*

平凡妄想

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『放っておいても明日は来る』(通称アスクル)を出版することが決まったとき、
まず思ったのは「ゲストの人たちに喜んでもらえるだろうな」ということだった。
だが、意外にもゲストの人たちの反応はよくない。
本の内容に不満があるというわけでなく、
「みんな、すごい面白いことをやっているのに、俺(私)だけ平凡でつまらない」
と言うのである。
そんなわけねーだろ!と声を大にして言いたいところだ。
自分が偉いという妄想に取り付かれている人はよくいて「誇大妄想」なんて言われるが、
自分が平凡だという妄想は何と呼べばいいのだろう。
「平凡妄想」か。
特に病状のひどいのが二村さん。
自身のブログにこう書いている。
ようやく本「放っておいても明日は来る」が手元に届いた。
他の対談者の話は最終的に当人の人生哲学のようなものに
昇華されていて美しいのに、私のだけ浮ついた与太話に終始していて、非常に醜いものであった。
ゲラで読んだ時は「結構面白いじゃん」と思ったのだが、実にショック!
いや、十分すぎるほど面白いんですって。
今日も「クロワッサン」という雑誌で著者インタビューを受けてきたが、
編集者の方は「みんな面白いけど、二村さんがいちばんすごいですよ!
二村さんだけで本一冊になるから書いてください!」と言っていた。
ほらね。私だって最初に学生にガツンと食らわせたかったから
二村さんをトップバッターに起用したのだ。
そうそう、二村さんからは「F1に参戦するなんて言ってませんよ」というクレームもついていた。
「え、ちがいましたっけ?」
「ちがいますよ。マレーシアで新しい自動車メーカーを作るって話ですよ」
うーむ、たしかに間違ってはいたけど、途方もないという意味では変わらんと思う。

関連記事

no image

ロンドンのカート居酒屋と在仏ルワンダ難民のワイン

 十日くらい前からどうも胃腸の調子がよくなかったのだが、酒を飲むと不思議に治っていた。そのうち、朝や

記事を読む

no image

舟を編む

何とは言わないが、ひどい小説を読んでしまい、 「とにかく上質な作品で口直ししたい!」と本屋の棚を彷

記事を読む

no image

話題の書

本の雑誌杉江さんの「炎の営業日誌」を見てびっくりした。 http://www.webdoku.jp/

記事を読む

no image

船戸与一は不死身

日本冒険小説協会の内藤陳会長が昨年末に亡くなり、その追悼イベント 「内藤陳帰天大宴会」というものが行

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。  数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の

記事を読む

no image

バンコクの冬

最近、飛行機での移動中は、話題作(あるいは古典)の長篇ミステリを読むというのがマイブームである。

記事を読む

no image

「日本人作家、怪獣を目撃」トルコ紙

私の謎の物体目撃について、「アナトリア通信」という通信社を介し、トルコの全国紙のうち「ザマン」「イ

記事を読む

no image

「クロ高」英語版届く!

私が熱狂的な「クロ高」ファンだということは意外に知られていない。 クロ高とは、少年マガジンで連載し

記事を読む

no image

花と兵隊

タイ・ミャンマー国境に今でも住んでいる元日本兵(未帰還兵)を撮った ドキュメンタリー映画「花と兵隊」

記事を読む

Comment

  1. eugene より:

    AGENT: Opera/9.80 (Windows NT 6.0; U; ja) Presto/2.2.15 Version/10.10
    学院図書室で購入してもらえることになったので現在リクエスト待ちです!

  2. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.3; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さん、これ、フォローではないですよねぇ。
    金澤氏が大喜びしていた事実を見ても…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑