコの怪獣ジャナワール取材

にわかに周囲でいろんなものが動き出し、 ブログもすっかりごぶさたしてしまった。 まずは8月22日から

記事を読む

no image

白石顕二さんを悼む

今年の3月にこのブログ上で「アフリカの奇跡!」と題する話を書いた。 そこで紹介した白石顕二さんが先

記事を読む

Comment

  1. KOJI より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET CLR 3.0.30729)
    初めて投稿させていただきます。高野さんの大ファンです。高野さんがあんまり情けないことを書いているから、涙が出てきました。本が売れようが売れまいが、私は高野さんが大好きですよ!!明後日の「旅の本屋のまど」でのトークショーで、高野さんのお話を聞けるのを楽しみにしています。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    最後の一言がサイコー。やっぱ喜んでるんじゃん!まぁ、流行りに乗って名前を知ってもらうのもいいじゃないでしょうか。

  3. ザック より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    売れたらファンは高野さんと距離を置くかもしれません。
    自分だけの高野から、みんなの高野になりますから。
    売れそうで、売れない状態もいいと思います。

  4. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    うーん、売れてつまらなくなったら確実にそうなるでしょうけど、高野先生に限ってそんなことは。
    今もすでに講演会やサイン会は毎回満席で、コアなファンの間ではすでに争奪戦になってますからねぇ。ファンクラブができるといいですね。

  5. マグ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705)
    確かに、ブランチが中止になり、翌日のミャンマー映像祭も中止。
    2日続けて“高野秀行”を満喫できると信じて疑わなかったものを。
    ミャンマー辺境映像祭は前週に場所の確認までして、吉田敏浩さんへの質問まで考えていたのに。

  6. 稲妻トーク 詐欺!?  情報 暴露屋 口コミ レビュー

    稲妻トーク 詐欺!?  無料レポート 情報 暴露屋 口コミ レビューをいち早く お伝えします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • スイカをバットでかち割ったアブ。ホームランを打ったような清々しい笑顔だが、横で見ていた末っ子はスイカ割りの趣旨がわからないらしく、お父さんが突然スイカを破壊したのを見て、わっ!と驚愕してた。 https://t.co/FiAM6BZdW8 ReplyRetweetFavorite
    • いわきの海水浴の写真が発見された。スイカ割りの準備をする子供や私たち、そして一度も見たことないのにカープの鈴木誠也のフォームを真似しようとする盲目の天才アブ。青い空が見ている。 https://t.co/t3DFEbUfqK ReplyRetweetFavorite
    • 決して美談ではなく合理的な話であるのがいい。 https://t.co/AxJosuQ94I ReplyRetweetFavorite
    • かつてケニヤのソマリ難民キャンプで働いていた私の知り合いの人(ユニークだけど一応日本人)が、新潟県南魚沼の廃寺を改装して民宿を始めたところ、外国人客が押し寄せているという。「外国人は時間的余裕があるから日本人とは旅のしかたがちがう… https://t.co/lh0ii3yaQz ReplyRetweetFavorite
    • RT : ミャンマーの柳生一族 (カラー版) (集英社文庫) (高野秀行) が、Kindleストアランキング24時間で、21534位⇒30位に急浮上しました。 https://t.co/8K0zamslhk ReplyRetweetFavorite
    • しかし、3作連続で福島正実訳はびっくり。この人の訳文は明朗かつ深みがあり、会話文はともかく、地の文章は40年たっても全然古びていない。 ReplyRetweetFavorite
    • SF古典宇宙の旅・第4弾は『鋼鉄都市』アイザック・アシモフ(福島正実訳、ハヤカワ文庫)。ストーリーより世界描写中心なので、テンポはイマイチだが、よくSFとミステリと人間ドラマを組み合わせている。反宇宙人の群衆が歌う「くされ宇宙人」には爆笑。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑