*

世界の巨乳に夢を見ろ?!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 
 珍しく午前中に家を出て、東西線で移動中、突然便意を催した。
 九段下の駅の便所に駆け込んだところ、ボックスの中にエロ雑誌が4冊積まれていた。
 便所のボックスにエロ雑誌・新聞は珍しくないが、4冊というのは初めてだ。
 しかも、まだ午前11時前。朝から元気な方がいらっしゃるようだ。
 しゃがみながらその4冊をチェックしたところ、うち3冊は全部巨乳専門のエロ雑誌。 そして、いちばん下にあった雑誌を見て、私は唖然とした。
「ヤングチャンピオン」じゃないか! 
 申し遅れたが、私はこの雑誌に半年ほど前から、「世界のシワに夢を見ろ!」という謎の辺境コラムを連載している。
 ヤン・チャンは毎度巨乳のねえちゃんがどかどか登場しているとは思っていたが、この雑誌の購入者兼「使用者」にとっては純然たる「巨乳エロ雑誌」だったようだ。
 これじゃ、「世界の巨乳に夢を見ろ!」だ。
 なんとなく、ペラペラっとページをめくり、自分の連載を眺めた。
「花の都パリでマラリヤにかかって苦しむ」という話で、この官能雑誌においてえらく場違いだ。
 もちろん、九段下の駅便所でウンコしながら読むにも場違いで、ほんと、オレいったい何やってんだろう…。

関連記事

no image

たまには手紙で

「朝日新聞」が3月31日より「57年ぶりの紙面大幅リニューアル」され、 その特別記念企画としてタマキ

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

ソマリアの海賊裁判は面白い!

ほとんどの人が知らないと思うが、ソマリアの海賊が日本に来ている。 日本も国際協力の名の下に法整備を行

記事を読む

黒豆納豆のアボガド・サラダ

今日届いた納豆セットのうち、たった一つだけ入っていた黒豆納豆「光黒」を使ってさっそく料理。

記事を読む

no image

2010年小説ベストテン

恒例(だったっけ?)の年間枚ベストテンを発表したい。 私が今年読んだ本だから、出版年はバラバラだ。

記事を読む

no image

部長命令、下る!!

エンタメノンフ文芸部の活動内容をひた隠しにしてきたが、 一昨日更新のタマキング「スットコランド日記」

記事を読む

no image

ブックストア談 浜松町店

 浜松町の貿易センタービル別館2Fに「ブックストア談 浜松町店」という書店がある。  ミャンマーから

記事を読む

no image

怪獣はダメか

ブログに長井さんのことを書いたため、 朝から電話とメールがひっきりなし。 ついには渋谷のNHKに呼び

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

no image

漂流するトルコ

小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。 もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑