*

銀河ヒッチハイク・ガイド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフラテスに行く前日にあえなく挫折してしまった。
 原因はダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読んでしまったこと。
 この本は宮田珠己部長がSFを書いたらこうなるんじゃないかと思うような、異常な文体とアホさきわまる世界観でつづられたコメディー。
 ある日、イギリス人アーサーは自分の家がバイパス工事のため、ブルドーザーに取り壊されそうになった。
 アーサーが怒り狂うと、工事の監督は「この計画は市の土木課に九ヶ月前から貼り出されていた。文句があれば先に言うべきだ」と主張。
 すったもんだしていると、アーサーの飲み仲間のフォードという男がやってきた。
フォードは地球人のふりをしているが、実はペテルギウス生まれの異星人で、
「銀河ヒッチハイク・ガイド」という宇宙的大ベストセラー・ガイドブックのスタッフライター。
 宇宙のあちこちを飛び回っているが、現地調査で地球にやってきたものの、なかなか次にヒッチする宇宙船が見つからず、
うかうかと15年も地球でビールを飲んで過ごしてしまっていた。
 そのフォードがアーサーに「君の家よりはるかに重大なことがあるから、パブへ行って
飲みながら話そう」と言う。「飲まないとやってられない」
 重大な話とは、「銀河バイパス建設のため、12分後に地球が取り壊される」ということだった。
 アーサーがあぜんとしていると、工事を実行する銀河超空間土木建設課の異星人ヴォゴン人のアナウンスが地球に鳴り響く。
 地球人がパニックを起こすのを見て現場監督は言う。
「この工事は50年前から最寄りのアルファ・ケンタウリ星の土木課に貼り出されていたから、文句を言う時間はたっぷりあったはずだ。ケンタウリまでたったの4光年しか離れてないじゃないか。今更おそい」
 そして地球はヴォゴン人の工事船によって一瞬で消滅。
 唯一生き残ったアーサーは、フォードとともに宇宙をヒッチハイクで旅し始める…。
 
 こんな出だしだと知って読まずにいられる人がいるだろうか。
 と、本の雑誌の杉江さんに力説したのがまずかった。
 『銀河ヒッチハイク・ガイド』は続編があと4冊もある。
 「あのシュールな物語の続きはどうなったのか?」と気になってしかたがなくなり、
結局ユーフラテス出発直前に4冊まとめて買ってしまった。
 銀河シリーズは旅の間にどんどん読み、帰国直後に全部終了してしまった。
一つのシリーズにこんなにハマッたのは「魁!クロマティ高校」以来かもしれない。
 新刊ラマダンは破れてしまったが、今はまた銀河ヒッチハイク・ガイドを最初から
読み直しており、再び新刊買いから遠ざかっている。
 
 
 

関連記事

no image

困ってる人

仕事場である「辺境ドトール」の店長となぜか横浜本牧に海釣りに行った。 というか店長に連れて行ってもら

記事を読む

no image

何でも話します

ミクシイのイベントを「しょーもない」と書いたことで 物議(?)をかもしているようだが、 別にほめ言葉

記事を読む

no image

「大人の遠足」速報

みなさん、お久しぶりです。 私は、アルジェリア領のサハラ砂漠で行われた「サハラ・マラソン」42.19

記事を読む

no image

これからは「盲人サッカー」だ!

以前「少林サッカー」という面白い映画があったが、それはもう古い(私が言うまでもなく古いけど)。これか

記事を読む

no image

ホンノンボ

今月11日ごろ発売の「本の雑誌」7月号で、 ”タマキング”こと宮田珠己の『ふしぎ盆栽 ホンノンボ』

記事を読む

no image

帰国、暑い、その他

タイより帰国した。 みなさんから聞いていたとおり、暑い。 チェンマイはもちろん、バンコクも比較になら

記事を読む

no image

白水社のウェブ

つい2週間ほど前、本の雑誌の杉江さんとマラソン本の打ち上げをしたとき、 「全然執筆の依頼が来ないんで

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

辺境女子作家・名須川先輩デビュー!

『メモリークエスト』で、「日本への身元保証人になってほしいと迫ったミャンマー人のアナン君」と「古今東

記事を読む

Comment

  1. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.15) Gecko/20101026 Firefox/3.5.15
    それはともかくJ−WAVEのラジオ出演の告知をしてください(笑)。
    昨日、朝、何気なくラジオを付けていてビックしましたよ。
    J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」6:00-9:00
    別所哲也さんと話されてます。
    明日までかしら。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    あ、今やってるんだ、あれ(笑)
    4回やるって聞いたから、明日まででしょう。

  3. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.12) Gecko/20101026 Firefox/3.6.12 (.NET CLR 3.5.30729)
    私も月曜の朝、聞いてびっくりしました
    便利な世の中なもので、
    高野さんがどんなにとぼけても
    PODキャストでも聞けてしまうわけです。
    http://pod.j-wave.co.jp/blog/wakeuptokyo/pym.xml
    ただ、このコーナーって、
    「朝のビジネスマン向けの番組」という位置づけなので
    むりくり、いい話に仕上げ用としている感じがありましたね〜。

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    >「君の家よりはるかに重大なことがあるから、パブへ行って
    飲みながら話そう」と言う。「飲まないとやってられない」
     重大な話とは、「銀河バイパス建設のため、12分後に地球が取り壊される」ということだった。
     すごい出だしですね。読みたい!
     まるで「サルマン」に出てくる「甲子園優勝から始まる高校野球漫画」みたいです。

  5. 623 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; MDDC; .NET4.0C)
    私も読み返してみよう、と思いました。

高野秀行 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑