*

NHKの仕事でまたミャンマー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より)
※こんな映像が撮れればいいのだが…
 
 3月に約一カ月間、またミャンマーに行くことになった。
 今をときめく(?)NHKの仕事である。
 私の家は衛星放送が入らないのでよくわからないが、BSのハイビジョンスペシャル(なんと正味110分!)というスゴイ枠で、「ビルマロード」をテーマにした「ハードなロードムービー的ドキュメンタリー紀行」をやるんだそうだ。


 「ビルマロード」というのは、一般の方には馴染みが薄いかもしれないが、太平洋戦争の行方を大きく左右した道である。
日本が中国に侵攻したはいいが、蒋介石の南京政府はいっこうに落ちない。これは南方のビルマ経由で武器や食糧が連合軍側から中国にどんどん送られていたからだ。
 いわゆる「援蒋ルート」だ。
 そのルートを遮断するため、日本軍はアウン・サンらの独立兵士たちを利用して、ビルマに侵攻、占領した。
 困ったのは連合軍である。これでは中国に物資を輸送できない。
 そこで彼らは、インド・ビルマの国境からジャングルを切り開いて、中国・ビルマ国境へ至る道を作り始めた。
 これが「ビルマロード」である。
 これが開通すれば、戦況は一気に連合国側に傾くということで、このルートをめぐって激戦が繰り広げられた。
 日本軍は玉砕につぐ玉砕。しまいには、「ビルマロードを背後から叩く」という無茶な奇襲をかけた。それが大失敗におわった、あの悲劇の「インパール作戦」だ。
 ま、それはともかく、日本人で(というか、外国人で)その辺をよく知っているのは私しかいないので、お声がかかった。
 実際、3年前の「西南シルクロード」の旅でも、去年の船戸与一との旅でも同じようなコースを通っており、正直、「また行くのか」という気すらする。
 しかし、今回は私がレポーター役もやるかもしれないという。
 もしかすると、今年の5月には、私のアホ面が2時間、画面に映りっぱなしになる可能性もある。
 それだけが気がかりだ。

関連記事

no image

「メモリークエスト」は奇書になる

「メモリークエスト」を担当する幻冬舎の編集者2人と打ち合せ&お疲れ様会。 この一ヵ月、頭がどうかし

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト1

本の雑誌1月号が届く。 恒例の年間ベストテンの1位はあの新人の快著。 しごく納得。 あの秘境ノンフ

記事を読む

no image

切羽詰まったら本人伝説

 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になっても

記事を読む

no image

チェンマイに行きます

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。 ビルマ(ミャンマー)の反

記事を読む

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

no image

ハチャメチャな宴

探検部の大先輩である関野吉晴さん(一ツ橋大探検部OB)に「望月さんと一緒に飯食わないか」と誘われ、

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

サバイバルには向いてない

産経新聞用の書評でベン・シャーウッド『サバイバーズ・クラブ』(講談社インターナショナル)という本を

記事を読む

no image

新刊ラマダン

「在庫一掃読書では本は減らない」という指摘を友人から受けた。 なるほど、それもそうだのだけど、 新

記事を読む

no image

タマキングの気づかい

三省堂神保町本店で宮田珠己ことタマキングとトークショーを行う。 驚いたのはタマキングが「Tシャツを2

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    太郎です。
    決まりましたか。 おめでとうございます。
    高野本を持てるだけ持ってきてください。
    日本への帰国を1日延ばしてヤンゴンでサイン本販売会でもしましょう。

  2. ほしな より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.11
    ウチでは見られないのに頻繁にお知らせしてくれる「BSハイビジョンスペシャル」。高野さんのレポーター、放送はいつごろになるんでしょう。受信料支払い拒否の高野ファンも、ハイビジョンに加入したくなる!?

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    今では最もスキャンダラスな放送局になってしまったNHKですが
    番組作りの姿勢やその影響力はまだまだ、民放に勝るところの
    多いのも事実です。(特に地方の親戚に対しては抜群!)
    高野秀行ブレイクの大きなマイルストーンとなることでしょう。
    ほんとどんな人が見てるかわからないんですよ。
    NHKのドキュメンタリー番組って。
    <経験者は語る(笑)<それも遠い目で。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • たぶん、どっちかが死ぬ。 https://t.co/yZgTTAsMpC ReplyRetweetFavorite
    • さらに電話でこの友人に問いただすと、「俺にはコスプレとファッションのちがいがわからない」とか「ただの布に10万とか出すなんてどうかしてる」など、迷言の数々。内澤さん、もし続篇やるなら、この男をバーニーズに連れて行ってやってください。鴨田さんとの一騎打ちが見たい。 ReplyRetweetFavorite
    • 私の親しい友人が内澤旬子さんの『着せる女』の写真を見て、「beforeの何が悪いのかわからん」「afterは単にみんな、スーツの人になっただけに見える」などという恐るべき感想を述べていた。村西監督じゃないが「下には下がいる」。 ReplyRetweetFavorite
    • よかった、森の中に捨てられないで。 https://t.co/RHPN5DeTlF ReplyRetweetFavorite
    • 新型肺炎のニュースを見聞きしていると、病気に罹患してないのに気鬱、苛立ち、焦燥感といった各種症状におそわれる。そんなときは全卓樹著『銀河の片隅で科学夜話』(朝日出版社)が効くと気づいた。ひそやかな科学の好奇心が鎮静剤になる。造本も素晴らしい。 ReplyRetweetFavorite
    • 「パラサイト」もびっくり。半地下どころか墓場の地中深くに潜っていたのか、私は。 https://t.co/FspAO48snC ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子さんの新刊『着せる女』(本の雑誌社)読了。「職質もののファッション」を纏う男性陣に似合うスーツを選ぶ顛末。ビフォーアフターの写真つきです。笑いで免疫力増しましたわ。高野秀行さんの場合が、ビフォーもアフターも破壊的に凄い。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑