*

一言でいえば飲みすぎ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。
親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交えて、
心に残る飲み会だったが、
心には残ったものの記憶には残らなかったようで、
というか、一次会の終わりの頃にはすでに意識が途切れ途切れで
その後、2軒目、3軒目の店に誰とどのように行ったのか、まるで不明。
家に着いたのは3時だった。
翌日、火曜日は当然のように二日酔いで、終日何も口にできないまま、
エンタメノンフ文芸部の新年会。
「うう、気持ちわりいなあ」と思いつつもビールを流し込むと、
体内のアルコールと呼び合い、溶け合い、すっと体が軽くなる。
杉江さんによれば「タカノさん、昨日は一次会の最後に立派な挨拶してましたよ。
「『堀内さんの期待を超えるような本を書く』って」
え、それはまた立派すぎることを言ったもんだ。
まったく憶えてないが…。
そうそう、今週発売の週刊SPA!で「イスラム飲酒紀行」、同じく月刊G−Diaryで
「謎の独立国家ソマリランド紀行」が掲載されています。

関連記事

no image

小島よしおとマッスル板井

 無料出張上映会は好評で、すでに10月末に1件、11月にも3件も依頼が入ってしまった。  まあ、人気

記事を読む

no image

美しき日韓問題

講談社ノンフィクション賞を受賞した安田浩一『ネットと愛国』(講談社)を読んだ。 丁寧に取材した

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行

朝日新聞の読書欄で『メモリークエスト』の書評が出た。 「スーパー小学生」なんて言葉が丸山眞男とダライ

記事を読む

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

帰国しました

昨日(3日)の午後、無事に帰国した。 二ヶ月ぶりの日本の印象は、「こぢんまりしている」。 成

記事を読む

no image

野球選手じゃなくてよかったという話だ

珍しく夕方家にいたので、テレビでドラフトを見ていた。 指名された選手は、斉藤、大石、沢村のビッグ3以

記事を読む

no image

小説にいちばん近いルポ

 日本に移り住んだ外国人の食生活を追った『移民の宴』。「おとなの週末」で連載したものを大幅に加筆修正

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

no image

プレステの取材を受けた途端こうなった

火曜日、プレイステーション関係の媒体にインタビューを受けた。 インタビュアー(編集者)の人にいつ頃出

記事を読む

no image

超高級リゾートアイランド

インド洋に浮かぶ超高級リゾートアイランド、セイシェルにいる。 あやうく入国審査にひっかかりそうになっ

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5)
    なんか、かつてのオレの話を聞いているような・・・
    いや、今のオレがなんかの間違いだ。
    また、そんなオレにきっと戻るであろう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑