*

世界の巨乳に夢を見ろ?!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 
 珍しく午前中に家を出て、東西線で移動中、突然便意を催した。
 九段下の駅の便所に駆け込んだところ、ボックスの中にエロ雑誌が4冊積まれていた。
 便所のボックスにエロ雑誌・新聞は珍しくないが、4冊というのは初めてだ。
 しかも、まだ午前11時前。朝から元気な方がいらっしゃるようだ。
 しゃがみながらその4冊をチェックしたところ、うち3冊は全部巨乳専門のエロ雑誌。 そして、いちばん下にあった雑誌を見て、私は唖然とした。
「ヤングチャンピオン」じゃないか! 
 申し遅れたが、私はこの雑誌に半年ほど前から、「世界のシワに夢を見ろ!」という謎の辺境コラムを連載している。
 ヤン・チャンは毎度巨乳のねえちゃんがどかどか登場しているとは思っていたが、この雑誌の購入者兼「使用者」にとっては純然たる「巨乳エロ雑誌」だったようだ。
 これじゃ、「世界の巨乳に夢を見ろ!」だ。
 なんとなく、ペラペラっとページをめくり、自分の連載を眺めた。
「花の都パリでマラリヤにかかって苦しむ」という話で、この官能雑誌においてえらく場違いだ。
 もちろん、九段下の駅便所でウンコしながら読むにも場違いで、ほんと、オレいったい何やってんだろう…。

関連記事

no image

100発1000中

「あの映画は何だったのか」シリーズをやるつもりだったのに、 「SPA!」で紹介されていた映画があまり

記事を読む

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさ

記事を読む

no image

続・能力の限界

これが幻のポスター。 やっと、ブログにアップすることはできた。 しかし、これを元にポスターにするに

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

no image

旅に出るにはワケがある

わけあって部屋の片付けをした。 ゴミためのようで、足の踏み場もなかったのだが、 片付けるとウソのよ

記事を読む

no image

2013年小説ベストワン決定

風邪は治ったものの今度は咳がひどく、声もがらがら。 とくに夜になると咳が止まらず苦しい。 朝

記事を読む

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

「またやぶけ」の発見

そうそう、肝心なことをすっかり忘れていた。 奄美で遊んでいるうちに、新刊『またやぶけの夕焼け』(集

記事を読む

no image

落語界の奇才、小説もいけるのか!

春風亭昇太がリーダー役を務める創作話芸アソーシエーション、略してSWA。 私は昇太さんの独演会も好き

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑