*

尼僧が行く!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


誰か人を別の人に紹介するのがとても好きである。
昔から、自分には彼女がいないのに、友人に女の子を紹介していたし、
それは今でも続けている。
 面白いネタや文才をもつ知り合いを作家に仕立てようというのも
同じ種類の楽しみだ。
 そこで自分が何か経済的利益をえたいのではなく、今役立ってないものを
役に立たせることが、パズルのようで、ひじょうに気持ちいいのである。
 ところが、この趣味はひじょうに難しく、めったにうまくいかない。
私が紹介したり仲立ちをした人の中でめでたくカップルになったものはないし、
(そういう意図なく紹介したらカップルになってしまったことはある)
作家化計画もこのブログで何度も書いているが、これまたうまくいかない。
なのに、また新しい「知られざる超新星」を発見してしまった。
大学院生の女性Wさんだ。
さっそく旧知の編集者Sさんに紹介し、連載の準備をはじめてもらっている。
この作家化計画に同時進行で、Wさんに、平尾弘衆さんを紹介した。
日本で唯一の難民シェルターを運営している時宗の尼さんである。
Wさんは今なかなか困った状況にある。いっぽう、平尾さんは難民にかぎらず、
ホームレス、身寄りのないお年寄り、難病患者、重度身体障害者の人たちなど
ありとあらゆる「困っている人」を助けてきた。
いわば、困っている人をどうにかするプロなのだ。
もともと二人は何の関係もなく、私が「きっとこの二人を引き合わせたらおもしろいだろう」と思ってやってわけだが、案の定、平尾さんはWさんの相談にてきぱきとのってくれた。
しかも、「困ったらなんでも私に言ってください。私の辞書には不可能という言葉はありません」という。
あなたはナポレオン?!と笑ってしまったのだが、
そのときいただいた平尾さんの自伝『尼僧が行く!』(新泉社)を読んだら、
ほんとに不可能を可能にするような、というかむちゃくちゃな人生を歩んできた人だった。
子供のときから一遍上人の大ファンで、時宗の尼さんになりたかっというだけあって
平尾さんはもともと変人だが、ユーモアのセンスも一流で、
最高に面白い本である。
中でも、うっかりアフガンのパオ(遊牧民のテント)を買ってしまい、
無理やり岡山県にそれを立てて、
「庵がありますよ」と百歳近い老師を呼んで一緒に暮らしていたというくだりには大笑いしてしまった。
パオは上が開いていて星空が見え、夏は涼しく、冬は暖かいが、
湿気がひどかったという。
葬式で落語を演じたとか、尼さんの学校で反乱を起したとか、天才にして超天然ボケの師匠の話とか
笑える話やびっくり話がてんこもりだが、
中世から江戸にかけてのアナーキー集団「時宗」についての話は、
知的好奇心をくすぐる。
時宗の僧は寺をもたず、「陣僧」として戦場におもむき、敵味方関係なく
手当てをしたり、葬ったりしていたという。
だから、どこにでも出没し、忍びの元祖的存在であったとか、
医学の知識をもちあわせており、実は西欧よりも早く解剖学を心得ていたかもしれないとか(実際、杉田玄白は処刑場で時宗の僧(高野聖)に腑分けを習っていたと
『蘭学事始』にあるそうだ)
クグツ師(傀儡師)やサンカ、非人、芸人といった江戸時代の被差別民と行動をともにしていたとか、
ひじょうに非権力的で、ジョーカー的な存在だったようだ。
そして、今でもそれを実行しているのが平尾さんというわけだ。
いろんな意味でひじょうに面白い本だが、これは彼女がまだ三十代までしか書いていない。それからさらに今に至るまで20年もある。
時間をかけて、少しずつ話を聞いていきたいものである。

関連記事

no image

イスラム二日酔い紀行

昨日は扶桑社に用事があって浜松町へ。 数年ぶりにブックストア談に行って、「イスラム飲酒紀行」を探す。

記事を読む

no image

インドの怪魚ウモッカを探せ!

自分のなかではずっと前から決定していすぎてブログに書くのを忘れていた。 今年の12月中旬から来年の

記事を読む

no image

うちの子は中華学校に入れたい

最近、「移民の宴」の取材があまりに頻繁で、 週に3,4回、編集の河井さんとカメラマンの森清と一緒に

記事を読む

no image

ツアンポー峡谷の謎

最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか 外にいても日陰なら涼しい。 今日はなぜかJR高尾

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行<第3弾>

「小説現代」(講談社)で不定期連載中の「アジア未知動物紀行」。 第1弾はベトナムの猿人フイハイ、そ

記事を読む

no image

家宝、誕生

新刊「ミャンマーの柳生一族」のおどろおどろしい表紙に笑った人も多いだろう。 「昔の東映時代劇みたい」

記事を読む

no image

私の2006年上半期ベスト本はこれだ!

先月のことだが、「本の雑誌」編集部から、「高野さんの個人的な2006年上半期ベスト1を教えてほしい」

記事を読む

no image

ここにも藤岡弘探検隊のファンが…

ひょんなことから、作家の古処誠二(こどころ・せいじ)と飯を食った。 つい最近まで私は古処さんのこと

記事を読む

no image

友だちは反政府ゲリラだけ…

チェンマイにいる。 4年ぶりだが、驚くほど街が変わった。 見知っている建物がない。 だから自分がどこ

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

Comment

  1. 三流大卒 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    うーん。納得しました。蘭学事始で「弱い90歳なる健やかな聖」が出てきて腑分けをするんですが、本には非人であると書いてあり、なんで非人を聖と呼ぶのか疑問に思っていたんですが、高野聖でしたか。で、その人に蘭書の解剖図を見せると「これはいつも見ている通りの人体だ」と言われたので翻訳を決意したとかいう。

  2. ファン より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.99 Safari/533.4
    時宗の僧の話、面白かったです。
     司馬遼太郎も書いているように、医師は社会階層から外れた存在だし、それだけ自由なんですよね。
     どれだけ偉くなってもンコや汚いものを見たり触ったりするのが仕事だし、偉い患者でも普段はみせない裸や内面をさらけ出す訳ですから。
     自由でありたい、また自由でないと仕事にならないと思い、束縛と格闘しています。
     平尾さんを自分に重ね合わせて読んでしまいました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年5月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑