*

一言でいえば飲みすぎ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。
親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交えて、
心に残る飲み会だったが、
心には残ったものの記憶には残らなかったようで、
というか、一次会の終わりの頃にはすでに意識が途切れ途切れで
その後、2軒目、3軒目の店に誰とどのように行ったのか、まるで不明。
家に着いたのは3時だった。
翌日、火曜日は当然のように二日酔いで、終日何も口にできないまま、
エンタメノンフ文芸部の新年会。
「うう、気持ちわりいなあ」と思いつつもビールを流し込むと、
体内のアルコールと呼び合い、溶け合い、すっと体が軽くなる。
杉江さんによれば「タカノさん、昨日は一次会の最後に立派な挨拶してましたよ。
「『堀内さんの期待を超えるような本を書く』って」
え、それはまた立派すぎることを言ったもんだ。
まったく憶えてないが…。
そうそう、今週発売の週刊SPA!で「イスラム飲酒紀行」、同じく月刊G−Diaryで
「謎の独立国家ソマリランド紀行」が掲載されています。

関連記事

no image

2011年個人的ベストテン発表!

2011年はあんまり本が読めなかった。 1月に犬が死んで一時的にペット・ロスになり、それがやっと少し

記事を読む

週末イラクで壮大に脱力?

月曜日、朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」に掲載用に下川裕治氏と対談した。 下川さんとは初対面。

記事を読む

no image

草食系夫のサバイバル術

『草食系男子の恋愛学』にはずいぶん反響がきた。 NONOさんらのコメントでは「今もてるのは草食。俺た

記事を読む

no image

SFの「次」

 本の雑誌社の杉江さんに会い、「SF本の雑誌」の「見本」をもらう。 なぜ「見本」なのかというと、先

記事を読む

no image

シュウコウとヒデユキは同一人物です

ご存知のように、前回のブログのコメント欄に映画配給会社の宣伝の人から コンゴの作家、エマニュエル・

記事を読む

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

no image

謎の猿人ナトゥー

作家の古処誠二さんが、「藤岡弘の最高傑作」と絶賛するミャンマーで猿人ナトゥーを追う DVDを本当に送

記事を読む

no image

ラジカル加藤、現る!

「ワセダ三畳青春記」にちょっと書いたが、探検部の二つ上の先輩で 「ラジカル加藤」という人がいた。 仮

記事を読む

no image

末っ子はわるくない

金曜日、警官の職質とバーティカルでの取材&営業のあと、 ジュンク堂新宿店で宮田珠己、内澤旬子の両氏と

記事を読む

no image

全国のホテルにスットコを!

宮田珠己『スットコランド日記』(本の雑誌社)を 気が向いたときにてきとうなページを開いて読んでいる。

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5)
    なんか、かつてのオレの話を聞いているような・・・
    いや、今のオレがなんかの間違いだ。
    また、そんなオレにきっと戻るであろう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑