*

放っておいても明日は来る

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「暑さに負けつつ本を売ろうと思い立った」という謎のメールが杉江さんから来た。
web本の雑誌で『放っておいても明日は来る』(自称アルクル)の一部を公開したという。
公開部分は「好きな“場所”を仕事にしてみる/二村聡」からの抜粋。
http://www.webdoku.jp/kanko/200911_askul.html
アスクルは発売から9ヶ月もたっているが、
まだコンスタントに売れている不思議な本で、「もう一回しかけたい」とのこと。
よろしかったらご覧ください。
     ☆        ☆        ☆
友人の息子さんである中学3年生にインタビューされる。
夏休みの宿題で、なんでもいいから職業2種について、当事者に話をきくのだという。
で、私は「辺境作家」という職業できかれた。
これがまた、えらく賢い子で、私が「取材もそうだけど、原稿を書くのもたいへんだ」と言ったら、「構成とか山場をどこにするとかですか」と冷静に聞き返された。
編集者か、この子は。
「あ、はい、そうです」となぜか丁寧語になった。
しかもこの子は私の顔を見ながら、メモをとっている。
見ないで字を書けるのだ。
新聞記者やライターでは一般的な技術だが、私はついに習得できなかった。
「学校で黒板にたくさん字を書く先生がいるので、こうしないとおいつかないんです」という。
「よく、できるようになったね」と感心したら、
「最初はぐしゃぐしゃになるけど、ずっとやっているとだんだんできるようになります」
この前の映画監督といい、どうしていまどきの中学生はこんなに優秀なのか。
いや、勉強になりました。

関連記事

no image

続・プロレスの罠

こんなことをしていてはイカン!と思いつつも またもやプロレス本を一気読み。 小島和宏『ぼくの週プロ

記事を読む

no image

プレステの取材を受けた途端こうなった

火曜日、プレイステーション関係の媒体にインタビューを受けた。 インタビュアー(編集者)の人にいつ頃出

記事を読む

no image

文学じゃないが

少し声らしきものが出るようになったが、まだ人間のものとは思えない。 今日の授業はいったいどうなるの

記事を読む

no image

雲南のツヨカワ花嫁

カゼをひいていたが、雪が降り始めたのでついプールに行ってしまう。 案の定、泳いでいる人はほとんどいな

記事を読む

no image

すばらしき未知動物対談

作家の宮部みゆきさんと対談した。 テーマはずばり「未知動物」。 宮部さんはネッシーをはじめとする未知

記事を読む

no image

幻のポスター

最近、出版社が新刊の文芸書のゲラを書店員の人たちに前もって配り、 感想をいただくということがよく行わ

記事を読む

no image

無性に

http://www.webdoku.jp/suttoko/ 宮田珠己の「スットコランド日記」は、後

記事を読む

no image

未知の未知動物マリンダとは?

右絵:目撃者によるスケッチ。 彗星のごとく、私の前に現れた未知動物「マリンダ」の続報をお伝えするのを

記事を読む

no image

女帝の出版記念パーティ

滅多に人の出版記念パーティには行かない(呼ばれないともいえる)のだが、 土曜日は特別。 「日本ビル

記事を読む

no image

エンタメ・ドキュメンタリー

フジTVの『フジテレビ批評』という番組に出演した。 テーマは「エンタメ・ノンフとエンタメ・ドキュメン

記事を読む

Comment

  1. kf より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.11) Gecko/20100701 Firefox/3.5.11 (.NET CLR 3.5.30729)
    来月マイク・ノック来日するんですね!
    楽しみです〜♪

  2. goda より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1)
    はじめまして。ゴダと申します。
    自分は発売当初にアスクルを読んで、思い切って会社を辞めました。
    ずっと高野さんの本と冒険が大好きです。
    今は友人と早稲田に住んで(弁天町の交差点のあたり)むさくるしい青春を謳歌しております。
    コンゴも応援しています。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    僕の所にも昨年高校一年の少年が取材に来ましたが、
    質問の内容のするどいこと!
    本業のメディアの人たちが一般読者や視聴者にわかりやすいように
    工夫しないといけない厳しい制約がない分(だけではないかもしれませんが)、剛速球ですよね。
    たじたじとなりました。
    うちの中三は彼女を家に連れてきて家内をたじたじとさせています(笑)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑