*

鴎外、ダメじゃん!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ひきつづき、吉村昭。
今度は慈恵会病院の創始者で海軍医総監にもなった医師・高木兼寛の一生を描いた
『白い航跡』(講談社文庫)
この本で何が驚くって、森林太郎(鴎外)が明治日本にもたらした大災厄である。
当時猛威をふるっていた脚気について、高木は「白米の過剰摂取」と判断、
海軍ではパンと肉食にしたところ脚気死亡者はゼロになった。
ところが陸軍ではドイツ帰りのエリート医務官・鴎外が、
「脚気は細菌によるもの。栄養問題ではない。米食は栄養学的にも最高」と強行に反論、
それをうけて、陸軍では米を食い続けた。
その結果、日清戦争では陸軍の戦死者997人、戦傷死者293人に対し、
脚気で死亡した者は3944人。
実に3倍以上。
もっとひどいのは日露戦争で
陸軍の戦死者4万7000人に対し、脚気患者はなんと21万1600人、脚気による死亡者も2万7800人だったという。
大激戦だった日露戦争の陸軍戦死者の半分と同じ数の兵士が脚気で死んでいる。
完全な無駄死にだ。
しかも戦地の脚気患者20万以上とは
日露戦争時の陸軍は信じられないほどの戦力ダウンを強いられたことになる。
つまり、そのために戦死することになった兵士がたくさんいたということだ。
鴎外は結果的にいったい何万人の兵士を死なせたのだろうか。
もちろん鴎外だけの責任ではないが、本書を読むかぎり「A級戦犯」はまちがいない。
鴎外は最後まで脚気が栄養問題であるということを認めず、世を去った。
自分が正しいと信じるあまり、ほとんど非科学的な態度をつらぬいた。
本書をよむかぎり、そう見える。
鴎外の死の直後、ビタミンが発見され、脚気が細菌によるものではないということが
定説となったという。
私だって、鴎外の「阿部一族」とか好きだったが、
もう今後は前と同じ気持ちで彼の作品は読むことができない…。

関連記事

no image

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまって

記事を読む

no image

パキスタンの辺境

週刊プレイボーイのインタビューで集英社の会議室に行ったら 探検部で3年先輩のTさんがふらっと現れた。

記事を読む

シャバはつらいよ

大野更紗のベストセラー『困ってるひと』から3年、とうとう待望の続編が15日発売になる。 そ

記事を読む

no image

ニュー蔵前本

次回の「辺境読書」では、蔵前仁一『わけいっても、わけいっても、インド』(旅行人)を 紹介することに

記事を読む

no image

野口英世は史上最強の日本人探検家!

高野秀行公式サイトへようこそ。  ここでは私の日常模様を書くことになってるのだが、私の日常は「飲む、

記事を読む

no image

子供がノノさんになっていいのか

杉江さんから「な、な、なんか大変なことになってる!」と まるで銭形平次のところに駆け込んでくる八五郎

記事を読む

no image

ワンの大地震

バンコクで大洪水、そしてトルコ東部のワンでは大地震が発生。 私にとって思い入れが深く、知人友人が何人

記事を読む

no image

ビンゴ大会で優勝

火曜、水曜と一泊二日で千葉の海辺へ両親と弟一家の総勢9名で出かけた。 一族旅行など初めてのことだっ

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

冷や汗をかいた…

『本の雑誌 おすすめ文庫王国2006』が発売された。 毎年楽しみにしているムックだが、今回は私自身も

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.5; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20100603
    脚気関連だと、この方のブログのエントリーと関連記事が
    面白いというか、いい内容です。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.99 Safari/533.4
    なるほど。そういう見方もあるんですね。
    ていうか、よくこんなブログを探してきますね〜。
    でもやっぱり海軍が洋食で脚気ゼロにしているのに
    その事実を「偶然」で片付けるのはどうかしてます。
    こういう学者的な隘路に入ってしまったから
    現実が見えなくなったのだなとこのブログを読んでよくわかりました。
    ありがとうございます!

  3. Y.M. より:

    高野さんへ
    白い航跡を読もうとした切っ掛けは何だったのでしょうか?私も昔、読んで感動しました。そして鴎外が嫌いになりました。鴎外の小説は好きだっただけに、かなり残念でした。今でも、時々読み返しますし、読書が好きな方には、紹介しています。NHKの大河ドラマで高木兼寛を取り上げれば良いのにと思っています。
    ソマリランド、とても面白かったです。でも気をつけてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 私はタオルを濡らして首に巻いていた。西欧人のランナーたちには怪訝そうに見られて、中には「それは重くて首によくないんじゃないか」と忠告してくれる人もいた。でも実際は首タオルは体温を低く保ち、すごく快適だった。西欧では知られていないジ… https://t.co/skXMkm6W2L ReplyRetweetFavorite
    • 十数年前、私がサハラマラソンに出場したとき、主催者はレース前に選手たちに「とにかくたくさん水を飲んでください。そして、(給水所で)頭から水をかぶってください」と言っていた。すると実際熱中症で倒れる人はいなかったようだ。日本で「水を頭からかぶる」は難しいが… ReplyRetweetFavorite
    • 私もまだ徹マン効果が続いている。気持ちが高ぶって昼寝しようにも眠れなくて困ってる。この発明はマジで凄いのかも。 https://t.co/J33GKQk6LZ ReplyRetweetFavorite
    • 帰りの新幹線で眉村卓著「ねらわれた学園」(講談社文庫)を一気読み。シンプルな力強さに古典の醍醐味を満喫。 ReplyRetweetFavorite
    • 長野県の菅平高原で開催されている信州森フェスで講演してきた。菅平は涼しい!森フェスは入場無料だから、避暑だけでも行く価値あり。食べ物も美味しいです。https://t.co/B7WUhvoHPc ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【🦍是非🦍】 『渋谷いきもの会議2022』のアーカイブ販売はいよいよ今週末6月25日(土)22時までとなります。三年ぶりの生物パーティーを目撃ください! https://t.co/zTNrOjP04A ※ゲストの宮田珠己氏の登場は開始から約2時間5… ReplyRetweetFavorite
    • 元のカバーと比べてみた。元の方もすごくいいんです。ちなみに内容はこんな感じ。 https://t.co/qTIJtTFEFJ ReplyRetweetFavorite
  • 2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑