*

NHKの仕事でまたミャンマー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より)
※こんな映像が撮れればいいのだが…
 
 3月に約一カ月間、またミャンマーに行くことになった。
 今をときめく(?)NHKの仕事である。
 私の家は衛星放送が入らないのでよくわからないが、BSのハイビジョンスペシャル(なんと正味110分!)というスゴイ枠で、「ビルマロード」をテーマにした「ハードなロードムービー的ドキュメンタリー紀行」をやるんだそうだ。


 「ビルマロード」というのは、一般の方には馴染みが薄いかもしれないが、太平洋戦争の行方を大きく左右した道である。
日本が中国に侵攻したはいいが、蒋介石の南京政府はいっこうに落ちない。これは南方のビルマ経由で武器や食糧が連合軍側から中国にどんどん送られていたからだ。
 いわゆる「援蒋ルート」だ。
 そのルートを遮断するため、日本軍はアウン・サンらの独立兵士たちを利用して、ビルマに侵攻、占領した。
 困ったのは連合軍である。これでは中国に物資を輸送できない。
 そこで彼らは、インド・ビルマの国境からジャングルを切り開いて、中国・ビルマ国境へ至る道を作り始めた。
 これが「ビルマロード」である。
 これが開通すれば、戦況は一気に連合国側に傾くということで、このルートをめぐって激戦が繰り広げられた。
 日本軍は玉砕につぐ玉砕。しまいには、「ビルマロードを背後から叩く」という無茶な奇襲をかけた。それが大失敗におわった、あの悲劇の「インパール作戦」だ。
 ま、それはともかく、日本人で(というか、外国人で)その辺をよく知っているのは私しかいないので、お声がかかった。
 実際、3年前の「西南シルクロード」の旅でも、去年の船戸与一との旅でも同じようなコースを通っており、正直、「また行くのか」という気すらする。
 しかし、今回は私がレポーター役もやるかもしれないという。
 もしかすると、今年の5月には、私のアホ面が2時間、画面に映りっぱなしになる可能性もある。
 それだけが気がかりだ。

関連記事

no image

対談は仕事場でなく家庭で

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を 本の雑誌の杉江さん立会いの下、 関東某所に実

記事を読む

no image

mixiトークイベント終了

土曜日はワセダでmixi高野秀行コミュニティによるトークイベントに出席。 ゲストはカメラマンの森清。

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定

今月からサッカーファンになるべく日夜精進している。 読書もサッカー本。 今読んでいるのはイアン・ホ

記事を読む

no image

酒に呑まれる

エンタメノンフ文芸部分会(?)で 内澤旬子副部長と、上野界隈で飲む。 まずガード下の屋台街で、豚メイ

記事を読む

no image

IT2013年問題

私の新しい趣味について、いろいろな提案をいただき、ありがとうございます。 特にいくつかはひじょうに

記事を読む

no image

こんなに素晴らしいところだったのか

現在ユーフラテス河(もしくはその支流)沿いに旅をしている。 前もいいところだとは思っていたが、

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

あのUMAサイトが本に!

私がウモッカを知った伝説のウェブサイト「謎の未確認生物UMA」がムックとして登場。 管理人「さくだい

記事を読む

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

「人類最高の食品」、それはカロリーメイト

 先日、ヤングチャンピオン誌で連載している辺境バカ話コラムで、「背徳のカロリーメイト」というのを書い

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    太郎です。
    決まりましたか。 おめでとうございます。
    高野本を持てるだけ持ってきてください。
    日本への帰国を1日延ばしてヤンゴンでサイン本販売会でもしましょう。

  2. ほしな より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.11
    ウチでは見られないのに頻繁にお知らせしてくれる「BSハイビジョンスペシャル」。高野さんのレポーター、放送はいつごろになるんでしょう。受信料支払い拒否の高野ファンも、ハイビジョンに加入したくなる!?

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    今では最もスキャンダラスな放送局になってしまったNHKですが
    番組作りの姿勢やその影響力はまだまだ、民放に勝るところの
    多いのも事実です。(特に地方の親戚に対しては抜群!)
    高野秀行ブレイクの大きなマイルストーンとなることでしょう。
    ほんとどんな人が見てるかわからないんですよ。
    NHKのドキュメンタリー番組って。
    <経験者は語る(笑)<それも遠い目で。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ふと思い出した。『怪獣記』(講談社文庫)が絶版になったのだった。どこかで再文庫化してもらないものか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 語学の天才まで1億光年がメチャ面白かったので次はこれ kindle unlimitedもブラックフライデーで安く契約出来たし この本を読んでみてください: "謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―(新潮文庫)"(高野秀行 著)https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 後半自分の人生に悩む姿が面白かった。僕ら一般読者からすればこんなに面白い本を沢山生み出す天才的書き手もこうして悩む時期もあるのだなと。結局自分の好きなことをやることに徹する展開は各々の生を肯定してくれる。#語学の天才まで1億光年#高野秀行 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 冒険家・高野はなぜミャンマーの麻薬地帯や、謎の独立国ソマリランドや、アマゾンの奥地や、アフリカでの幻獣...『語学の天才まで1億光年』高野 秀行 ☆5 https://t.co/9unBKrl9UD ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行さん×山内博之さんトークイベント」は、大盛況で終了いたしました。語学学習にまつわる大変興味深いお話しでした。と同時に、高野さんファンにとっては、総集編のような、ベスト盤のような、ミステリーの伏線回収のような内容で、あっという間の… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 12月14 日 (水)19時〜 『体はゆく』『語学の天才まで1億光年』W刊行記念 伊藤亜紗さん ✕ 高野秀行さん 「“できる”って探検だ!」 https://t.co/1ALMd1Q0p2 https://t.co/bZDhP4ai… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんご出演の「ゆる言語学ラジオ」で爆笑!知的トークを楽しむすてきな日曜日を! 【飢餓・マラリア・ロケット弾】凄腕作家の危険すぎる語学体験【高野秀行さんゲスト雑談】#179 https://t.co/SI4ynYmgjC ReplyRetweetFavorite
  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑