*

おっぱいとトラクター

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、
あるいは「居間に本を置いてはダメか」と妻に交渉するかしないといけないと思っていたのだが、
よくよく見ると、読んでいない本がたくさんある。
読むべき本がたくさんあるのに、新しい本をじゃんじゃん買うからこういうことになるのだ。
「俺が買わずに誰が本を買うのか」なんていう使命感も手伝って、無闇に本を買うからだ。
ここは一つ心を鬼にして、今年はもう本を買うのをやめようと決意した。
今うちにある未読の本だけで十分過ごせるはずだ。
そう決意して本棚を眺めると、あら、不思議。
未読の本はみんな面白そうなのだ。
私好みの本ばかりだ。
そりゃそうだよな。
自分が読みたくて買ったんだから。
で、最初にマリーナ・レヴィツカ『おっぱいとトラクター』(集英社文庫)を引っ張り出して読んだら、これがもう大傑作でぶったまげてしまった。
妻を亡くして2年という84歳のじいさんが、ウクライナから来た36歳、バツイチ巨乳女にたぶらかされて結婚すると言いだし、不仲だった二人の娘が一致団結してそれを阻止しようとするというイギリスの話。
軽いコメディかと思えば全然ちがう。
恋愛、移民問題、老人虐待、そして旧ソ連、そしてウクライナの暗く、重い歴史が二重、三重、四重にかさなっていく。
しかも、これは七割方、著者の体験談らしい。
でもノリは常に軽快。エンタメノンフのよう。
84歳のじいさん自身、実は1910年代ウクライナ生まれ。
赤軍と白軍が内戦を繰り広げているときだ。
これは佐藤亜紀の傑作『ミノタウロス』(講談社)の舞台そのままで、
つまり本書は『ミノタウロス』の超・後日談としても読める。
在庫一掃読書は幸先がいいぞ!

関連記事

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極めて独特な倫理観や世界観をお話

記事を読む

no image

2010年小説ベストテン

恒例(だったっけ?)の年間枚ベストテンを発表したい。 私が今年読んだ本だから、出版年はバラバラだ。

記事を読む

no image

ビールで放射能が保護できる!!

「しん」さんという人のコメントでサイトを開いたら、 こんな記事があった。  なんとビールが放射線を保

記事を読む

no image

ここにも藤岡弘探検隊のファンが…

ひょんなことから、作家の古処誠二(こどころ・せいじ)と飯を食った。 つい最近まで私は古処さんのこと

記事を読む

no image

甲子園が割れた日

中村計『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実』(新潮文庫)を読む。 松井のこの出来事のとき、

記事を読む

no image

熟成

「クロワッサン」という雑誌が届いた。 『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社)で著者インタビュー

記事を読む

no image

ついに文庫1位、総合3位!

「異国トーキョー漂流記」フェアで突っ走るブックストア談 浜松町店。 今日、5月1日〜7日までの売上げ

記事を読む

2014年に読んだ本ベストテン

新年あけましておめでとうございます。 昨年はほんとうに忙しかった。というか、その慢性多忙状態は

記事を読む

no image

ゲバラと私はどこで道を違えたのか?

 映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見た。  若き日のチェ・ゲバラが友人と一緒に南米を旅する話

記事を読む

no image

辺境読書が終了

「本の雑誌」で連載していた「辺境読書」が今週発売の号で ついに最終回。 ラストは「私の座右の書」の紹

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; YJSG3) chromeframe/6.0.472.63
    居間に本を置き始めると、止まることなく本が増殖するのでご注意下さい。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    まだまだ新しい本との出会いが待っているのです。読み終わって再読しない本は売り払いましょう。その代金で「謎の探検家・菅野力夫」を手に入れて見ては如何でしょう?戦前の忘れられた探検家が再発見される過程を描いており、何より写真が面白い。オススメの一冊です。

  3. Lehman Packer より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
     本の雑誌 杉江さんの「炎の営業日誌」で「黒檀」をポチってから、このブログで「おっぱいとトラクター」をポチろうと思いましたら出来ませんでした。
     
     せっかく毎日のように書評を書かれてるのですから、自分の作品だけでなく全部アフィリにした方がよろしくないでしょうか?
     読者の手間も省けますし。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    アフィリ?
    新しい用語ですねー。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画監督の友人に電話し「ワンスアポンナタイムインハリウッド(略称ワンハリ)」話で盛り上がる。ブラピがなぜかブルース・リーをカンフーでぶちのめすとか、スティーブ・マックイーンでなくディカプリオが主人公を演じている「大脱走」のシーンとか、ブラピが犬にあげる缶詰がネズミやアライグマの肉 ReplyRetweetFavorite
    • 納豆で言えば、マイルドに熟成された感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 以前のタランティーノ作品特有のインパクトは薄くて、でもいつまでも観ていたいという温泉的気分だった。 ReplyRetweetFavorite
    • タランティーノ監督の新作「ワンスアポンナタイムインハリウッド」を観た。最初の感想は、ブラピカッコいい、ディカプリオおもろい。 ReplyRetweetFavorite
    • このワンコ、私にも熱心に喋ってたなあ。 https://t.co/7P0eqU9oY8 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑