*

放っておいても明日は来る

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「暑さに負けつつ本を売ろうと思い立った」という謎のメールが杉江さんから来た。
web本の雑誌で『放っておいても明日は来る』(自称アルクル)の一部を公開したという。
公開部分は「好きな“場所”を仕事にしてみる/二村聡」からの抜粋。
http://www.webdoku.jp/kanko/200911_askul.html
アスクルは発売から9ヶ月もたっているが、
まだコンスタントに売れている不思議な本で、「もう一回しかけたい」とのこと。
よろしかったらご覧ください。
     ☆        ☆        ☆
友人の息子さんである中学3年生にインタビューされる。
夏休みの宿題で、なんでもいいから職業2種について、当事者に話をきくのだという。
で、私は「辺境作家」という職業できかれた。
これがまた、えらく賢い子で、私が「取材もそうだけど、原稿を書くのもたいへんだ」と言ったら、「構成とか山場をどこにするとかですか」と冷静に聞き返された。
編集者か、この子は。
「あ、はい、そうです」となぜか丁寧語になった。
しかもこの子は私の顔を見ながら、メモをとっている。
見ないで字を書けるのだ。
新聞記者やライターでは一般的な技術だが、私はついに習得できなかった。
「学校で黒板にたくさん字を書く先生がいるので、こうしないとおいつかないんです」という。
「よく、できるようになったね」と感心したら、
「最初はぐしゃぐしゃになるけど、ずっとやっているとだんだんできるようになります」
この前の映画監督といい、どうしていまどきの中学生はこんなに優秀なのか。
いや、勉強になりました。

関連記事

no image

プロ幹事・タマキング

最近「外出作家」という肩書きになった宮田珠己ことタマキングに誘われ、 彼の友だち二名と一緒に群馬の水

記事を読む

no image

小説の書き方本、ベスト3はこれだ!

「本の雑誌」12月号が届いた。 特集は「いま作家はどうなっておるのか!」 ベテラン文芸編集者が匿名

記事を読む

no image

アジアン・ミステリの傑作シリーズを応援すべし

旅に出る前に紹介しておかなければならない本はないかなと考えていたら、肝心なものを忘れていたことに

記事を読む

no image

ジプシーのヒンディー語

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。 セルビア付近とおぼしき土地に住

記事を読む

究極の野菜はフグ野菜

今年も年初から忙しくなかなか読書の時間がとれないけれど、 読んだ本は当たりが多く、充実している。

記事を読む

仕事の邪魔になる本を是非!

帰国するなり、仕事と雑務が山積。 って、最近いつも同じことを書いている気がする。 ちょっと前

記事を読む

no image

エンタメノンフ文芸部創部集会

まだ月曜日の話が終わらない。 夜は本の雑誌社に集合し、 「エンタメノンフ文芸部」創部集会。 部長・宮

記事を読む

no image

四万十の至福

将来の極秘プロジェクトについて相談するため、 先週末から四日ほど高知・四万十市(中村)に行き、 現

記事を読む

no image

あなたの本職は何ですかと訊かれた

3月に、大野更紗さんが「わたくし、つまりnobady賞」という謎の文芸賞を受賞し、 私もその授賞式

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

Comment

  1. kf より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.11) Gecko/20100701 Firefox/3.5.11 (.NET CLR 3.5.30729)
    来月マイク・ノック来日するんですね!
    楽しみです〜♪

  2. goda より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1)
    はじめまして。ゴダと申します。
    自分は発売当初にアスクルを読んで、思い切って会社を辞めました。
    ずっと高野さんの本と冒険が大好きです。
    今は友人と早稲田に住んで(弁天町の交差点のあたり)むさくるしい青春を謳歌しております。
    コンゴも応援しています。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    僕の所にも昨年高校一年の少年が取材に来ましたが、
    質問の内容のするどいこと!
    本業のメディアの人たちが一般読者や視聴者にわかりやすいように
    工夫しないといけない厳しい制約がない分(だけではないかもしれませんが)、剛速球ですよね。
    たじたじとなりました。
    うちの中三は彼女を家に連れてきて家内をたじたじとさせています(笑)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑