*

名犬ロンドン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


名犬ロンドンのDVDが届いた。
1963年にカナダで作られたテレビドラマシリーズで、一回30分。
字幕なしでわかるかちょっと心配だったが、英語は何もわからなくても理解できるインド映画並みのシンプルなストーリーだった。
北米を放浪するシェパードが、行く先々で困った人々をさりげなく助け、
「事件」が解決されるとまたふらりと去っていく。
例えば;
-売れない歌手の売り込みを手伝う
-医学生の復学に一役買う
-不良少年と孤独な老婦人の仲介役になる
-臆病者の青年がお尋ね者を捕まえるのを手伝う
-キューバから密航してきた少年を救出する
-自由を夢見る男に現実を突きつけて目を覚まさせる
どうして、犬がこんなことをするんだ!?と思うが、
それについてはまったく説明されない。
エンタメのお約束の中で動いているのに、実に不思議でアナーキーな犬ドラマだ。
だいたい、犬は飼い主との友情や愛情で動くという犬ドラマのセオリーを完全に無視している。
ミステリもそうだが、ほんとうに破天荒なアイデアはジャンルの創生期に生まれるのかもしれない。

関連記事

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

no image

ぶったるんでるのか、それとも…

最近どうにも体調がわるい。 3,4年ぶりに腰痛が再発したのを皮切りに、これまた5年ぶりとも6年ぶり

記事を読む

no image

ダチョウ力

J-WAVE「Classy Cafe」という番組の収録。 いつものようにナビゲーターの質問にてきとう

記事を読む

no image

月刊プレイボーイ休刊

「月刊プレイボーイが休刊」というニュースを見て驚く。 なぜなら、この前、同誌で旅本座談会をやったばか

記事を読む

no image

花と兵隊

タイ・ミャンマー国境に今でも住んでいる元日本兵(未帰還兵)を撮った ドキュメンタリー映画「花と兵隊」

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

ランニング復活記念に立ち会う

月曜日の晩、チェンマイ門の近くにある日本人ゲストハウスの庭先で開催されたライブを見に行った。

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

「王様のブランチ」撮影

『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)がTBSの「王様のブランチ」にとりあげられることになり、今

記事を読む

no image

手がもぞもぞ

ジュンク堂新宿店で上映会+サイン会。 ここで本を見たり買ったりする以外に自分が何かするというのは な

記事を読む

Comment

  1. DVM より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    主題歌が聞きたい・・・。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.16 (KHTML, like Gecko) Version/5.0 Safari/533.16
    帰巣本能の強い犬がさすらっているという発想がすごいですね。
    主題歌、是非聴いてみてください。おすすめは小坂一也ヴァージョンです。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    純さん 自分で吹いてアップしてください!
    僕は聞きたいですよ尺八による主題歌。
    Littlest HoboのHoboってアメリカの鉄道を無賃乗車で
    さすらう人なんかを指す言葉ですよね?
    ちょっとアウトローの「北国の帝王」のリー・マービンみたいな。
    だとするとタイトルもいいですねー。
    それともこのシリーズが語源なんでしょうか。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.127 Safari/533.4
    hoboは広島弁から来ていると船戸与一氏に聞いたことがあります。
    戦前にアメリカに移民や出稼ぎでわたった広島県人が
    「どこに行くのか」ときかれて、「方々」(あっちこっち)と答えたからというもの。
    ランダムハウス英和大辞典によると、
    1.浮浪者、ルンペン
    2.渡り労働者(貨物列車にただ乗りして季節労働者として働く者を指す)
    とあり、動詞として「浮浪の旅をする」とも使われるそうです。
    そして、ちゃんと
    「米国の俗説では日本語の「方々」から」とあります。
    船戸さんの話は出任せじゃないのかと少し驚きました。
    ま、俗説ですけどね。
    でもまたロンドンが列車に乗っている場面は見ていません。
    主題歌には列車の音っぽいものが入っているのだけど。
    これから出てくるのかなあ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
    • 納豆業界だけでなく大豆業界も注目です!! https://t.co/OA3DGGqyF3 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑